調和性

資質の相乗効果:様々な資質の組み合わせで人に対して豊かな表情となって現れます。個人差は当然あります。自己理解の参考としてください。

 

✖︎達成欲=私は、どのチームにもある感情的な緊張に対処するために懸命に頑張って、チームの生産性を向上させる。

✖︎活発性=私の率先力は他の人の行動を呼び起こす原動力となる。私の仲介により人間関係が中和される。

✖︎適応性=気楽な性格で、流れで行動する。

✖︎分析思考=多様な事実からパターンを見つけ、緊張感に対処する。

✖︎アレンジ=いろんな仕事を並行して行うことができ、人々の気持ちを合わせることができる。

✖︎信念=私の価値観は不変だが、違う価値観の人とも仲良くしていける。

✖︎指令性=自分の強い感情を示すことで状況を明確にする。

✖︎コミュニケーション=感情的になっている場を落ち着かせることができる。

✖︎競争性=争いを減らして協力者を増やす。

✖︎運命思考=人生については全体的、精神的に向き合い、局所的、具体的、協力的に対応する。

✖︎公平性=感情と運用の不一致を管理し、感情の摩擦を軽減する。

✖︎原点思考=過去の良かった時と現在の平和を維持を見て、同じようにありたいと考える。

✖︎慎重さ=摩擦問題を予想して避ける。

✖︎成長促進=誰かの可能性に気づいたら私はそれに投資する。グループの中の感情的な摩擦を軽減する。

✖︎規律性=効率性を促進するため、自分の人生の重要な詳細と、自分のグループの感情的な不確定要素を管理する。

✖︎共感性=感情表現は自然なことだ。もし、強い感情がグループの前進の妨げになるなら、私はそれらに対処し緊張感を和らげる。

✖︎目標志向=持続的な意図によって、自分と他者の進歩を遅延させ、我々の努力を脇にそらせてしまう可能性のある、感情の乱れをコントロールするように促す。

✖︎未来志向=私は、人々が感情的なまとまりと、平和的な生産性につながる安定を作るために、共に働く世界を想像する。

✖︎着想=私の考えは曖昧さと対立を作り出すことがある。私の中の堅実な部分が、関連する感情的な緊張に対処することができる。

✖︎包含=私は輪の外にいる人を受け入れ、輪の中にいる人から同意されることを望む。

✖︎個別化=私はチームの緊張感を緩和するように努力し、争いが、誰かが傷つけられたり、貶められたりするところまで達しないようにする。

✖︎収集心=私は、チームが有益なリソースを探すのを助け、自分たちの感情的な緊張に対処するのを助けて、共同作業を促進する。

✖︎内省=私は1人の時、深く冷静に考える。他の人と一緒の時、私は行動したり交流したりすることによって、平和と実際的な仕事を促進する。

✖︎学習欲=最良の学習環境は、概念の多様性と感情の安定性という特徴があるものだと信じている。

✖︎最上志向=人は仲良く働かないと優秀さが損なわれる。

✖︎ポジテイブ=チームの士気を上げるために、感情の摩擦に対応する。

✖︎親密性=人々の間に時間をかけて本物の関係を築くことで、生産的な環境を育てる。

✖︎責任感=共同作業を促進し、実際的な生産性を上げられるように私に頼って欲しい。

✖︎回復志向=人生に問題はつきものだ、だから私はうろたえない。私の実際的でバランスのとれたアプローチは平和を促進する。

✖︎自己確信=私は相互依存し、専門知識を持つ人の意見を進んで尊重する。

✖︎自我=グループ内で緊張を緩和し、共同作業を促進するために、明確な役割を進んで演じる。

✖︎戦略性=私は無数の可能性の中から一つの道を探し、不安定な状態の時には感情的な安定を作る。

✖︎社交性=社交的なイニシアチブを取ることにより、私は広く多様な大勢の人々を集めて、彼らが仲良くするのを助けることができ、それによって彼らは一緒に働くことができる。