ストレングス・ファインダーサミットinUSA 世界150カ国のコーチと出逢う旅 最終日 

ストレングス・ファインダーサミットin USA 世界中のコーチと出逢う旅。

ついに本場に行ってきました。昨年資格をとった時は行けなかったので、今回は是非と考えていました。

ロサンゼルスからサンフランシスコを経て、エサレン研究所のあるビッグ・サーを体感し、大陸横断鉄道アムトラックに乗りネブラスカ州オマハ。思い切って来た甲斐がほんとうにある旅でした。

サミット会場があるオマハだけの往復では何も感じれないと、考えていたのでアメリカ西海岸の企業群を回ったり、知識の中心スタンフォード大学、そしてエサレン研究所まで行き感じれたことが自分にとって財産になったと思います。

そして、大陸横断鉄道。次いつ乗れるか分かりません。アメリカの広さを感じるには最適でした。人生は一度限り。やった者しか感じられない喜び最高です。

もちろん本場Gallupのオマハキャンパスでのサミットは旅のメインディッシュ。しかし、それも最終日という中、早朝ヨガのクラスに参加しに、暗いうちからホテルを出る。そいういうところから以下進めさせていただきます。

スクリーンショット 2018-08-22 午後2.14.30.png
最終日の朝刊


スクリーンショット 2018-08-22 午後1.45.56.png
Gallupの建物を入ると、ストレングス・ファインダーの資質説明がLEDで流されていました。

これは朝6時。ホテルは車で30分かかるから起床は5時前だった。

とにかく敷地が広大なので迷う。同じようなアメリカ人と一緒に困っていると、スタッフの人がいて助かった。

説明はしてくれるのだけれど、建物の関係がわからないので僕にはさっぱり。

そこで理解したアメリカ人に車の鍵を渡してGO。無事到着。

スクリーンショット 2018-08-22 午後2.34.32.png

1500名ほどサミットに参加しているが、朝のヨガは早いのでこんな感じ。ヨガ的にはちょうどいいかも。

朝焼けから次第に太陽が登るさまはなんとも言えません。早起きしてよかった!

いかがでしょう?本当にきれいな朝日の中のヨガ。

ヨガをやるといつもストレッチに意識がいくけれど、本当に大切なのはストレッチではなく自分を見つめること。技でなく本質を見ることが非常に大切だと感じました。

ヨガを終えて、外に出てもいいよということで外に出たら、これまたすごく心地のいい景色。風がやさしく、おだやかに流れる川、明るい日差し、緑の木々全てが調和してなごませてくれます。

スクリーンショット 2018-08-22 午後3.38.59.png

感心したのは、Gallupには働く人のために、同じ敷地に保育園があります。

 

Donna A.Lewandowski,Ph.D,SeniorDirector,Talent,Management,Striker

Jodi Roeske,Vice President,Operations Services,P.F.Chang’s

Kiristen Brunkow O’shea,Organizational Development Consultant,O’Shea strengthscoaching

この日もいろいろなワークショップあり、上記登壇者のスピーチありでした。  

2018-08-22 午後1.51.38

そしてジムクリフトンCEOの閉会スピーチがあり終了。

なんせ演出が凝っているので、飽きさせないところが総じて素晴らしかった。

日本の学会って、テレビ取材で関わったことが何度もありますけど、大学の講義みたいで眠い。

これも文化の違いなんだと感じました。

スクリーンショット 2018-08-22 午後1.51.49.png

2019年のサミットは6月。今回は7月だったので、毎年決まった日にやるのではなさそう。

こうして、サミットは終了。

ここでの学びや経験を、どんどん活かしていきたいと考えています。お付き合いありがとうございました!。

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログ。雑記ブログです(笑)

気に入った記事がありましたら是非このサイト中の「いいね」お願いします。

よかったらまた遊びに来てください。

2018-08-29 午後4.11.43
http://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報私のプロフィールはこちら!

http://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

http://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!