占いは実は凄いらしい

占いというと疑わしいと思うかもしれないけれど、

易というものは儒教仏教より古い学問なのですね。

「易」の語源の由来についても、諸説ありますが、

日と月が組み合わさったことから陰陽を見ていくという、

あらゆるものが変化の中にあり、そこから人のあり方を占うというのが、しっくりくるような気がします。
「やる」「やらない」という選択がありますけれど、

占うということから自分を見つめて、

今回は「やる」とか「やらない」とか意識すべきなんだろうなと思います。

株や仮想通貨の変動チャートのように、

占いしたら一喜一憂甚だしい人がいますけれど、

あれは占いの使い方間違っているのかもしれません。

そうそう、しいたけ占いによると、10年周期のスタートの年みたいなのですが、

最近10歳下の駆け出しの弁護士さんと話す機会とか、ちょうど社会保険労務士10年目だったり、ストレングスファインダーや陽明学、人事評価コンサルなどスタートだと思っているので、これ見て見つめ直しが新たにできたという感じです。

世の中には本当に面白い。

いろんな思想とうまく付き合って、いい人生にしたいものですね。

昨年は学んだ年。今年は行動の年。

2月10日の日記。


学んでいる陽明学の講演会があるとのことで、滋賀県高島市へ。


同じ県にもかかわらず、滋賀県の上半分は北陸の気候なので、自分が住んでる下半分から行くと戸惑うことがあります。


びわ湖の雪景色もいいものですが、寒すぎて見ていられません。

作家の林田先生の講演会。

高島出身の陽明学者中江藤樹についての話でした。


陽明学を一言で言えば、自分のやる気スイッチの見つけ方。

僕自身も、学んで目覚めてしまったので、効果は実体験済。

このやる気スイッチを、社会保険労務士として関わる会社の生産性向上に繋げたいと考えています。


懇親会では、滋賀の名産鮒鮨も出て、誰も知り合いのいない中で参加しましたが、結果的に大いに盛り上がりました。

参加者は地元と、東京、埼玉、石川、静岡、兵庫、中国と結構幅ひろい感じでした。

また中江藤樹関係の施設を運営されている方30名ほどと、知り合うことができたので、今後が楽しみです。

世間での常識って言うけれど

聞こえてくる電車の中での会話、喫茶店での会話でこんなのないでしょうか?

「そんなの世間での常識やん(でしょ)」

いつも聞こえると、あなたは神かと思うわけです。

どれだけ世間を知っているのかと思うのです。

よーーーーく考えてみましょう。

日本、または世界のどれだけ地を踏んできたのだろうか?

その常識という確信が生まれるくらいの修行を積んできたのだろうか?

まさか、家と職場の往復とたまのショッピングとパックツアーがその悟りのベースにはなっていないとは思うのですがね。

つい出てしまいな「そんなの常識やん」ですが、奥深いなぁと思いいつも聞いております。

世の中では互いの常識を押し付けあって戦争になったり。

常識って難しいなぁー。

人を自分の物差しで測る

2月7日の日記。

筋トレしつつ、内省してきましたよw

世の中には色々なことにチャレンジしている人がいます。

僕なんか、そんな人見たら最上志向の学習欲に戦略性も絡めて俺も負けずにやろうとリスペクトします。
一方、色々やることに否定的な人もいます。

一体何をやりたいの?と言う訳です。

後者の感覚、魂吸い取られるわー。

そんな感覚もあるのが明確に分かったので驚かされました。

自分の物差しで他人を測るってどうなんやろね。

吉田松蔭も他人と違うことを恐れるなと言ってます。

魂弱るので、近づかないようにしよう。

滋賀のシガはマレー語らしいよ


地名って面白いねー。

滋賀県のシガはマレー語で船の碇泊する場所。

また、志賀高原のシガの語源はアイヌ語で大きな崖の上。

滋賀県の志賀は滋賀と同じで、船の碇泊する場所なんだそうだ。

日本人も大陸から来たんだね〜

若いうちにやってよかったこと

子供の頃から冒険ものの本をよく読んでいて、自分の夢も世界中を旅したいというものでありました。

地図を広げ、時刻表広げ、ガイドブックを広げあれしたらどうなるこうなると、今思えば戦略性をフル活用。
何時間でも考えていられました。
それでマスコミで仕事したり、自分で旅したりして、行きたいところは世界中もうないかなぁと思っています。

普通はそこまで思えないだろうから、ある意味うまく生きれたのだろうなぁ、若い頃やれてよかったなぁとも思います。

今は、その経験から人にお伝えできるものがあれば、お伝えしたいなぁ、とか貢献したいなぁなんてずっと考えています。

でも、最終的には、サハラ砂漠で会ったフランス人の老夫婦が、リタイアして、キャンピングカー乗って世界中を旅してるという話に憧れていて、これが脳裏から消えないので、願望にあるに違いない。

それか浜辺で海を眺めていられたら、それで十分。

陽明学講座 鶴橋えびす大学


今日は、学びが進んでいる大阪の陽明学の講座に参加させていただいた。
飲食店の経営者の二階で、その方がファシリテートする。
普通の人が進行。それも面白かった。
まさに、江戸時代に吉田松陰や西郷隆盛が学んだ、共に学ぶという東洋的とも言える、寺子屋スタイルに感銘を受けました。
同じような場を、近江聖人中江藤樹の地である、我が故郷

でも設けて、心を整えることができたらなぁと考えています。
体はジムに行けばいい、技は経験を積めばいい、だが心が置き去りになってしまう。
そんな心を整える場にする。
目指す目的目標が見えた感じがしました。

ようやくジム再開

最近何をするにも、また風邪になるのではと、及び腰で生きてました。

そら2ヶ月も具合悪いって、今まで無いので、どうしていいか分からない感じでした。

クスリもあれこれ飲まされるし、気持ちは落ちるし、いいことなし。

で、

今夜は意を決して、ジムへ!

ランニングマシンで走って、筋トレ系全部やってこれました!

超気持ちいいです。

今年は「心技体」のバランスを意識するように考えています。

体の健康

心の健康

仕事のスキル

整えていきますよー。

世の中壁だらけだから、問題が多いのだろう。

世の中の人は、なんらか人より優れたものがある筈だ。

優れたとは、ぶっちぎりで何かに突出していることもあるだろうし、他より僅かにだけ優れているということもあるかもしれない。

要は、優れている本人にとっては、当たり前のことが、他の人から見たら超凄い!になる。

凄いので、活かした方がいいよと他人から言われて初めて気づくものなんだろう。

ただ、世の中すごくプライベートとかプライバシーとか配慮し過ぎて、他人の境界に入っていけない風潮がある。

ある住宅メーカーの社長が、「今のウチのマズイところは、部屋をいっぱい作りすぎた。」と言っていたらしいが、まさにそうである。

どこもかしこも壁ばかりじゃ、関われないのである。

うちも学校も会社も壁を取り除き、人が関わってこそ、得意も分かるというものだ。

もう一度、どうしたら世の中うまくいくか、考えてみた方がいいと思うな。

10年ぶりにストレングスファインダー再検査

コーチングする前に、いつもストレングスファインダーをやってもらっているけれど、僕自身が検査したのは10年以上も前。
検査に関して、いろいろ聞かれるけれど、かなり前のことで、忘れているので、久々に受けてみましたよ。

結果は1 適応  2 自己確信 3ポジ  4 戦略 5 最上。

着想と学習が外れて、適応とポジが入った形です。

それでも、自己確信は今まで通り。

よっぽどなんだなぁ(笑)

ま、決めつけないで、しばらく様子見るとします。