映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

 

台風がゴーゴーと唸っている中、映画を観てすごしていて、みなさんも一度ご覧頂きたいなと思って書いていこうかと思います。

 

 

第二次世界大戦時に、勝敗を分けたものの一つとして原爆があるかもしれません。

 

しかし、何よりも相手の動きを筒抜けに理解していたという点において、暗号解読技術の成功はまさに歴史の分岐点であると言えます。

 

ドイツの総力を結集して作った暗号作成機「エニグマ」VSイギリスの天才数学者「アラン・チューリング」についての映画を観ていて、すごくストレングスファインダー的だと感じました。

 

人はなぜか他の人よりも自然にうまくできてしまうことがあるとGallupでは言いますが、歴史を変えるような発明や発見などは、個人の才能を能力に引き上げ、磨ききったものに他ならないと思っています。

 

しかし、他方で人は苦手なところもあるので、自然にできてしまうところはさておき、出来ないところを意識して、他人の力を借りれるよう意識すれば、人生の質も随分かわるのではないか?そのように考えています。

 

ネタバレになるので、あまり多くは書きませんが、一人の人間の生涯を通して、強みをいかに伸ばし、弱みをいかに補うのがいいのか。そのような視点で観ていただければ、自分にとって参考になるのではないでしょうか?

 

 

さあ、あなたも自分の強みに目覚めてみませんか?

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

http://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

http://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!