10年ぶりにストレングスファインダー再検査

コーチングする前に、いつもストレングスファインダーをやってもらっているけれど、僕自身が検査したのは10年以上も前。
検査に関して、いろいろ聞かれるけれど、かなり前のことで、忘れているので、久々に受けてみましたよ。

結果は1 適応  2 自己確信 3ポジ  4 戦略 5 最上。

着想と学習が外れて、適応とポジが入った形です。

それでも、自己確信は今まで通り。

よっぽどなんだなぁ(笑)

ま、決めつけないで、しばらく様子見るとします。

ストレングスファインダーをやる上で、気をつけるべきこと


みなさんが、一番最初にストレングスファインダーに触れるであろう書籍「さあ、才能に目覚めよう STRENGTHS FINDER2.0」をノートに書き写してみました。

これで、ちゃんと読むことができましたが、なんと費やした日数2ヶ月。

もちろん、本業もあるので、これだけかかりましたが、改めていろいろな気づきがありましたね。

他にも、コーチツールなど資料は膨大にあるので、ピンピンに自分のものにして、お客様に貢献したいものですね。
書き写していて、一番そうだなと思った事を一つ。


これは、本書の訳者であり、ストレングスファインダーコーチの私の師匠、古屋さんが訳者あとがきに書かれてあるところです。

そこには2つの注意点として書かれてあるのですが、

中でも、何人も話していて、これできていないなと感じたのは

レッテル貼りをしない」ということです。

みなさんどうでしょうか?

決めつけて、話を始める方がほとんどではないでしょうか?

それよりも、もっと会話したりして、言葉に耳を傾ける。自分と他人と向き合ってみるということが大事なのです。
人は34の資質の組み合わせで、構成されているとストレングスファインダーはお伝えしていますが、その資質の出方は千差万別で、個人差が非常に大きいもの。
なので、本やデータは参考にするだけで、自分はどうなのかをレッテル貼りをしないで、見つけて、豊かな人生を選ぶためのツールとして、ストレングスファインダーを活用していただけたらと思います。

世界一の夕日

週末の話。

船舶免許があるので前々から行きたいなぁと思っていた、船乗り憧れの葉山を訪れました。

今回は船でなく、自転車で海岸沿いを江ノ島まで走り、年末年始寝込んだ心の充電です。


地元滋賀は大雪という中



超快晴


梅も咲いていて、こんなとこもあるのかと驚きました。


高台に登り、左奥が富士山で右が鎌倉の街並み

ランチはワンコが昼寝している横で海を眺めつついただきました。

稲村ヶ崎で、江ノ島と富士を眺めつつ、すごくいい時間が過ぎていきます。


海と風、潮の香り、波の音など、僕の五感にすごくやさしい刺激。


地元の人も、久々という世界一の夕日を見れ最幸でした。‼️
人は、いい時そうでない時があると思います。

低調な時に、いかにリカバリーするかを走りつつ瞑想。

また、いい気づきがいっぱいあり、期待大です。
また、メンテナンスで来ようと思います。

センスないわぁ

そんな風に言われれば、腹が立つ。

普通(笑)。

フェイスブック、インスタグラム、ツイッター、ブログなど大体知り合いが載せてるのは意味が分かりません(笑)。

しかし、共感することもあるのも事実で、気が合うひとのカテゴリーになるのでしょう。

でも、世の中はいろんな人がいて、いろんなセンスがあるから面白いし、進化するのだろうと思うのです。

同じカテゴリーばかりじゃつまらんと思いませんか?

選択理論で言うところの、上質世界は千差万別。人の数だけ正解がある。

同時にストレングスファインダーで言うところの、資質の組み合わせが皆異なり、トップ5が同じ順番だという確率は3300万人に一人。

センスは違って当たり前なのです。

この、心理学の知識と体験が、心のあり方をすごくいい状態にしてくれるのです。

だから、今日も興味がなくても、理解しよう、認めているよと社会を構成する者として、いいねを押します。

みなさんもぜひ、お試しください(笑)

資質証言:戦略性

僕のトップ5にもある戦略性。

これは、振り返るに、詰め将棋のように、こうなったらどうなる?では、こうなったら?を自問しています。

将来を見据えて普段いるので、若い時しかできない職業の人など見ていると、他人事ながら心配になります。

僕の場合は、社会保険労務士という国家資格があり、会社の労務顧問として生涯人に関わっていくので、ストレングスコーチなども、より深いサービスと考えております。

あと、全体像が見えないと動けず、分からないうちは考え続けるか、分かるまで待ちます。

ストレングスファインダーで言えば、34資質全て把握したので、コーチできていますが、全体が分からない初期は本当に困りました。

陽明学修了証いただきました

この週末、東京にて念願の陽明学修了証いただきました‼️
日本陽明学の源流、中江藤樹先生が指導された滋賀の者としては、感慨深いものがあります。
昨年3月の沖縄の研修で
「あなたの固有の用(天から与えられた役割)は何だ?」
という問いを受けて

衝撃が走って以来、学び続けている陽明学。
僕の行動も大きく変化し、言う事やる事が180度変化するパワーがあるからスゴイです。
西郷隆盛、吉田松陰他、明治維新を成し遂げた原動力となった思想。
源流は中国の乱世を、いかに生きるかの思想で、孟子、孔子、堯舜から数千年の考え方を少しずつ時代に合わせて改良してきたいわば成功哲学。
一言で言えば、「自分のコアのやる気スイッチ」が分かるのです。
アメリカハーバード大、中国北京大など世界の陽明学者からも支援を受けている日本の難波先生から学んだ講座が修了。
今後は、世界の陽明学者や日本の同志と繋がり、世話人として陽明学を広め、世の中の人とともに学ぶステージに入ります。
すごくワクワクする気分です。

ストレングスコーチで集まって、実感したこと

1月25日の日記

東京にて、Gallup社のストレングスファインダーコーチを学んだ同期で集まりました。

いつも思うけれど、共通言語があれば理解が早い。

家庭、職場、地域と人はあらゆるところで自分以外の人と関わる必要がある。

問題は、共通言語がないということだ。

お互い自分を主張しているだけで、相手は置きざりなので、関係が悪くなるのは当然だと思う。

関係が悪いと、いくら説明しても理解し合えないものだ。

For MeよりFor You。

分かり合えると話は早いし、建設的だ。

そんなの言われても、どうしたらいいか分からない。

そういうこともあるだろう。

そんな時は、是非ストレングスファインダーを使って欲しい。

僕も、パラダイムシフトを経験したツールなので、多くの人に体感していただきたいのです。

ひとりでやるのではなく、みんなに広く広めて共通言語にしちゃうのです。

関係が好転すること間違いないでしょうね。

読書ひと月50冊

1500冊本を読んできたという話を昨年聞いていて、さあ俺はどうするかと考えておりました。

じゃー、フォトリーディングも学んできているので、ひと月50冊。

そんな風に決めました。

決めたのでやり切ります。

インプットなしにアウトプットはありえません。しっかり習慣にしたいと思います。


それで今日読んだ本。

徳川秀忠以降の江戸時代に降りた俊英。

若くして亡くなった師である中江藤樹に代わり日本陽明学を世に広めた人。

蕃山がいなければ、日本陽明学もなく、吉田松陰も坂本龍馬も西郷隆盛もなかったであろうと思われるキーマン。

心技体

昨日まで3日間心についてのトレーニングを受けていた。

思うのは、油断すると人は欲に引っ張られて、人の道を外す。

例えば相撲界もそうだろう。

いろんな欲が絡み合って、乱れまくっている。

よく考えると、体についてはジムに行けば鍛えられる

仕事は専門書や教育を受ければいい

だが心はどうなのか?

昔の人はうまくいったもので、「心技体」。

本当にバランスがとれていないとうまくいかないのだと改めて思う。


この寒い時期は、焚き火の時間が最高。いつまでも眺めてられます。

好球必打


アインシュタインの言葉。

確かにあれもこれもやりたいだろうが、あなたの寿命も考えなさいねと俺には聞こえました。