ストレングスファインダーの生みの親ドンクリフトン。どんな人か書いてみた。

今日はストレングス・ファインダーの生みの親、ギャラップ社の元会長でもあるドンクリフトン博士の誕生日。

生きていれば95歳。今回はそんなドンクリフトンについて書いてみたいと思います。

“ストレングスファインダーの生みの親ドンクリフトン。どんな人か書いてみた。” の続きを読む

ストレングス・ファインダーサミットinUSA 世界150カ国のコーチと出逢う旅 最終日 

ストレングス・ファインダーサミットin USA 世界中のコーチと出逢う旅。

ついに本場に行ってきました。昨年資格をとった時は行けなかったので、今回は是非と考えていました。

“ストレングス・ファインダーサミットinUSA 世界150カ国のコーチと出逢う旅 最終日 ” の続きを読む

Clifton Strengths Summit 2018 July 17

 

2018-08-20 午後5.16.33

 

サミットの会場はセンチュリーリンクセンター。ここは世界的投資家ウォーレンバフェット氏率いる投資会社バークシャーハザウェイの株主総会が行われる場所で有名。なにせ、4万人もの人が世界中から集まるのだから(笑)。4万人と言えば甲子園球場のスタンドが埋まる数です。

 

興味のある方はどうぞ。

バフェット氏については別で書こうと思っています。

 

車を会場前の広い広い駐車場に入れて、建物に入ります!

 

まずやることは。。。。

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後4.47.42.png

 

朝食です!

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後4.48.15.png

 

腹が減っては戦になりませんので、しっかりいただきます!

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後5.00.51.png

 

めっちゃでかい会場!ステージがプロレスのリングみたいに真ん中にあります。

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後5.04.36.png

 

歓迎してくれております

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後4.50.56.png

 

おー!と思ったのは、中継システムで撮影、音響、スクリーン出しのスタッフが大勢いるー!

 

 

何?映像だけで、このスタッフ!

 

 

せっかくきたのでもちろん最前列です(笑)

 

 

 

開始1分前

 

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後8.39.28.png

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後8.42.34.png

 

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後8.44.23.png

Johnny C. Taylor Jr.

President and CEO, Thurgood Marshall College Fund

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後8.45.11.png

 

Denny Marie Post

President and Chief Executive Officer , Red Robin Gourmet Burgers and Brews

 

 

会場はノリがアメリカン。イケイケゴーゴーである。超盛り上がり。

 

内容については?と聞きたいでしょ?

そうだと思います!是非、コーチングを受講して下さい!(笑)

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後9.03.20.pngスクリーンショット 2018-08-20 午後9.03.41.png

 

いろんなコーチングツールや書籍があり、他では買えないものもあります。

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後9.03.59.png

 

自分の資質のボードの前で記念撮影。とにかく飽きさせません。

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後9.07.53.png

 

ランチも何種類も選べるので楽しいのです。

 

 

 

 

 

そして夕方から動物園を貸し切ってのワークです。さすがGallup。

オマハには世界最大の動物園があるのです。

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後9.17.12.png

 

スクリーンショット 2018-08-20 午後9.23.54.png

 

広い園内を移動車に乗ったり、リフトに乗ったりしながら、楽しみながら課題をやるのです。

 

 

サミット二日目はこんな感じで盛りだくさんでした!

 

 

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  料金を改定させていただきました!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ お問い合わせはこちらでお願いします!

1年間ブログを続けて確信したこと。

 

Gallupストレングスファインダーでは、

 

私達の才能は、私達が何者であるかを理解するのを助けてくれる」と表現しています。

 

才能があるから自分の個性として表現でき

才能があるから普段の選択に影響し

才能があるから他の人よりもうまくできることもあり

才能があるからそのフィルターを通して世の中を見る

 

この才能という言葉は資質と置き換えることもできるでしょうが、今まさに行っている自分の行動を純粋に見つめていくことが、僕は最も大事なことではないかと考えています。

 

自分の個性にどう影響し

自分の選択にどう影響し

なぜうまくできるのだろうとか

どんなフィルターなのかとか

 

自分にとってはナチュラルすぎることでも客観的に見つめることが大事だと考えています。

 

今朝も犬の散歩をしていると、近所でもあいさつしない人、知らないけれどあいさつして話しかけてくる人がいましたけれど、これもきっといろんな才能資質が影響してるんだろうなぁと思いました。

 

自分の才能資質を踏まえ、普段の思考と行動を見つめ直す。

 

そして自分がありたいと望む方向に、その思考と行動は効果的なのかを自問自答する。

 

チームなら同様に、全員の才能資質を踏まえて、目標とするものに向かってその思考と行動は効果的なのかを自問自答することになるでしょう。

 

僕も、書くこと大っきらいな人でしたが、これ以上に効果的なものはないと、日々の行動もからめてこのブログを書いてきました。

 

これはやってよかったし、本当におすすめです。

 

そしてさらに効果的なのは、他人から客観的な意見を言ってもらって、それと自分の見つめ直しとぶつけ合うことでしょうか。

 

自分では当たり前のことを、他人から見るとこうだと言われると、また新しい扉が開く感じになります。

 

概して、日本人は自分の事を他人に言うのが苦手だと思います。

 

滅私奉公、お家第一とか武士の時代の思想やDNAがいまだ社会の中で息づいている感があります。

 

確かに、一つの文化なのでしょうけれど、自分を表現できない息苦しさもあるでしょうし、世界での幸福度指数の低さにも繋がっているかと考えています。

 

そこらへんの見つめ直し、自分では大変とか大変だし、継続しないとまた元通りになるもの。

 

それをお手伝いさせていただくのが、世界1900万人が受検したストレングス・ファインダーのストレングスコーチです。

 

お知り合いのストレングスコーチを、生活の質の向上のために是非ご活用いただけたらと思います。

 

お知り合いがいないという方は、読んでいただいたというご縁で、どうど私にご相談ください。

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

エサレン研究所を訪問

ついに来た。ここの場を感じたくて車をとばしてきました。

アメリカのシリコンバレーなどハイパフォーマーが訪れ、心を整えていくという場所。

初日は曇りでしたが、翌日は快晴。

すごく、良い気が広がっておりました。

 

エサレン研究所とは、ほとんど人が住んでいない州立公園の中にあり、ビッグサーの険しい海岸線の断崖に位置し、50年以上にわたり日常から離れ、自分を見つめることを可能にしてくれています。

 

スタンフォード大の出身者リチャード・プライスとマイケル・マーフィーがはじめたもので、人間の潜在的可能性を探求・実践する滞在型宿泊施設なのです。

 

東西冷戦の真っ只中、東側西側の科学者をこの地に集め、国と国を越えた関係を結ぶことを成し遂げたり、インドを放浪したスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツもここを訪れ、従来の学びをこえたものを学べるこの地に、大いに刺激を受けたと言われています。

 

まさに従来の人の心理学から、西海岸の気質であるあらゆるものを受け入れる文化から、西洋だけでなく東洋の思想も融合し、発展進化させ現在も哲学・心理学・ヨガ・音楽・アートなど年間500種類ものワークショップセミナーが開催され、非営利の教育センターとして知られており、毎年何万人もの人が訪れています。

 

カリフォルニアの自由奔放な精神の証拠を突き止めるには、エサレン研究所に勝る場所はないといわれるぐらいの場所なのです。

 

 

ちなみに滞在するには、ワークショップを受講する必要があり、最低3日は滞在が必要。

 

深夜0時から3時まで、予約できれば温泉に入ることはできます。

 

次回は、何か受講したいと思います!!

 

 

https://www.esalen.org

エサレン研究所リンク

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

都会に出て息が詰まったので,自分を確認した日

 

一昨日は大阪、昨日は東京。

 

大勢の人と話をしましたが、人というものは、すぐにレッテルを貼りたがるもので、決めつけようとするなと改めて感じました。

 

あなたはこうでしょ?ああでしょ?という具合。

 

たとえば僕がテレビの仕事をしていたというと、自分の勝手なイメージ

 

社会保険労務士の資格があるというと、自分の勝手なイメージ

 

ストレングスコーチだというと、自分の勝手なイメージ

 

登山をやっていたというと、自分の勝手なイメージ

 

バックパッカーだというと、自分の勝手なイメージ

 

 

まあ、面倒くさくて、いちいちその解説に付き合ってはいられません(笑)

 

これ、自分で自分のことを内省しきれていないと、他の人のイメージを自分の頭に刷り込んでしまい不自然な生き方になるので注意が必要かなと思います。

 

僕の場合は、20年もの間テレビの仕事で全国のさまざまな人との出会いから人に関心を抱き、社労士の資格を取得。

 

労働局の仕事を、社労士やテレビの仕事をしつつ8年もやり、延べ1万以上の人の働き方に関わってきましたが、中小企業というものは、バブル崩壊やリーマンショックで疲弊し、幸せな働き方を追求できていない様子を見てきた中で、コーチングと関わり自分の役割を見つけたわけです。

 

なので、メディア人、社労士や世界中を歩いてきたバックパッカー、死にそうになった登山など総じて自分なわけなのです。

 

 

なので正直、勝手に社労士さんですねと、持論を展開されると超気分が悪い(笑)。

 

まだ、プロコーチのほうがもやもやしないので、最近はこっちを使うようにしているのです。

 

要は、自分は何者かを過去の点と点を繋げると、今の自分が浮かび上がってくるので、自分自身を見つめ直すには今だけでなく、過去もヒントにするといいと考えています。

 

また、他者理解についても、勝手なレッテル貼りをせずに、傾聴によって相手の味や強みを引き出せればいいなぁとも併せて考えています。

 

 

そんなことを考えながら、いい空気を吸いに少し外へ。

 

 

 

 

僕のうちから30分も車を走らせれば、京都の大原。

 

自分の強みは、ロケでいいところをめちゃめちゃ知っているというところ。

 

 

 

 

 

 

 

紫蘇の畑があり、清流も流れ、緑豊かな場所です。

 

 

 

 

天台宗の名刹大原三千院もあり、このような場に立つと、偽りの自分の仮面も剥がれるのではないかと考えています。

 

 

 

 

単なる卵かけめしでも、ひと味違うなぁと感じました。

 

良い環境に身を置くとパワースポットなので、場の力を貰えますし、良い食事をすると食からも力を貰えます。

 

 

 

もちろん、このような場所でのコーチングも個別案件で対応させていただきますのでご相談ください。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

新しい自分を見つけてみよう(伊丹・羽田・ロスアンゼルス編)

 

2018年7月12日。曇り空の伊丹空港。

 

この翌日からスーパー猛暑に入ったのですね。

 

さて

 

久々の海外。10年ぶりだ。

 

昔は永遠のバックパッカーと思っていたが、9.11の時にグラウンド・ゼロをこの目で見て双六で言う「あがり」だと自己確信したので、以来足は遠のいていた。

 

まさか、自分の行くときにそんなことがあるとは思わないので、何かの因縁を感じました。

 

今まで全部で30カ国ほど行っているけど、アメリカは今回が2回目。

 

「えっ!?」と少ないですねと言われるのですが、要は昔から他人と同じことはしたくない性分なのです。

 

 

しかし、海外久々すぎて、時代がすごく進化していて、飛行機のチェックインがアプリでできたり、浦島太郎の気分でした。

 

まず、当初の目的地サンフランシスコへは伊丹から羽田、ロサンゼルスと乗り継ぎをする。

 

昔から、いろんなとこに出かけているので、このくらいの乗り換えなどなんでもない。

 

なんでも見てやろうがベースにあるので、旅はスローな方がいいのです(笑)。

 

羽田でドルへの両替とアメリカで使うWifiのレンタル手続きしていてのんびりしていて

 

ANAからDeltaに乗り換えるのに、荷物を預けようとカウンターに行ったら、「最終のご案内は終わったのです」と言われ少しあせる。

 

まあ、それでも問題はなく搭乗口に行くと、他の乗客も並んでいる状態でした。

 

 

まず、座席について機内誌を見るとオアフの文字。

 

ハワイは、まだ、行ったことがない。

 

繰り返しますけど、みんなが行くところは後回しで生きてきたので、これから行くのですw

 

しかし、この「旅」に関するものは間違いなく僕のスイッチだと確信。

 

当たり前だと思うかもしれないけれど、人の感覚は3300万人に一人しか同じではないとGallupの調査でもあるし、何の興味も示さないという人もいる。

 

自分のスイッチが何なのかを是非、見つけて利用していただきたいと思います。

 

 

しかし、飛行機の外の景色は最高です。

 

スキューバダイビングをしている時に感じる無音状態と同じで

 

どこまでもどこまでも深く瞑想する。

 

自分の心はどうしたいのか?

 

自分の行動は正しいのか?

 

https://youtu.be/raRiNTVQI74

 

いつも思うのですけど、ストレングス・ファインダーはじめ世の中にはいろんな検査、調査、手法ありますけれど

 

何してるかと言えば、今の自分の状態を可視化してくれてたりするだけなので、要は、そこからどう行動するかが一番大事だと思うのです。

 

正解は常に自分の中にあるけれど、普段の生活のなかでさまざまなノイズにより心の声が聞こえなくなってしまっている。

 

それをきちんと聞けるようになれば、自分に向き合えるようになればあとは自走していけるのだと考えています。

 

https://youtu.be/JDcwU9RK_4A

 

自分に向き合わないからいつまでも暗闇にいるけれど、明けない夜はないように行動すれば、きっとうまくいきます。

 

 

 

ただ、多くの人が、ツールを使いました、「ふーんなるほどね」で終わり自分に向き合わないから、次々と占いを受けるように、ツールに手を出す。

 

そこを改めて、これだと思う自分の納得感にしたがうのがいいと思います。

 

どこのだれが言ってたとかは関係ない。

 

要は自分なのです。

 

僕は、ストレングスファインダーが自分にしっくりくるし、なによりも自分が見えたものなので、コーチにもなって多くの人にも、活用していただだきたく日々活動しています。

 

そして、さらに自分を高めてよりよく伝える為に、ストレングスファインダーの聖地、ネブラスカ州オマハで開催される、世界中のコーチやHR(人事について積極的な企業の担当者)関係者が集まるサミットに参加すべく向かっている訳です。

 

さて、ロスアンゼルスに到着。

 

続きはまた。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

あなたの名刺はきちんと相手に伝わっているだろうか?

 

最近ストレングスコーチ用の名刺を作成し、じゃんじゃん配っています。

 

いろんな名刺多すぎませんかー?と言われるのですが、良質の情報提供とサービスをしたいので、僕には絶対必要。

 

今は、コーチ用、陽明学世話人用、人事評価制度用、社労士用の4つがありますが、前は、社労士の名刺だけでした。

半年以上かけてコンサル入れて作りましたが、全然自分のやっていることが伝わらない。

 

伝わらないものは意味がないのですね。

 

そこで表現方法など、一から出直す感じで自身を見つめてきて、修正修正の日々。

 

プロコーチも人の子なので、迷うことはあります。迷うから模索する。

 

自己投資にかなりお金をかけて、やってきてました。

 

自分のことを他人に話し、他人から見える自分はどうなのかのフィードバックを多くの人からいただく中で気づいたことは、

 

すごく曖昧な思考の中に人っているのだなぁということ。

 

大抵の人が、話を聞いているようで聞き流しているし、もちろん自分もそうだ。

 

聞き流しているだけで、意識にも留めていないから、コミュニケーションのギャップが発生するわけだ。

 

いわゆる夫婦間のすれ違いや社内の意思疎通をイメージすると分かりやすいはず。

 

要は、逐一集中していられないのですね。

 

いろいろな人に対して自分のやっていることを説明して、後日覚えてるか話してみると、まあ、大抵覚えていません(笑)

 

僕がテレビの仕事をしてきて、社労士・ストレングスコーチ・陽明学・デザインなどできると言っても、まあ、覚えていません。

 

そらそうだよなぁ。興味がなかったら人って覚えようとしませんもん(笑)

 

もし、僕が大スターならば勝手に注目してくれるのだろうけれど、そうではないので、人との関わりの中で、自分のことを刷り込んでいって覚えてもらう必要があるのだと気がついたのです。

 

だから4枚。

 

もちろんこれが正しいかどうか分かりませんが、前の使えない名刺よりは間違いなく意味がある。

 

もともと、アピールもうまくないタイプなので、またまた経験から改善を続けたいと考えています。

 

みなさんはどうでしょう?

 

世界1800万人が受けているストレングスファインダー。

自分を知り、そこから他人を知る。

自分の感覚はみんな同じではないと気づくと世の中の見方が変わります。

 

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  料金を改定させていただきました!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ お問い合わせはこちらでお願いします!