杉生神社(日吉大社降臨時の創設)

地元の日吉大社境内外108社の一つ杉生社を紹介します。

ここは近所の人たちが大事にしている古くからの社。

早速みていきましょう。

場所は坂本のメイン通りから一本入った筋にあるところ。

京阪電車の終点坂本駅。

こちらからすぐになります。

やってきました杉生神社。

御神木が生きてます。

脇に地蔵堂。

坂本の神社はこのようなスタイルが多いです。

前隠しされています。

他の地域では見かけないように思います。

地元なのに実はあまり知らないので、勉強中です。

手水も常時水が流れていて気持ちのいい感じ。

御神木は焼き討ちにあってから植えられているだろうから、樹齢400年ほどでしょうか。

こちらに祀られているのは道祖神。

詳しくはわかりませんが、ウィキペディアによると、「道祖神は、路傍の神である。集落の境や村の中心、村内と村外の境界や道の辻、三叉路などに主に石碑や石像の形態で祀られる神で、村の守り神、子孫繁栄、近世では旅や交通安全の神として信仰されている」。

こちらが神様みたいです。

奥にはニ社ありました。

一つは厳島神社。

一つは大物主。

この神様は、日吉大社西本宮の主祭神と同じです。

薬師如来と同じというのがオモシロイですね。

手前の石は何なのでしょうか。

昔の社務所のスタイルはこうだったのかと思わせる建物もあり、ここで休憩させていただきました。

ちなみに、ここにはおみくじがあってタダで引けますよ。

近隣の神社にはないので、オモシロイなと思いました。

今回も最後までお読み下さりありがとうございます。