フロントガラス割れる


先週、東京行ってる間に停めてあった車がこんなことに。

昔やったら、激昂しとるやろうなぁ。

全然問題なし。

やっぱり心を整える訓練大事。

信じることをやっていこう

最近、ストレングスファインダーの本をこの人には読んでもらいたいと思ったらプレゼントするようにしています。

人は眠っている部分が多くて、それを呼び起こすには深い内省が必要です。

その自分を呼び起こすツールとしてストレングスファインダーは最適。

世界一の世論調査会社Gallup社による全世界で1800万人のデータに裏付けられたものであることと、簡単で分かりやすいということがその理由です。

自分がパラダイムシフトを起こし、無味乾燥な日々から変われたのも、ストレングスファインダーのおかげ。

この感覚を伝えたいというのもストレングスファインダーコーチとなった理由です。

でも、昨日も宗教と思われるのか、引かれるんですよね(笑)

まあ、変わりたくないという選択も、人の自由。

全然問題ではありません(笑)

何を根拠に自分を変えるのだろう?

自分を変えたい、自分を良くしたい

このように思う人は少なくないだろう

しかし、今の自分をどのようにあなたは定義し変えようとするのか?

ヘアサロンなど美容系なら、プロの膨大なデータの中からあなたを外見上変えてくれる

こういう場合はこうと、変えるための基準があるのだろうが

自分の内面は、自分でしか分からない

だから、基準となる自分のデータが必要なんだと思う

やたらめったらやったとしても、やらないよりマシという程度で、本当に効率的ではない

そこで、出てくるのは、ペンとノートだろう。

自分の心の有り様を、文字にしてみる

そして、思考のクセを確かめてみる

このようにして、見つめ直しは一生続けるべきと考えます

これは、僕がこのブログで文字化して、非常に効果的だったので、オススメしたい

是非自分を良くする改善ツールとしてみてください

足(たる)を知ろう

隣の芝生は青く見えます。

人は、人たるがゆえの人と関わる本能的な習性のために人が気になります。

あの人がこう言ったから

こんなこと聞いてきた

テレビでやってた

雑誌で載ってた

気になると思います。

必要なのは、自分の心が求めてるのかどうかではないかと思うんですよね。

そう行き着いて以来、自分に足りてるかどうかで考えるようになりました。


執着を捨てると楽になりますね。

オリンピックのメダリストの共通点とは

2月14日の日記

ピョンチャン冬季五輪をテレビやラジオを通じて見たり聞いたりしていると、メダリストになるかならないか分かれるポイントがあるような気がした。

もちろん、技術的なことは僕にはわからないし、壮絶なトレーニングをみなさん積んでこられたことだろうと思いますので、その点は何も言うことはありません。

気になったのは、ストレングスコーチとしてはやはりメンタル。
そこで、見ていて気付いたのですがメダリストが口々に言うのは、「雪や氷と自分らしく向き合うかを大切にしてきた」。

一方、メダルを逃してしまった人たちは、「緊張した」、「風が強かった」。
僕なりの考えとしたら、勝つ人は自分と心も体も内省し尽くし、自分対自分のベクトルで、逃す人は自分対周りの目のベクトル。

要は、自分を見失ったらダメなんじゃないかと思うのです。
あと気になったのは、メダリストとなる人の目であったり、呼吸、声のトーン。

全てが自分のコントロールの下にあるように見えるので、また比較して見てみてください。

才能あふれる人たちでも、心の操縦を誤れば、勝つことはできない。

改めて、心のコントロールって大事だなぁと思いました。

人のリアクションは3パターン

ポンと言葉が降りてきたので、書いておこうと思います。

人の口癖とかリアクションとかいうものは、3つに集約されるなと気がつきました。

まず、「それ儲かる?」というリアクション。

大抵目がつり上がっています。
次に、「どうせむり」というリアクション。

習慣からか、うつむきか、腰が引けてます。

最後に、「それ面白そう!」というリアクション。

目がキラキラして、若干鼻息荒いです。

いかがでしょうか?結構当たっているのではないでようか(笑)

一歩前へ出ることで、全ては変わる。


僕がマスコミから社会保険労務士になったのは「人と向き合いたいから」。 

20年以上やってた仕事から、さらに最上志向として自分を高めたく、また、社会の混乱を見て、人が幸せな人生を歩めるように、自分が見てきた事を生かすつもりだった。

それをすっかり忘れて、
学習欲から専門性を追い求め、どこにでもいる社会保険労務士であろうとして、自分を見失っていた。

親の死、自身の入院などで、時間ができ、

世界中を旅し、日本全国を取材で回って来た者だからこそできる仕事って何だろうか?
もう一度、いろいろなところで、来る日も来る日も内省してみた。
自分の過去から現在までの心の有り様をずっと辿り何往復もする。

野を歩き山を歩き、人と話し、いろいろな自己啓発も受けた。
そんなある日、モーゼの十戒のように海の水が両側に分かれて、道が開ける感覚が本当にしてびっくり。
行き着いたのは、それこそ「人に向き合うこと」だった。
世間はいろいろあーだこーだ言って来ます。
レッテルを貼ってきます。
でも、レッテル貼る人の世間は大抵狭いので、全く気にする必要はありません。
それより一歩前に出る。
とにかく足を出す。
それが自分を生かせる道に進む方法だと思いますし、僕の実感です。
一歩出たら、一歩出た人たちが仲間となり。よく来たと褒めてくれます。
レッテルを貼った人は、はるか後方で、また別の人に難癖をつけるのです(笑)
だから
一歩前に出ましょう。
自分の強みを生かしましょう。
それがあなたという人を生かすのです。

占いは実は凄いらしい

占いというと疑わしいと思うかもしれないけれど、

易というものは儒教仏教より古い学問なのですね。

「易」の語源の由来についても、諸説ありますが、

日と月が組み合わさったことから陰陽を見ていくという、

あらゆるものが変化の中にあり、そこから人のあり方を占うというのが、しっくりくるような気がします。
「やる」「やらない」という選択がありますけれど、

占うということから自分を見つめて、

今回は「やる」とか「やらない」とか意識すべきなんだろうなと思います。

株や仮想通貨の変動チャートのように、

占いしたら一喜一憂甚だしい人がいますけれど、

あれは占いの使い方間違っているのかもしれません。

そうそう、しいたけ占いによると、10年周期のスタートの年みたいなのですが、

最近10歳下の駆け出しの弁護士さんと話す機会とか、ちょうど社会保険労務士10年目だったり、ストレングスファインダーや陽明学、人事評価コンサルなどスタートだと思っているので、これ見て見つめ直しが新たにできたという感じです。

世の中には本当に面白い。

いろんな思想とうまく付き合って、いい人生にしたいものですね。

世間での常識って言うけれど

聞こえてくる電車の中での会話、喫茶店での会話でこんなのないでしょうか?

「そんなの世間での常識やん(でしょ)」

いつも聞こえると、あなたは神かと思うわけです。

どれだけ世間を知っているのかと思うのです。

よーーーーく考えてみましょう。

日本、または世界のどれだけ地を踏んできたのだろうか?

その常識という確信が生まれるくらいの修行を積んできたのだろうか?

まさか、家と職場の往復とたまのショッピングとパックツアーがその悟りのベースにはなっていないとは思うのですがね。

つい出てしまいな「そんなの常識やん」ですが、奥深いなぁと思いいつも聞いております。

世の中では互いの常識を押し付けあって戦争になったり。

常識って難しいなぁー。

世界一の夕日

週末の話。

船舶免許があるので前々から行きたいなぁと思っていた、船乗り憧れの葉山を訪れました。

今回は船でなく、自転車で海岸沿いを江ノ島まで走り、年末年始寝込んだ心の充電です。


地元滋賀は大雪という中



超快晴


梅も咲いていて、こんなとこもあるのかと驚きました。


高台に登り、左奥が富士山で右が鎌倉の街並み

ランチはワンコが昼寝している横で海を眺めつついただきました。

稲村ヶ崎で、江ノ島と富士を眺めつつ、すごくいい時間が過ぎていきます。


海と風、潮の香り、波の音など、僕の五感にすごくやさしい刺激。


地元の人も、久々という世界一の夕日を見れ最幸でした。‼️
人は、いい時そうでない時があると思います。

低調な時に、いかにリカバリーするかを走りつつ瞑想。

また、いい気づきがいっぱいあり、期待大です。
また、メンテナンスで来ようと思います。