今の天皇家に繋がる絶世の女神が富士山を鎮めているのです

駿河国一之宮富士山本宮浅間大社のご紹介です

主祭神

このはなのさくやひめのみこと

孫が皇室の祖となる神武天皇で、絶世の美女。

山の神おおやまづみのかみの娘であり、霊峰富士山の女神として祀られ、巨大噴火を鎮めると言われています。

その美しさから桜の象徴とされています。

相殿神

ににぎのみことはこのはなのさくやひめのみことの夫。天照大神の孫。

おおやまづみのかみはこのはなのさくやひめのみことの父。

ご利益

安産、五穀豊穣、火難除け、醸造守護

徳川家康によって建てられたとか。

パワースポット

800年ほど前に源頼朝が流鏑馬を奉納。以来武士から厚い信仰があったとか。

一説では日本の中心にあたると言われている場所。

水を汲んで持って帰ることができます。

明治まで、山梨の浅間大社との祭で使われた石。

おまけ

浅間大社は山梨側に北口本宮浅間大社があり、富士山の山の上にもあります。

私は、登山もして以前行ってきました。

是非チャレンジしてみてください。