蔵書4万冊 知の巨人とも言える司馬遼太郎の凄さを改めて感じました 

 

2月12日は作家司馬遼太郎氏の命日です。

連休中に東大阪市にある司馬遼太郎記念館を訪問。

20歳前後の多感な時期に司馬作品と出会い、文庫本片手にいろんな国に行っては、海外から幕末や明治の時代を感じ、そして日本という国を見ていたことを思い出しました。

“蔵書4万冊 知の巨人とも言える司馬遼太郎の凄さを改めて感じました ” の続きを読む

内省しよう。自分の内部からこみ上げてくる意向にしたがうとき、あなたはあなたの人生を歩みはじめる

あなたはストレングス・ファインダーを受験し、自分の資質が明らかになったあと、どのように活用しているだろうか?

“内省しよう。自分の内部からこみ上げてくる意向にしたがうとき、あなたはあなたの人生を歩みはじめる” の続きを読む

ただ自然であること

 

 

自然体、自分らしい、ナチュラル。

いろんな殻を被らなくてもいい状態にあることが心にも身体にも一番いい。

そのように思います。

 

今まで聞いた話では、都会にいるほうが落ち着くという人もいるので、自然の中にいることがすべての人にとっていいものでもなさそう。

 

あなたが殻を被らなくてもいい状態にあるのはどんな場所なのでしょうか?

 

どこで生まれ、どのように育ち、学び、誰と関わってきたかなどの要素が重なりあって落ち着く定義なんて星の数だけあるのでしょう。

 

世の中は、今これやらないと生き残れないとメディアで煽りに煽ってくるけれど、そんなのに合わせていると人生を事故るようなものなので相手にしないほうがいい。

 

自分が自然で落ち着ける場所や自分の自然な状態を見つけてみてください。

 

 

僕はこの2年ほど、やたら動いて「場所の持つパワー」なんかを自分で実験したりしてようやく見えてきた感じがあります。

 

 

自分のことで言えば、この写真のような自然の中にいるとすごく落ち着き、パワーが貰えます。いつもの散歩コースを撮ってきました。

 

 

IMG_8178.JPG

 

 

 

 

 

IMG_8190

 

散歩で、昔ながらの小道を、キラキラした小川を眺めたりしつつ歩いていると気が充填されていく感じがします。

 

IMG_8183

 

生き物はどう生きるかで、出来が決まるのではないでしょうか?

 

IMG_8191.JPG

 

きれいに整備されている畑を見つつ、自分も整備しないといけないなといつも思います。

 

IMG_8195

 

IMG_8206.jpg

 

下ばかりでなく、上を向いても歩こう

 

IMG_8210.JPG

 

紅葉の葉は言われて変わるのではありません。自分で変わっていくのです

 

IMG_8209.JPG

 

比叡山延暦寺 飯室谷不動堂

 

IMG_8212

 

このお寺は、比叡山延暦寺の酒井大阿闍梨がおられたところ。亡くなった今も全国から人が参拝に来られます。

 

IMG_20181129_130307.jpg

 

 

 

最後に中国の老子の言葉を記したいと思います。

 

今持っているもので満足し

あるがままの姿に感謝し

何も不足はないと気がついた時

世界とあなたはひとつになる

 

 

今、まさにそのような心持ちです。あなたはどうでしょうか?

 

 

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログ。

マスコミにいたので、いろいろなことに興味があっていろいろ書いているのがこのブログの特徴です。

いろいろなことを考察し事上磨練を意識して生きてます。

よかったらまた遊びに来てくださいね。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報 私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

 

 

 

 

 

大富豪から学ぶ25:5の法則

 

世の中にはあれもしなきゃこれもしなきゃと忙しくしている人がいます。

 

しかし、やっている割には成果につながらない。

 

どうしてなんだろうと、僕も考えて悩んでいました。

 

そんな問いにたいする答えがありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

 

世界で最も成功した投資家、ウォーレン・バフェットはこういいます。

 

あなたが、やりたい、達成したいことを25個書き出します。

 

そのなかで、もっとも注目する5つに丸をつけます。

 

そして、残りの20個は、注目した5つが終わらなければ決して手をつけない。

 

このようにして、ウォーレン・バフェットはやるべきことに集中したのだそうです。

 

しかし、我々はどうでしょう。あれもこれもいいと聞けば西に東に出かけて、そのくせ最も取り組むべきことは中途半端。そんなことにはなっていないでしょうか?

 

有限である人生においては、即時性のないものは潔く手放し、本当に必要なことだけに集中できる環境を作ることが大事。

 

言われれば納得なのですが、見失いがちなところです。

 

みなさんも、今日からやってみてはいかがでしょうか?

 

アイキャッチ画像は、先日アメリカのオマハで撮影したバフェット氏の会社があるビルでした。

 

参考先

https://constantrenewal.com/buffett-5-25-rule/

 

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

 

 

変わらない 変わります 変わる 変わる時 変われば 変われ!

成功者から学ぼう:ジャック・マー

 

僕は今の若者、起業家に伝えたい。

決して成功物語を勉強してはだめだ。

失敗から学ぶんだ。

僕が何よりも重宝しているのは今までの失敗や否定の壁だ。

僕たちは過去18年間、毎日、失敗と否定の壁にぶち当たっていたんだ。

失敗や否定は当たり前だから

周りも手を差し伸べる理由なんてなかった

自分の価値を証明することで初めて人は助けてくれるんだ

 

僕はインターネットが若者や起業家そして女性の力になり素晴らしい未来を生み出す

その信念のもとアリババは18年前に僕のアパートで誕生したんです。

お客様に仕える為にはその心、真心がなくてはいけません。

筋肉で競争しようとする人もいますが今世紀は知恵で勝負しなければいけません。

そして成功を望む人は高いEQ(感情指数)を持っていなければなりません。

早く失敗したくない場合は高いIQ(知能指数)が必要です。

しかし、尊敬を得たい場合は高いLQ(愛指数)が必要です。

 

 

あなた自身が変われば世界が変わるのです。

あなたが変わらなければいけないんです!

自然と備わっているはずなんです

あなたを特別にする何かが。。

しかし、それはつらい経験を経て鍛えられねばならないんです。

 

否定されたらつらいのは当然です。

だからこそ夢に向かって全力を尽くし

愚かでありながら戦い続けるんです。

失敗を避けるのではなくその価値を理解し学ぶのです。

失敗に立ち向かう姿勢を。

あなたがどんなに賢くても失敗を避けられません。

失敗から学ぶのはその避け方を知るためではなく

その対処の仕方と心構えを知るためです。

 

決して夢を諦めないで下さい。

多くの人は目で見てから信じますが

多くの真の起業家やリーダーは信じたものを見ることができるのです。

未来を信じることで、その望む未来を創造するのです。

もし、あなたが心から信じているなら最低でも18年間は戦い続けて下さい。

 

 

自分の殻をぶち破れ!

 

成功者から学ぼう:俳優 ジムキャリー

 

今日は情熱と健全な心で人生を歩むためのを植えにきました。

問題は、その種がしっかりと根付くかどうか。

Fritz_the_Cat / Pixabay

モンサント社に訴えられ、代わりに彼らの種を強要されるかもしれません。

人生に「恐怖」は付き物ですが、それに影響されるかはあなた次第です。

「未来」というお化けを恐れて生きるのも一つですが

この世には「今、この瞬間」のみ存在し

その瞬間を愛か恐怖、どちらかで生きるの2択なのです。

父は偉大な芸人になる才能がありましたが、彼自身そうは思わなかった。

結果、安定した会計士の仕事に就き、私が12歳の時にリストラされ

家族は苦労しました。

そんな父から学んだことの一つは。。

「やりたくないことで失敗するくらいなら、やりたいことにチャレンジしよう。」

 

あなたはどのように世界に貢献する?

あなたが周りに与えられる才能はなに?

それだけ分かればいいんです。

この道を先に歩んでいる者として断言します。

「この世の価値は、周りにどう影響を与えるかで決まる。」

私たちは世間体を気にして作り上げた化身ではなく

心の奥から放たれる輝きなんです。

それ以外は真実から気をそらす煩悩

結局は宇宙に何を求めるか伝え、行動し全て思い通りにしようとしないことです。

願いがどう実現するかに執着せず

チャンスが来たら飛び込めるように準備しておくんです。

いろんな道があるから面白いんです。

 

 

そして、信念にもチャンスを与えてください。

宗教のことではない、信念。

希望はおねだりなので違います。

希望は炎の上を歩き、信念は飛び越えます。

みなさんはこの世に素晴らしい影響を与える準備はできています。

みなさんには「愛」か「恐怖」その2つの選択肢があります。

愛を選び、恐怖に遊び心を奪われないで下さい。

 

 

 

あなたの人生を再起動させよう!攻めることがあなたの個性を築くのだ。

 

成功者から学ぼう:インスタ、ツイッター、ウーバーを発掘した驚異の投資家 クリス・サッカ

 

現在私は「ロワーキャピタル」というベンチャー投資会社で、一人の社員と二人で10億ドル以上の資金を運営しています。

カリフォルニア州にあるのんびりした小さな町で、スーツではなく、シャツとボロボロのジーンズで出社し働いています。

Olichel / Pixabay

私は運が良かったのでしょうか?

運だけではなかった、僕はそう思います。

私は、誰一人残らず成功できる法則が存在すると思うんです。

その法則とは「幸せ」です。

 

sasint / Pixabay

 

心の底から溢れ出るような深い幸せ。。。

幸せな人は仕事に抜擢されやすく、想像力豊か、そして常に勝利します。

幸せな人はする家族を作り、世界を導く力をみます。

幸せな人たちは「足る」を理解し「当たり前」に感謝することを忘れません。

そして幸せは伝染します。

皆「幸せ」になれます。

 

 

Wokandapix / Pixabay

 

 

ここでその法則を具体的に話さなかったら、呼ばれた意味がないので早速いきますよ。

 

 

まずひとつ目、「ctrl+alt+delete」。

PCの「ctrl+alt+delete」は再起動のショートカットキーです。

 

 

geralt / Pixabay

 

今日はあなたの人生を「再起動」させる最高の機会です。

あなたは取得した学位とは全く関係のない分野へと進めるんです。

全てをやり直すことはできるんです。

それもこんなポジティブで、感謝に満ちた祝いの場で。

そしてリセットした今、人生に対して攻めの姿勢に入る時が来ました。

何に興味があり、

どんな冒険に出たいか?

どうやって恐怖に立ち向かうか?

 

攻めるとは個性を築くこと。

そのためのツールは揃っているので行動あるのみです!

 

Free-Photos / Pixabay

 

しっかりリセットし、攻めの姿勢で、を生きる。

だけど、具体的に何をしたらいいのでしょう?

それは「人助け」です。

現代は一人ひとりが世界に貢献できる最高の時代です。

思想家のバックミンスター・フラー氏は言いました。

「我々の祖先に説明しきれないテクノロジーを私たちは手にし、

世界中の人に、衣食住だけでなく幸福を求めるチャンスを作るためのツールが揃った」

「この惑星に今住む人類全員が繁栄する未来が可能となりました。」

「私たちはユートピアの実現と人類の消滅、そのレースの最中を生きているんです」と。

世界中の人が、あなたとおなじだけのチャンスが与えられるんです。

間違いありません。

そしてその人助けの精神はあなたにかけがいのない資産をもたらすでしょう。

それが、、「気持ちよく寝れること」

手を抜かず、嘘はつかず誇りを持って生きてください。

お金に執着せず、気高く生きると、幸福感に包まれて眠りにつけるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰もがもつ魔法使いになる素質とは!?

 

成功者から学ぼう!ハリーポッターの著者 J.K.ローリング

 

 

今日は皆さんに「失敗して得るもの」と現実社会の敷居をまたぐ時に必要となる「想像力の重要性」を説明したいと思います。

何故、「失敗してえるもの」が大切か。

それは、不必要なものを排除するのに失敗が付き物だからです。

私と同じ様な規模の失敗ではないと思いますが

しかし、人生において失敗や挫折はつきものなんです。

失敗を恐れて生きる人生など、生きていないも同然です。

失敗を経て得る強さや賢さが未来を生き残る鍵となるのです。

自分自身や他者との絆の強さは逆境に立つことで理解できるんです。

 

PublicDomainPictures / Pixabay

 

そのような知恵が真の宝でありどんな資格よりも価値あるものです。

人生は困難で複雑である上、誰もコントロールすることはできません。

この謙虚さを理解することで、人生の浮き沈みを生き抜けます。

話のテーマに想像力の重要性を選んだのは、私の人生に大きな役割を果たしたからではありません。

より抽象度の高い、想像力の重要性に気づいたんです。

 

vilandrra / Pixabay

 

想像力とは存在しないものを描き、生み出す、人間特有の能力なのです。

そして、想像力があるからこそ他人と分かち合い、共感することができるんです。

他の生物とはちがって人間は想像力だけで事象を学び、体験できるのです。

想像で相手の立場に立つことができます。

この能力は、魔法のように中立です。

人を操りコントロールするためにこの能力を使う人もいれば、同じぐらい、共感や同情に使う人もいます。

しかし、多くは想像力を鍛えてません。

自分の経験してきた範囲内に満足し、他人の立場に立って想像することをしません。

苦痛の叫びに耳を塞ぎ、心の檻から目をそらし、関係のない苦痛からは心を閉ざし、知ることを否定するのです。

そのような生き方を羨ましく思う半面、彼らも私と同じぐらい悪夢を見るかもしれません。

狭い視野で生きると精神的な広場恐怖症に陥りそれが恐怖をもたらします。

よって想像力を使わない人は、より多くの化け物が見え、より怯えています。

さらに重要なのは、共感することを拒否した人は本当の化け物になる事実です。

実際に悪事を行わなくても無関心のうちに悪と共謀してしまうのです。

18歳の時、古典文学の世界を冒険し様々なことを学んだことの一つにギリシャの哲学者プルタルコスが書き出した言葉があります。

「自分の内部で達成した物事は、外部の現実を変えていく」

驚くべき格言であり、私たちの生活の中で何千回と証明されている事実です。

私たちは体外的な繋がりを断つことはできず、この世に存在するだけで人々に影響しているのです。

 

4924546 / Pixabay

 

しかし、問題はどれだけの影響を与えているかです。

ここにいるほとんどの方々は世界で唯一の超大国の国民です。

あなたたちがどのように投票し、生活し、主張し、どう政府に訴えるかで他の世界の人々の運命が変わるんです。

これは特権であり、大いなる責任です。

その地位と影響力を声なき人々の為に使い

強者だけでなく弱者も認識できたなら

あなたのような特権を持たない人々の立場を「想像」できるなら

あなたの家族だけでなく、何千何百万もの人々があなたの価値を称賛します。

世界を変えるのに魔法はいりません。

すでに「想像力」という世界を変える力を持っているんです。

物語と同じく、人生も大事なのは長さではありません。

そのです。

皆様、よき人生を。

ありがとうございました。

 

 

「夢中にさせるもの」ー牧場経営者 エリザベス・ポエット

 

patagonia短編映画シリーズ

「夢中にさせるもの」ー牧場経営者 エリザベス・ポエット

 

 

この牧場を変えなければならないというプレッシャーはありません

私は頑固なのでむしろ少しも変えたいと思いません

自分の子供そして孫たちに、いまと同じ牧場の姿を見せたいんです。

でも同時に牧場はあちこちでなくなっています

 

ランチョ・サンブリアンはスペイン領の払い下げの土地を1837年に7代前の先祖が譲り受けたものです。

大学卒業後、一度全く違う生活がしたくて、牧場で育った私はニューヨークに行きました。

でも、いつもこころのどこかでここに戻ってきたいと思っていました。

頻繁に牧場に訪れるようになり、父や夫のオースティンを手伝ううちに

こんなすばらしい牛を育てているのだから、自分たちでビーフを売ったら

どうかと思いついたのです。

 

もともと食べ物に対してはこだわりがあります。

自分が食べるものについてはきちんと把握したいし、特に肉はその産地を知ることが重要だと思います。

ファーマーズマーケットならホルモンや抗生物質を投与されていない牛肉を買うことができます。

牧場で生まれ育ったものです。

お客さんに牧場の歴史や牧場主について知ってもらえるのはとてもうれしいことです。

 

牧場では牛と羊を飼っています。

これまでに干ばつや洪水侵食もあったし牧場ではいろいろなことが起こりますが、大切なのは牧場を守り、家族を守り、この土地のために最善を尽くすことです。

この辺りの牧場では牛を移動させるのに、四輪バギーではなくを使います。

よくカウボーイは絶滅しかけていると言われますが、ここの人たちはカウボーイ精神や牧場、そして環境を維持させようと強く思っています。

 

牛を使ったり動物を使ったりして働くことは、多くの人にとっては古い習わしで、「もう馬に乗る人なんていない投げ縄の仕方なんて知らない」というぐらい古い伝統ですが、ここではいまも健在です。

 

間違いなく家族経営の小さな牧場は、家族や隣人や隣接する牧場の協力がなければ存続できません。

みんなで助け合っているんです。

もちろんきれいな仕事ではありません。

農場や牧場で働く労働者なんです。

 

幼いうちから土地の大切さを教えれば教えるほど、子どもたちはそれを理解し、より頑固に私のように育つのだと思います。