高校生の数約320万人。メンタルの人約506万人。

 

昨日は岐阜での共同学習会に参加。

 

東京、大阪など大都市では星の数ほどいろいろなものが毎日開催されていて、今までも数多く参加してきました。

 

しかし、大体系統が同じと言うか、狭いところで同じような話になってしまっているなぁと感じています。

 

そういう意味では、普段とは違う場所で、違う人と学ぶことで思考が活性化されるような感じがしました。

 

 

さて、昨日聞いた話ですけど、下の厚生労働省のグラフにありますように

 

今、2分20秒で1件離婚が行われているらしいです。

 

年間で約60万人が結婚するが、約20万人が離婚する。

 

スクリーンショット 2018-09-21 午前10.30.06.png

 

さらに心の病として、精神疾患になっている人が厚生労働省のデータで平成23年で321万人、平成29年2月25日の日経新聞の記事よると506万人。世界では約3億2000万人ということだ。

 

スクリーンショット 2018-09-21 午前11.51.54.png

 

文部科学省の発表による高校生の数が約320万人なので、日本国中の高校生と同じ数よりも精神疾患の患者数が多いということになります。

 

いかがでしょう?

 

離婚の数、精神疾患の数見ていて、やはり人間関係がネックになっている状況がよくわかりますよね。

 

僕たちは学校で学問は習うけれど、人と人の関係性については「仲良くしなさいね〜」で終わっているような気がします。

 

 

もっと人の心についての学びが必要なのではないでしょうか?

 

いじめ、差別、虐待、争いのない社会を本気で作る。

 

そんな教育が必要だと考えています。

 

僕も微力ながら何かお役に立てればと思い活動します。

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を見つけるには最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

http://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

http://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!