厚生省と労働省の間から生まれた社会保険労務士 ややこしくてもやもやするので年表にした

社会保険労務士以外の法律の資格は以前からあった流れの上にあったりするのですけど、社会保険労務士は戦後できた法律であたらしい資格と言えるでしょう。

厚生省と労働省にまたがっていた時もあるので、いまだにどういう経緯で社会保険労務士ができたのかいつももやもや霧の中ではっきりしない。

年表に並べてみました。

“厚生省と労働省の間から生まれた社会保険労務士 ややこしくてもやもやするので年表にした” の続きを読む

外国人労働者を採用する時のポイント初歩の初歩 

今現在外国人労働者の数ってみなさんご存知?

都内のコンビニの店員さんって日本人以外って普通のような気がしますし

食べ物屋さんでも流暢な日本語で注文取りに来てくれるところも多いです。

今後さらに増えると言われる外国人労働者の労務管理について研修を受けましたので少し紹介させていただこうかと思います。

“外国人労働者を採用する時のポイント初歩の初歩 ” の続きを読む

社員みんなでつくるみんなで幸せになるためのレシピそんなことを考えています

みなさんの会社はどんな会社だろうか?

労働局に長いこといると、マジか!?と驚くような会社にいっぱい出会ってきた。

大企業にいる人からすると信じられないと思われたりもするけれど現実は小説よりも奇なりである。

今はその例を活かし、そうならないためにはというのがいつも考えているところだ。

“社員みんなでつくるみんなで幸せになるためのレシピそんなことを考えています” の続きを読む

ワークライフバランスって言うけれどどうして大事なんだろうか?考えてみた

仕事は私たちの生活にとって不可欠なもの。

働かなければ何も買えやしない。

ましてや、この先行きわからない世の中で、仕事もプライベートもバランスをとるって簡単なことではありません。

“ワークライフバランスって言うけれどどうして大事なんだろうか?考えてみた” の続きを読む

初歩の初歩 そう言えば労働基準監督署って何をしてるところなのだろうか

労働基準監督署に関する本を読んだ。

社労士の資格をとったものの、テレビ業界は20年の経験があるが、労務管理業界のことが未経験だった僕は5年監督署にいた。

自分も含めて昔は監督署って知らなかったし、そもそも世間の人もよく分かっていないだろうと思い、書いてみることにしました。

“初歩の初歩 そう言えば労働基準監督署って何をしてるところなのだろうか” の続きを読む

安心して子供が病院にかかれるように医療負担を軽くする 乳幼児子供医療費助成制度

子供は病気や怪我などで、病院にいくこともしばしばでしょう。そんな時に助かるのが医療費助成制度です。

病院での診察、薬、入院の自己負担分を全部又は一部負担してくれます。ただし、この制度は全国一律ではないので注意が必要です。

“安心して子供が病院にかかれるように医療負担を軽くする 乳幼児子供医療費助成制度” の続きを読む