ボイスレッスン受講!楽しい!

声のプロから学んできました。

いつも何気なく、何も考えずに話しているけれど、声の出し方って奥深い。

せっかく話しているのに伝わらないのには、理由があるんですね。

ここら辺も、ストレングスファインダー同様、いかに自分と向き合い、パフォーマンスあげるにはどうすればいいか考えないといけません。

声以外にも改善するところだらけですけど、自分が変わるのって楽しいな。

頑張ろう!

司馬遼太郎すごいな


司馬遼太郎を読み返していると、文字から映像が浮き上がるような感覚がある。
これほど生き生きと読ませてくれる作家を他には知らない。
思ったのは、司馬遼太郎が描いた龍馬達のように、爽やかな一陣の風となって短い生涯を駆け抜けたいものである。

足(たる)を知ろう

隣の芝生は青く見えます。

人は、人たるがゆえの人と関わる本能的な習性のために人が気になります。

あの人がこう言ったから

こんなこと聞いてきた

テレビでやってた

雑誌で載ってた

気になると思います。

必要なのは、自分の心が求めてるのかどうかではないかと思うんですよね。

そう行き着いて以来、自分に足りてるかどうかで考えるようになりました。


執着を捨てると楽になりますね。

食事の時に一番大切なこと

みなさんって、食事するときの習慣って、何かありますか?

スマホ見ながら?

新聞読みながら?

テレビ見ながら?

食事に集中する人?

晩酌する?

野菜から食べる?

お米は食べない?

いろいろあると思うのですが、一番大切な事あると思いませんか?

漢字二文字

そう、いただくものに対する「感謝」。

絶対必要だと思います。


今日、僕は、このタンメンを頂いたのですが、なんの感謝も出来ていませんでした。

隣に座った、今時のチャラい若者が、手を合わせて深々といただきますを言っているのを見て、自分が恥ずかしかった。

これからは、常に思い出して、実行したいと思います。

オリンピックのメダリストの共通点とは

2月14日の日記

ピョンチャン冬季五輪をテレビやラジオを通じて見たり聞いたりしていると、メダリストになるかならないか分かれるポイントがあるような気がした。

もちろん、技術的なことは僕にはわからないし、壮絶なトレーニングをみなさん積んでこられたことだろうと思いますので、その点は何も言うことはありません。

気になったのは、ストレングスコーチとしてはやはりメンタル。
そこで、見ていて気付いたのですがメダリストが口々に言うのは、「雪や氷と自分らしく向き合うかを大切にしてきた」。

一方、メダルを逃してしまった人たちは、「緊張した」、「風が強かった」。
僕なりの考えとしたら、勝つ人は自分と心も体も内省し尽くし、自分対自分のベクトルで、逃す人は自分対周りの目のベクトル。

要は、自分を見失ったらダメなんじゃないかと思うのです。
あと気になったのは、メダリストとなる人の目であったり、呼吸、声のトーン。

全てが自分のコントロールの下にあるように見えるので、また比較して見てみてください。

才能あふれる人たちでも、心の操縦を誤れば、勝つことはできない。

改めて、心のコントロールって大事だなぁと思いました。

世間での常識って言うけれど

聞こえてくる電車の中での会話、喫茶店での会話でこんなのないでしょうか?

「そんなの世間での常識やん(でしょ)」

いつも聞こえると、あなたは神かと思うわけです。

どれだけ世間を知っているのかと思うのです。

よーーーーく考えてみましょう。

日本、または世界のどれだけ地を踏んできたのだろうか?

その常識という確信が生まれるくらいの修行を積んできたのだろうか?

まさか、家と職場の往復とたまのショッピングとパックツアーがその悟りのベースにはなっていないとは思うのですがね。

つい出てしまいな「そんなの常識やん」ですが、奥深いなぁと思いいつも聞いております。

世の中では互いの常識を押し付けあって戦争になったり。

常識って難しいなぁー。

人を自分の物差しで測る

2月7日の日記。

筋トレしつつ、内省してきましたよw

世の中には色々なことにチャレンジしている人がいます。

僕なんか、そんな人見たら最上志向の学習欲に戦略性も絡めて俺も負けずにやろうとリスペクトします。
一方、色々やることに否定的な人もいます。

一体何をやりたいの?と言う訳です。

後者の感覚、魂吸い取られるわー。

そんな感覚もあるのが明確に分かったので驚かされました。

自分の物差しで他人を測るってどうなんやろね。

吉田松蔭も他人と違うことを恐れるなと言ってます。

魂弱るので、近づかないようにしよう。

ようやくジム再開

最近何をするにも、また風邪になるのではと、及び腰で生きてました。

そら2ヶ月も具合悪いって、今まで無いので、どうしていいか分からない感じでした。

クスリもあれこれ飲まされるし、気持ちは落ちるし、いいことなし。

で、

今夜は意を決して、ジムへ!

ランニングマシンで走って、筋トレ系全部やってこれました!

超気持ちいいです。

今年は「心技体」のバランスを意識するように考えています。

体の健康

心の健康

仕事のスキル

整えていきますよー。

十日戎に行って気がついた

やっぱり、今宮戎が一番賑やかで好きだ。

元々、大阪で働いていたから、大阪は詳しいし愛着がある。

滋賀にもあるらしいけれど、ハデなほうが御利益がありそうな気がします。


こちらの神社は、美人の選ばれた福娘さんたちが、福笹に縁起物をつけてくれるのですけど、今日ふと気付いたのは、昔は、カメラ小僧が大きいレンズの一眼レフで、福娘さんを撮っていたけれど、今は、カメラ小僧と言うか、カメラおじいちゃんが群がっていたね。

やっぱり、元気なんやなぁいろんな意味で。

長寿日本万歳。

50日ぶりの1000メートル

1月4日の日記。

年末は肺炎と咳喘息と百日咳にかかり、MRIに入るなど合計医者5人ぐらいかかって、大変な目に遭った。

普通は落ち込むのだろうけれど、全く落ち込んではいなくて、なったものは仕方がないという考えの人なのです。

さて、昨年もずっと健康を第一に考えてきて、食べるものや運動、呼吸、睡眠など改善してきたが、引き続きコントロールできるものはコントロールしていこうと思っています。

それでも、ダメなら諦めますという感じです。

今日は今年一発目のジムなので、調子はどうかなぁと思い、25メートルをまず平泳ぎ。

するとまあまあいい感じ。

そこでバタフライはどうかと25メートル。

なかなかええやん。

そして背泳、クロールと100メートル泳いだところで、超気持ちいい感覚がありました。

これで気をよくして、100メートルの積み重ねをイメージして合計1000メートル。

病んで以来50日ぶりのカムバックでした。

今後はこの調子で行って、習慣化をイメージして、調子が上がればマシンも使って筋トレもしようかなと思っています。