肺炎と貞観政要

11月29日の日記。

風邪っぽいなと思いつつ、気合いで10日過ごし、いつもなら天下一品のこってり食べれば治るやつが治らない。

咳をすれば、星が見えるし立ちくらみもある。

これはまずいなと今日の夕方ようやく医師の診察を受けた。

結果は、肺炎。

初の肺炎だ。

ただ、今思うのは、クスリもらったしすぐ治るイメージしかない。

寝込むイメージがない。

これは自己確信なんだろうね。


仕方がないので

横になりつつ、貞観政要について考える。

中国の唐の時代の皇帝がいかに、国をリーダーとしてまとめたかが書いてある本だ。

本当、いろんな会社の社長と話をしてきたが、素晴らしい方もいれば、私欲にまみれた人も大勢見た。

人である以上欲のあるのは仕方がない。

ただ、欲にまみれれば、権力はどうなるかを歴史は教えてくれる。

歴史は語り、教訓となってくれてはいるが、それでもできない人の弱さ。

自分の役目は、社会保険労務士としてコーチとして人を導くという志事。

病気で寝込んでいられないのだ。