初心って忘れるよなーと思います。

3月30日は親父の命日であり、

3月31日は自分の誕生日であり、

4月1日は両親の結婚記念日であり、

4月2日は祖母の命日。

なかなか複雑な因縁めいた日が続くのだけども、生きているのは自分だけ。

もやっとしたので、少し内省してみました。

僕はテレビの仕事は20年以上してきて嫌いでもなく、好きだし、まだ業界に関わっていきたいなぁとも思っている。

社労士は約10年。石の上にも〜年という話では、まあ、やってきたのかなと。

 

ただ、最近いろいろな人に会って思いが弱い。なんとなくやっているなぁとも振り返って思います。

概して世間は社労士ですねんというと、狭いイメージで枠を作ってしまうけれども、もっと未来志向で可能性をもった仕事だと考えています。人に関する有数の国家資格としてもっと広く社会と関わるべきかと考えています。

労働基準監督署や労働局の均等室で、人の可能性を潰している現場を10年弱見てきて、これじゃーだめだということを痛感しています。

 

資金力のある大企業なら、問題に対応してくれるような人を雇ったり、コンサルティングもしてもらうこともできるだろう。

 

しかし、本当に必要なのは、社労士が普段関わる中小零細のはず。

 

でも、なかなか日本人は自分の会社をクローズしててオープンにしない。
オープンにしないから、密室でハラスメントやいじめがおこり崩壊する倒産するのだと思うのです。

もっと、社労士活用してくれたらいいのに。

助成金だけでなく、単に職場のルール作りだけでなく、人と人との関わりを円滑にすることこそ必要なんだと僕は思います。

 

 

この写真は9.11直後のニューヨーク。

真ん中にあるのがワールドトレードセンターが崩れたところ。

それまで日本も海外も相当数訪問していて、たまたま初めて訪れたアメリカで遭遇したのは、これも因縁めいているなぁと思っていて、ここから社会から争いをなくしたい、人の可能性を高めて協力しあえるような社会にしたいという今やっていることの動機となっているのです。

 

まあ、普段は月日とともに忘れることもあるのですけれど、誕生日前後にでも内省する機会を今後も設けて、初心をわすれないようにしたいと思います。

 

 

あなたはどう咲きますか?

人は変わりたい変わりたいと思う反面、

変わるのが怖いと思っているので、

結局何もしないし、何も起こらない。

桜の花が咲くように、自分も咲きたいと思うけれども、

結局は咲くことが叶わない。

これってどうなんだろう。

 

もったいないなぁと思ったりします。

 

 

これは事実でもあるけれど、

結局人の目なんか気にしないで、自分色に咲いて欲しい。

そう思います。

 

だって、たった一回の人生やんか。

 

 

3ヶ月に1回の通院Day


3月26日の日記。

今日は3ヶ月に一回の病院の検査日。

みんなから元気そうと言われてその気になるけれど、確かに老いに向かっているのは間違いないから、ガタはくるのです。

いつも思うのは、臓器というものは処理能力があらかじめ決まっているので、過剰に摂取してたりすると、処理が追いつかずに様々な病気になどで、教訓を与えてくれるのだと思う。

タバコはやめたしお酒もよほどではないと飲まない。

塩はドレッシングは無しとか、味噌汁は飲まないとか色々生きるために決め事をしています。

運動も続けないといけない

この3ヶ月に一回のピットインは、僕にとっては、大事だなぁ。

こういう話を、いろんな人に自分の教訓としてお伝えしたりするのですけど、

大体がどこ吹く風。

 

自分で入院とか経験しないと気づかないもんなのでしょうね。

趣味は船だったりします

3月25日の日記

今日はいいお天気。

そんな中、地元びわ湖で船の展示会に行ってきた。

いつもは神戸とか、多いイベントやっているので見に行くのですけどね。

実は僕は、免許は船の方が車より早い(笑)

そう、船が好きなのです。

 

 

 

 

 

 

とは言え、車もそうなんですけど、動いたらいいやって感じなので、こだわりはないんですね

 

 

一応一級船舶操縦士で、ジェットも乗れます。

 

 

 

 

 

こんな感じで、ずっと妄想の中におりましたw

 

憧れているのは映画のような、ボートハウス暮らしと学生時代に行った地中海のモナコやニースで、操船したい(笑)

ずーっと思ってます。

いつか叶うはず!

楽しみです。

きちんと土を作ることが大事


いい天気です。

 

天気がいいと動きたくなり、畑の土作りをしたり、田んぼの土を起こしたり。

 

 

土を耕しつつ考えた。

 

今は何かと儲かった損したで一喜一憂するけれど、

 

自然のサイクルにあれば一喜一憂はない。

 

つまり、土をちゃんと耕したから収穫があるのであって、

 

一喜一憂するというのは、急ぎすぎてる証拠。

自然のサイクルに準じることが大事だなぁと、心底思いました。

近江・えびす大学 いつやるか、どうするか

スカイブルーの快晴の中

姫路で陽明学講座参加してきました。

 

 

人数が多いので、ファシリテーターの応援も兼ねてますが、いつも同じメンバーより武者修行としてアウェイに飛び込む方が感覚が鋭くなっていいなと思いました。

陽明学は紀元前から続く中国の儒学の流れの中にあり、奥深すぎて説明するのが大変なのですが、今日初参加の方に刺さったようで、好感触に自信がつきました。

 

 

 

 

あと問題は、自分がいつ、どのように開催するかだな。

もう一生分酒は飲んだしいいやという心境ですね

3月23日の日記

関わっている、滋賀県社会保険労務士会湖西支部の研修会の日。
幹事という役員をやっているので、朝から会議して、昼から研修会。

人事評価制度は、「あしたのチーム」で給与コンサルタントとして関わっているけれども、今日の講師の方は、15年ほどコンサルタント会社でやってきたということで、得るものが大きかった。
あと、夕方から、支部主催で湖西支部に入って来られる新入会員の人々を囲んでの懇親会にも参加。
参加者の熱く法律とは!と夢を語っている姿に、自分の過去の姿を見たけれど、法律ばかりでは人は動かじです。
ちなみにお酒は飲まず、その後はジムへ。
1時間半みっちり鍛えましたよ。

伝説のつるぎと盾を得た感じ

ストレングスファインダーは、34ある資質の中から自分の才能を可視化してくれるので、自分を客観視し易い。

自分ってどんな人という事を理解し易いものだ。

 

 

伝習録というのは陽明学の書物であり、中国の紀元前から続く儒学の最終進化したもので、概して迷いがちな人々がいかに工夫をすれば、迷わずに歩けるかが書いてある。

 

僕は、この二つを組み合わせると、人が幸せに暮らせると確信している


 

今まで、深い靄(もや)の中にいたのが、晴れてまばゆい光が差し込んでいる感じだ。

もう、このことをやり出すと、RPGで延々とレベルを上げる作業のように時間を費やしている。

 

これに、労務管理を合わせれば企業も人間関係が改善し、生産性が上がり、迷走しないから業績が向上し、社員も給料が上がる。給料が上がるような会社が増えれば、税収も増え社会も豊かになり、日本も豊かになり、幸せになるという図式が見える。

 

 

 

 

 

 

 

医者が薬を処方するように、個別に対応する必要性

3月20日の日記。

何処にでもあることだろうけれど、一を教えて十を知るようなすごい人もいれば、僕のように十まで教えてもらいたい人もいる。

一だけ教えて、全部把握するのだから、教える方も楽だし、将来にわたって同じように済ましたいというのもそうだろう。

ただ、ストレングスファインダー的には、そうはいかないのだ。

人の数ほど、感覚は異なるので、早計に決めつけるのは良く無いのだ。
戦略性の資質の特徴として、色々見てから工夫をこらしたいというものがあり、その影響で、1だけ教えられてあとは考えようと言われても途方にくれるのだ。
他にもいろいろな資質の反応の出方があるだろうが、それこそ、医者が薬を処方するがごとく、対応するべきなのだろう。
たまにそんなの常識とか、当たり前とか、鬼の形相で突っかかるひとを見かけるが、繰り返し言うが、人の数ほど常識があるのだ。
じっくり、焦らず関係性を築き、互いの共通言語で分かり合うということが必要なのだ。

10年ぶりにストレングス・ファインダー再受験 34資質全部明らかに!どう変わったのでしょう?

僕のストレングス・ファインダーとの出会いは勝間和代さんの本との出会いだ。

当時30代、バブル崩壊、阪神淡路大震災と沈滞した世の中で、これからどう生きるか、どう進んでいくか羅針盤が欲しかった。

あらゆる本をむさぼるように読み、砂漠の中に泉を見つけるがごとくあったのがこれだった。あれから10年、人も生きていればいろいろ変化もします。さて、どう変化したでしょうか?

“10年ぶりにストレングス・ファインダー再受験 34資質全部明らかに!どう変わったのでしょう?” の続きを読む