比叡山延暦寺で座禅止観

座禅は各地でやっているがホームたる比叡山延暦寺で高校以来の四半世紀振りに座禅を組んだ。

居士林(こじりん)のご案内

 

比叡山では、座禅のことを「座禅止観」と呼ぶ。

 

座はすわるの意

禅は自分自身を示すの意

止は心も体も集中してとめるの意

観はよく観察するの意

 

合わせると、「座っている自分をよく観察しよう」ということなんだそうだ。

 

そして、調身し調息し調心する。

いわば体、呼吸、心を外から順に整えることになる。

 

 

 

 

ちなみに、教えてくださったのは、直接ではないけれど高校の後輩にあたるお坊さん。

僕はまるがりーたなので、そのお坊さんにお坊さんですかと聞かれたり。

ちょっとややこしかったです(笑)。

また座禅スキルが上がってしまいました。