心が乱れているなと思ったら僕が実践している10の大切な習慣

 

人の行動の95%は無意識だ。

無意識だからこそ意識して整えることが必要だけれど、そこは人間も動物なのでうまくいかないのが現実だ。

おそらく、本能が欲する快楽に目が自然と行ってしまうだろう。

欲に走るとそれそこ際限がないのはみなさんもご経験されているところ。

「ああ、やめときゃよかった」と思っても後の祭りなわけだ。

 

そこで、僕がやっていることを紹介したいと思う。

 

1 運動する。

 

とりあえず、ジムで単純な筋トレとか走り込み、水泳をすることで、しんどさが悩みに勝つぐらいやる。すると頭が酸欠になるのか空っぽの状態になるのでオススメだ。

 

2 音楽を聞く。

 

自分の気持ちがアガる曲をあらかじめ準備しておいて、心が乱れてきた時に待ってましたとばかりにかける。

 

3 スマホやネットを遮断する。

 

僕はスマホは数年前にやめた。いろんな話を聞いていると、いろんな人の影響を受けやすい人が心乱している傾向が強いので、乱れてきたと思ったら電源を切り、触れない場所に移す。

 

4 一人になろう。

 

解決方法は我のみぞ知る。だから、他人に最終判断委ねない。

 

5 瞑想する。

 

まずあぐらをかき、姿勢を正す。背筋を伸ばし顎をひく。両手はへその前で指先を組む。そして、呼吸を一定間隔で行い整えていく。目は半眼。そして順番に数字を数えていく。「ひとーつ、ふたーつ」の具合だ。この数字は各自の好きなとこで終えて、また1からやりなおす。時間は20分程度。いわゆるお線香一本分。

 

6 ブログや何かに今の想いを記録しよう。

 

人はすぐ忘れる生き物だ。なので、今の想いを記録して、足跡を残していき、どうするか振り返る材料にして、堂々巡りしないようにするのだ。

 

 

7 いつも行かないとこに行ってみる。

 

知らないうちに、負のスパイラル習慣に陥っている可能性があるので、流れを変える行動をとるわけだ。いい「気」が流れている場所で力をもらおう。

 

8 新鮮な食べ物を食べる。

 

なんと言っても、「旬」の食べ物は我々を元気にしてくれるもの。ジャンクなものは断って、食べ物に感謝していただこう。

 

9 寝る時間を早める。

 

とにかく、いろいろ溜まってしまって、寝るのが深夜になっているから体のバランスがくずれるわけだ。遅くとも午後10時までには就寝し、7時間寝るのが理想だという。

 

10 本を読む。

 

世の中は複雑だ。いろんなことが起こってくる。それにいちいちストレスを感じていてはたまらないのだ。だから、普段から事前準備で本を読み、問題に対し即対応できるようにするわけだ。

 

 

以上、ぱっと思いつただけだったが、あげれば他もいろいろ考えられるだろうが、あらかじめ心は乱れるものだと認識し、事前準備しておくと、心持ちも変わるのではないでしょうか?