屋根にも登り、前回の教訓をいかして台風に備えた一日。

 

朝から台風対策に追われてました。

 

 

前回の21号では

ガレージの雨樋が落下し

家の瓦が20枚ほどめくれ

一部屋が雨漏りし

納家の屋根が飛び

畑のシートがめくれあがり

勝手口のガラスが割れ

窓ガラスから雨の吹き込みで水浸しになり

農業用の道具が散乱しました。

 

 

うちはこんな感じですけでど、今月いろいろ出かけた範囲で見てきた中でも、結構被害受けているいところは多いと思いますし、業者が手一杯で修理もまだというところもまた多いと思っています。

 

 

人は今まで経験したことがないことに直面すると、混乱することでしょう。

 

まさに今、そのような状態ではないでしょうか?

 

地球規模で考えると、これがスタンダードで、さらにこれからは台風ももっとキツいものが発生するのだろうなというのを身体は感じ取っているような気がします。

 

以前は、死を感じるといえば北アルプスの3000メートルの山々で風雨や雪にさらされて思いましたが、それと同じ感じを自然の奥深くに入らずに感じれるという事態。

 

いろいろな学者、研究者が自然災害が一定の周期性を挙げているが、素人の僕らからすると、やることと言えば、学んで備えるしかない。

 

そんな時代を生きているのですね。

 

 

さて、前回の教訓は活かせたのでしょうか?それはまた後日。

 

 

皆様の無事をお祈りしています。

 

Dn9IXA_XkAID1hs.jpg

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のドイツ人宇宙飛行士アレクサンダー・ゲルストさん撮影

 

 

備えるという点では繋がります。

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

 

 

 

最強パワースポット

 

僕は昔から仕事でも、プライベートでもいろんなところへ出かけることをやっていましたが、

不思議とここはすぐ離れたいとか感じたり

逆にずっといたいなぁと感じることもあります。

理由は分かりませんが東京方面に行くと、大体どこでも苦手な感じがずっとするのですが、唯一落ち着くなぁと感じるところがあります。

 

 

 

吉祥寺です。

 

ここは駅の南に井の頭公園があって、大きな池が真ん中にあります。

 

 

 

 

公園地図になります

 

 

 

 

スタジオジブリの美術館もあったりします。

 

 

 

池の周りが整備された遊歩道になっていて

 

 

木々の中、マイナスイオンを浴びつつ、歩いたり座ったり

 

 

内省、瞑想、歩行禅など存分にできる場所です。

 

 

カフェでコーヒーを買って、ボーッとする。

 

 

考えたり、考えるのをやめてみたりねじれる場所。東京には公園は沢山ありますが、僕にとっては一番落ち着きます。

 

そして考え疲れて、お腹が空けば公園近くにある有名店の焼き鳥のいせやに寄って行って下さい。

昔は、ボロボロ感がスゴくて、僕的にはかなりいけてたのですけど、改修してキレイになったのが残念

 

総本店

 

 

一串90円と手軽なので最高。 オススメです。

 

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

 

 

歴代最多監督勝利数の智弁和歌山の高嶋仁監督72歳が最も大切にしていること

 

 

 

高校野球歴代最多勝利数を持つ、智弁和歌山の高嶋監督が引退するというNHKのニュース。

辞める理由はなんですか?というレポーターの問いに

 

「ノックが打てなくなったから」と高嶋監督は答えていた。

 

監督にとって、ノックは選手一人ひとりと繋がっていられるものであり、そのノックが打てなくなったら終わりだと引退を決めたのだそうだ。

 

そこでふと思ったのは、人と人との関わりにおいて必要なのは

 

 

Photo by Pixabay on Pexels.com

 

 

「繋がり」なのだということ。

 

当たり前に思えるかもしれないけれど、実際みなさんどうでしょう?

 

繋がることができていますか?

 

日大アメフト問題をはじめスポーツ界も欠けていたのは

 

「繋がり」なのでしょう。

 

猛烈過酷なシゴキも繋がっていれば熱血指導であり

繋がっていなければパワハラ。

 

家庭でも親子が繋がっていればしつけであり

繋がっていなければ虐待。

 

ずっと繋がりを大切にされてきた監督だからこその引退の理由。

深い学びがありますね。

改めて繋がりについて見つめ直しをしたいなと思いました。

 

 

 

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

人との繋がりをつけていくには最適かも。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

 

 

 

 

 

 

高校生の数約320万人。メンタルの人約506万人。

 

昨日は岐阜での共同学習会に参加。

 

東京、大阪など大都市では星の数ほどいろいろなものが毎日開催されていて、今までも数多く参加してきました。

 

しかし、大体系統が同じと言うか、狭いところで同じような話になってしまっているなぁと感じています。

 

そういう意味では、普段とは違う場所で、違う人と学ぶことで思考が活性化されるような感じがしました。

 

 

さて、昨日聞いた話ですけど、下の厚生労働省のグラフにありますように

 

今、2分20秒で1件離婚が行われているらしいです。

 

年間で約60万人が結婚するが、約20万人が離婚する。

 

スクリーンショット 2018-09-21 午前10.30.06.png

 

さらに心の病として、精神疾患になっている人が厚生労働省のデータで平成23年で321万人、平成29年2月25日の日経新聞の記事よると506万人。世界では約3億2000万人ということだ。

 

スクリーンショット 2018-09-21 午前11.51.54.png

 

文部科学省の発表による高校生の数が約320万人なので、日本国中の高校生と同じ数よりも精神疾患の患者数が多いということになります。

 

いかがでしょう?

 

離婚の数、精神疾患の数見ていて、やはり人間関係がネックになっている状況がよくわかりますよね。

 

僕たちは学校で学問は習うけれど、人と人の関係性については「仲良くしなさいね〜」で終わっているような気がします。

 

 

もっと人の心についての学びが必要なのではないでしょうか?

 

いじめ、差別、虐待、争いのない社会を本気で作る。

 

そんな教育が必要だと考えています。

 

僕も微力ながら何かお役に立てればと思い活動します。

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を見つけるには最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

 

 

こんなにも松茸をいただいた日はかつてなかった。最上志向にとってはたまらない!

 

 

 

 

 

 

最近いろいろありましたが、神様と仏様はちゃんと見ていて下さりますね。

 

そんなことを思いながら食事をいただきました。

 

アクセス不便にもかかわらず、数ヶ月先まで予約で一杯なんだそうだ。

 

同じ大学の大先輩たちの中に混ぜていただいた感じでしたが、世代は違えど非常にアットホームで、いい時間を過ごすことができました。

 

メニューは基本的に滋賀尽くし。滋賀の究極のものをいただけます。

 

盛り付けも素敵なので、雰囲気をご覧いただけたらと思います。

 

 

IMG_20180915_174200.jpg

 

琵琶ます刺身 トロットロすごくやわらかく溶けるようだった。

 

IMG_20180915_175252.jpg

 

奥がえび豆佃煮 手前が若鮎味噌焼き 琵琶湖の鮎は有名。安定の味。

 

IMG_20180915_175513.jpg

 

うろり釜揚げ  生姜とかぼすをあえていただくと、芳醇な香りと味がまた格別

 

IMG_20180915_180807.jpg

 

IMG_20180915_182526.jpg

 

久々の鮒寿し  臭味がないのですごくいい!

 

 

2018-09-16 午後11.24.25

 

そしてメインの連続松茸攻撃  松茸としゃも鍋

 

 

 

松茸、鱒の塩焼き  歯ごたえが半端ないっす。

 

 

一本目は塩で、二本目はかぼすで。

 

 

最後は香りがもうすごい松茸ご飯。お腹に空きはないかと一瞬思いましたが、全然大丈夫でした。

 

自然豊かな場所にあるので、食事をいただきながらセッションもいいなぁ。

 

是非お問い合わせ下さい(笑)

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を見つけるには最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

雨続きでしたがぼちぼち稲刈り開始

IMG_8057-1.jpg

 

我が家の田んぼも随分色づいてきました。

しかし、連日の雨で機械が使えず、お天気とにらめっこしていましたが、秋晴れも続くことが期待できないので、少しずつ稲刈りはじめることにしました。

 

とりあえず、田んぼの土が大量に水を含んでいるので、そこに戦車みたいなキャタピラを持つ稲刈り機を走らせても脱輪したり、脱出不可能なことになるので、排水作業を行います。

 

IMG_8059-1.jpg

 

画面では手前から左上に向かって手で刈り取っていきます。

 

IMG_8061-1.jpg

 

壁に沿って溝をスコップで掘っていきます。これが土に水が含んでいるのですごく大変。

 

IMG_8063-1.jpg

 

午前10時ごろから始めて、画像で終わったのが午後3時。

 

普段やらないことをやるのはつらい。何度もやめたいと心がつぶやくのですが、歯をくいしばってがんばりました。

 

IMG_8064-1

 

稲木という木を縛って作った物干しざおに今日刈った分の稲を乗せて、今日の作業終了。

 

お疲れ様でしたー!

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を見つけるには最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

すべては導かれている

田坂広志多摩大学大学院教授の本。

先生のサイト。よかったらどうぞ。http://hiroshitasaka.jp

 

グロービス大学院で講演されている動画を見たのがきっかけで読んでみました。

 

大事にすることは5つ。

 

①自分の人生は大いなる何かに導かれていると考えるべし

 

②人生で起こること全て意味がある

 

③人生で起きる問題は全て自分に原因がある

 

④大いなる何かが自分を育てようとしている

 

⑤逆境を越える叡智は全て与えられる

 

 

人は弱いので、過去を引きずり未来を恐れるけれど、大切なのは今。

 

変えられないものとわからないものに焦点をあわせない。

 

読んで感じたのは、自分を客観視することが大切だと思いました。

 

日々次々と起こる事態に我を忘れてしまうと悪循環につながります。

 

自信とか信念を自分に植え付け、絶えず今どんな感じかなと、自分を見つめる訓練が必要ではないかなと思いました。

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を見つけるには最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

 

 

自分の運命を変える数日間

 

僕が一年の中で最も運命思考的になるのは秋だ。

 

ほんと他の季節にはバレンタインデーだろうがクリスマスだろうが感じない。

 

僕の場合34資質のうち24番目というところにある運命思考。

 

普段はまったく出てこないのだけれども、秋には出てくるんですんよね。

 

 

人には人生のターニングポイントというものがあると思いますが、僕にもそのような経験があってそれが秋ということ。

 

なので、秋がくると自然と自分でスイッチを押しているのですね。

 

17年前の30歳前後の頃、阪神大震災とかバブル崩壊、山一證券破綻など暗い世の中でメディアにいて、自分の未来に見通しがつかなかったので、自分に栄養補給をしてやろうということで久々の海外に出ることを決めた。

 

ヨーロッパ、アジア、アフリカは行っていたので、目的地はまだ行ったことのないアメリカ。

 

学生時代、友人たちはハワイやアメリカ本土に旅行している人が多かったので、同じものを見ても仕方がないし、安全なアメリカよりも、スリリングなほうがいいやと他を回っていたわけだ。

 

僕が旅行先を決める場合は、大抵写真集だったり映画だったりするのですが、一番最初に行ったイタリアも映画、ゴットファーザーをたまたま見て決めて、アメリカもオータムイン・ニューヨークという映画を見て、なんてきれいな街なんだ!見てみたいということで決めた。

 

その他、ニューヨークと言えばメディアの中心であるし、美術館、博物館と自分の感性の栄養補給にはもってこいだと調べれば調べるほど自分の成長に繋がる旅の予感がありました。

 

それが、9.11を迎え、世界中が連日中継をしていた中、自分はこのまま行くかどうかの選択をするわけです。

 

自分が思っていたのは、「こんな運命的な出来事はまずないだろう」ということ。

 

それに導かれるようにニューヨークに行ったわけです。

 

 

以下のリンクを見ていただければ、9.11についてかかれたサイトに飛べますのでご興味のある方はどうぞ。

https://www.businessinsider.jp/post-175023

 

 

当時ニューヨークに行くと、あのワールドトレードセンターはマンハッタンの南側に位置し、南端のアイキャッチ画像にあるバッテリーパークからあるい徒歩でいけるところにあり、風景の美しさと焼け焦げたビルがあまりにも対照的で、今でも臭いまで覚えている。

 

当然、アメリカは厳戒態勢なので、公共機関は大体休みで博物館美術館はほとんどやっていなくて、自由の女神も何かで覆われて見れなかった。

 

しかし、アメリカのメディアの撮影方法を見ていたり、消防署、中華街、リトル・イタリー、セントラルパークなどほぼ歩きで見て回ってきっと、平時では見れないようなものを身体で感じる経験をしたのだろうなぁと今は思っています。

 

189250_412482598838838_93469498_n

 

この写真は工事現場の安全ネットなのですけど、デザインが最高で強烈なインパクトとして残っていますし、Thinkdifferentというコピーを見るたびに、俺の真似をしてる!(笑)といつも人と逆のことをしたがる性分なのでニヤけてきます。

 

この旅から、僕はただのメディア人から人と人が争わないようなことができないかと、人にフォーカスしていくようになるわけです。

 

それがなかったらどうしてるかなぁと考えると、運命を感じざるをえません。

 

自分にとって運命を変える数日間であったことは間違いないでしょう。

 

もし、みなさんのそんな日があったらお聞かせいただければと思います。

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

チームビルディングにも最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

人手不足が原因で倒産した企業数が過去最多なんだそうだ

 

東京商工リサーチの調査によると、求人難や後継者不在など「人手不足」関連での倒産は8月で45件と、2013年の調査開始以降で過去最多となったそうだ。

 

求職しても人が採れない。

 

黒字企業だけれどだれも継ぐ人がいない。

 

そんな声は数年前からもずーーーーーーっと聞いていた。

 

いろんな要因があるのだろうけれど、社労士的な観点で僕が感じていたのは

 

経営者や労務管理担当者と労務管理について話をするのですが、なぜかそもそも前提の話でいつも話が噛み合わないなということ。

 

もちろん、ものすごく熱心にやられているところはあります。

 

そういうところは、日々改善されて好循環サイクルをまわしているので、是非入りたいという人が次々とやってくる。

 

一方、僕が行政にいたときに見てきた企業というのは、大抵いつも人の確保に困っていて、労務管理の状況についてきいてみると、労働条件通知書はないわ、就業規則は社長の引き出しにあるわ、その他もろもろ。

 

そんなの嘘だと、自己啓発などで出会うような大企業に勤めているひとは言うけれど、これが現実だ。

 

中小企業の社長はプレイングマネージャーであることも多く、現場に入り、営業もし、経営者団体の役やっていたり、経理も労務も管理する。

 

まあ、すごく多忙です。

 

だから、人のこととか後回しになる気持ちはすごくわかります。

 

でも、後回しなので、好循環で回せない。

 

このような状況をみてきて、余計思うのです

 

だから他の人の力を借りましょうって。

 

人をいかに採ることも大事だとは思いますが、今いてくれる社員にいかに活躍してもらうかを考えて行動するといいのではと考えております。

 

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

チームビルディングにも最適です。

強みを使うことにフォーカスする人々は生活の質が向上する確率が3倍上がり

仕事に積極的に取り組む確率が6倍上がるとGallupのデータで明らかになっています。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!