そうだ京都、行こうシリーズ 京都最古の神社 松尾大社

今回は京都の嵯峨野・嵐山辺りに出かけてみました。

きっかけは司馬遼太郎の作品の中に、松尾大社のことが書かれていたことによるもの。

渡来系の秦氏が京都に大陸から移住し、そこで現在の松尾大社となる基礎を作り信仰し今日に至るという。

また、京都で一番古い神社だというところに関心が高まったのです。

では、歩いていきましょう。

“そうだ京都、行こうシリーズ 京都最古の神社 松尾大社” の続きを読む

尚徳諏訪神社 祭神は福の神大国主の息子たち ご利益は生産開発の神として開運招福

京都駅から10分程度の距離の神社。

長野県の諏訪大社の御祭神 建御名方神(たけみなかたのかみ)と八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)をお祀りされています。

京都で諏訪大社の御祭神を拝めるのですね。

“尚徳諏訪神社 祭神は福の神大国主の息子たち ご利益は生産開発の神として開運招福” の続きを読む