伝説のつるぎと盾を得た感じ

ストレングスファインダーは、34ある資質の中から自分の才能を可視化してくれるので、自分を客観視し易い。

自分ってどんな人という事を理解し易いものだ。

 

 

伝習録というのは陽明学の書物であり、中国の紀元前から続く儒学の最終進化したもので、概して迷いがちな人々がいかに工夫をすれば、迷わずに歩けるかが書いてある。

 

僕は、この二つを組み合わせると、人が幸せに暮らせると確信している


 

今まで、深い靄(もや)の中にいたのが、晴れてまばゆい光が差し込んでいる感じだ。

もう、このことをやり出すと、RPGで延々とレベルを上げる作業のように時間を費やしている。

 

これに、労務管理を合わせれば企業も人間関係が改善し、生産性が上がり、迷走しないから業績が向上し、社員も給料が上がる。給料が上がるような会社が増えれば、税収も増え社会も豊かになり、日本も豊かになり、幸せになるという図式が見える。