運営者情報

 

Gallup社認定ストレングスコーチの青山直人と申します。

日本の宗教の心のふるさと、比叡山延暦寺の門前町に育ち、幼稚園、中学、高校と延暦寺学園で、一隅を照らす、己を忘れて他を利す、能く行い能く言うを校訓を学び。また大学では、関西学院大学に入学。スクールモットとして“Mastery for Service”があり、「奉仕のための練達」と訳され、隣人・社会・世界に仕えるため、自らを鍛えるということを実践する精神の学びがありました。

最近は、この校訓やスクールモットーがよりよく理解でき、この精神に従い日々過ごしております。

 

続きまして、全国的にも珍しいというか、ただ一人だと思うのですが、

ストレングスコーチ✖︎社会保険労務士✖︎マスコミ出身の経歴があります。

TOP5の資質は①最上志向 ②学習欲 ③自己確信 ④着想 ⑤戦略性。

(資質を使った自己紹介)

まずベースは着想。湯水のごとくアイデアが溢れている男です。そのアイデアに戦略性が加わり、自己確信が大丈夫やと後押しする感じで日々暮らしております。

そして最終的にどうしようとなると、どうせだったらいいものにしようと最上志向が耳打ちしてきます。

あと、学習欲としては頭に入ろうが入らまいがカバンの中には本がいつもあります。本があることで精神の安定がそこにあります。

 

(自己紹介簡易版)

職業人生のはじめはマスコミでした。そこで最上志向と学習欲で世界中の行きたいところは行き尽くし、見尽くします。

その後学習欲・最上志向で人事労務系では一番の国家資格である社会保険労務士を取得し未経験のまま自己確信で開業。

労働相談をとことん聞いてみようと労働基準監督署で労働者と使用者の話を学習欲・最上志向・戦略性で一万人の相談を受けました。

そしてマスコミと社労士という組み合わせも珍しい中、コーチングを学んで、どこにでもいる人ではなく、他にはいない人になってみたらどう?と私のTOP5全部に背中を押されるようにマスコミ出身の社会保険労務士でありストレングスコーチに至りました。

現在取り組んでいるのは、膨大な労働紛争を扱った経験から、逆に紛争未然防止型の会社を数多く作る意気込みで日々仕事に向き合っております。

具体的には、飾りではない経営理念を作成し、社員全員の共通のビジョンとして同じ未来を見ながら仕事に取り組む組織の構築。

チームビルディングを通じた社員相互信頼組織の構築を主軸とし、自立的人材の育成を支援させていただいております。

その他、一般の方に対してもパーソナルコーチングを実施し、数ヶ月に一回髪を整える感覚で、心も整えるお手伝いができればと考えております。

 

その他の関心▶︎健康については水泳から体を鍛えており、田畑がありますので農薬など環境問題にも関心があり、小型一級船舶操縦士 として船にたまに乗ることが楽しみだったりします。

あとはデュアルライフで鎌倉にも拠点が作りたいと思っています。バイクはベスパのビンテージ。

最近いいなと思っている考え方は:I believe in the power of people to learn, grow and develop.