小銭を持ち歩かない今だから知っておきたいなぜ、お賽銭は◯◯円がいいのか?

みなさん神社やお寺に行ったら、お賽銭っていくら出してらっしゃいますでしょうか?

一万円?五千円?千円?それともご縁をもらうように5円とか?

お賽銭の起源とか、利益がある納め方とかこれを機会に調べてみました。

“小銭を持ち歩かない今だから知っておきたいなぜ、お賽銭は◯◯円がいいのか?” の続きを読む

尚徳諏訪神社 祭神は福の神大国主の息子たち ご利益は生産開発の神として開運招福

京都駅から10分程度の距離の神社。

長野県の諏訪大社の御祭神 建御名方神(たけみなかたのかみ)と八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)をお祀りされています。

京都で諏訪大社の御祭神を拝めるのですね。

“尚徳諏訪神社 祭神は福の神大国主の息子たち ご利益は生産開発の神として開運招福” の続きを読む

ご縁も絡まって転びそうなら切ればいい。最強神社安井金比羅宮もご紹介。

よく「ご縁」をいただきましてと聞くし、私も使ったりする。

しかし、この「縁」って何なんだろうかと日本の各地東は茨城県から沖縄まで出かけたり、アメリカに出かけ、アメリカ大陸を鉄道で横断したりとここ2年ほどずっと問いをたてて考えているうちに見えてきたものがあります。

“ご縁も絡まって転びそうなら切ればいい。最強神社安井金比羅宮もご紹介。” の続きを読む

凶の方角でも吉にする日本唯一の方違観音さま西国三十三所第4番施福寺

空海と言えば、京都の東寺を建立、四国八十八箇所で修行、真言宗を高野山から布教などが思い付きます。

しかし、生まれは?とか、若手の頃は?とか知らないことも多い。

今日はそんな空海ゆかりのお寺ご紹介させていただきます。

“凶の方角でも吉にする日本唯一の方違観音さま西国三十三所第4番施福寺” の続きを読む

節分でけがれを払いスッキリした気分。そしていいこともありました。

asia bald blur buddhism
Photo by Pixabay on Pexels.com

節分は24節季の一番、立春の前日。悪鬼邪気を祓って春を迎える行事。

皆様は何かやられましたでしょうか?

僕は幼い頃は、豆を撒いた記憶はあるけれど、大人になってからは何もしてきませんでした。

今年は日本を知ろうがテーマなので、氏神さまの節分祭に参加させていただいてきました。

“節分でけがれを払いスッキリした気分。そしていいこともありました。” の続きを読む

大きなこころと小さなこころ。どっちも作っているのは自分です。

毎日、わんこのおさんぽ時にごみ拾いをやっています。

朝夕やっているのですが、いつも同じ所に、同じものが捨ててある。

これはどういうことなんだろうかと思ったので記事にしてみました。

“大きなこころと小さなこころ。どっちも作っているのは自分です。” の続きを読む

どんと焼きでケガレを祓い無病息災、そして運も上げていきましょう

そろそろ、お正月気分もおしまいです。門松やしめなわなども取り外し、日常の生活が戻ってきます。みなさんは、お役目の終わったお正月飾りを、どうしてますか? 小正月の1月15日に行われる「どんど焼き」は、これらのものを燃やす火祭り。お正月にお迎えした歳神さまをお送りする、日本の伝統的な行事です。

どんと焼きとは

お正月に飾った門松やしめかざりなどを家々から持ち寄り一箇所に積み上げて燃やし、五穀豊穣、無病息災、家内安全を願う火祭り行事です。門松やしめかざりによって出迎えた歳神さまを、それらを燃やす炎とともに見送るという「送り火」の性格を持つものです。
各地にさまざまな方法がありますが、田んぼや空き地に青竹やわらなどでやぐらを組んで正月飾りなどを燃やし、その残り火で餅や団子を焼いて食べるのが一般的なスタイル。火はけがれを清め、新しい命を生み出すもの。どんど焼きの火にあたると若返るとか、焼いた餅や団子を食べると1年を健康に過ごせると言われています。

日本古来の行事に注目してみよう

最近はマンション暮らしの人も多く、どんと焼きのような、昔はどこの家も自分の田畑などで行っていたものができなくなっていますが、日本人が昔からやってきた風習を知れば知るほど納得でき、合点がいくことばかり。

これからも注目したいと思います。

 

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログです。マスコミにいたので、いろいろなことに興味があっていろいろ書いているのがこのブログの特徴です。

気に入った記事がありましたら是非このサイト中の「いいね」お願いします。

よかったらまた遊びに来てください。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

十二神将とはあらゆる方位を各7000人の部下とともに84000の欲望と戦う凄腕将軍達

あまり仏像には興味ないのですが、僕がやっている西国三十三所巡礼の播州清水寺(天台宗) 西国第25番札所で、奈良のマスコット「せんとくん」のキャラクターを作った人がデザインした仏像が並んでいると聞いて、興味を持ち、お参りしたのでご紹介させていただきます。

こちらが奈良のせんとくん
兵庫県にある播州清水寺こちらにある仏像のことです。

十二神将って?

十二神将は薬師如来をお守り警護する神様。

奈良興福寺の解説によると十二神将は守護神の性格をあらわすために武装し、また仏敵をおどし、人々の悪い心に対して激しく怒っている状態。

仏教の発祥地インドで古くから信仰されていた鬼霊とか武器、あるいは辺境や異境の王朝や民族を神格化して仏教に取り入れて守護神としたもの。

薬師如来の12の誓願に応じてあらわれる薬師如来の分身とされます。

各それぞれに、7000人の部下がいて、7000✕12の84000の煩悩やら欲やらと戦いを繰り広げるリーダーなのですね。

 

薬師如来って?

薬師如来とは、簡単にいうと薬壺を使ってあらゆる悩みを治しちゃう凄腕のお医者様。

ちなみに、阿弥陀如来、釈迦如来、大日如来、薬師如来など、ありますが、如来とは仏の悟りをひらいた仏さまのこと。

さとりといっても、低いさとりから高いさとりまで、全部でなんと52あります。これをやり遂げたのが如来であり仏様のなのであるということなのです。

通常日光菩薩と月光菩薩(菩薩とは悟りを目指して仏になろうとしている修行中の人)とトリオで行動し、昼間は日光菩薩担当、夜は月光菩薩担当し、そこに十二神将が部下としてあらゆる方角からのものを退けるという役目を持っているのです。

 

 

 

 

子年将軍。(ネズミ)

丑年将軍。(うし)

寅年将軍。(トラ)

卯年将軍。(ウサギ)

辰年将軍。(龍)

巳年将軍。(ヘビ)

午年将軍。(うま)

未年将軍。(ひつじ)

申年将軍。(さる)

酉年将軍。

戌年将軍。(いぬ)

 亥年将軍(猪)

まとめ

世の中を薬壺を抱えて、菩薩とトリオで守ってくれている薬師如来。

84000もの煩悩と対決すべく、84000名の部下とともに戦う十二神将は頼もしい。

普段お参りでも、お賽銭して手を合わせる程度ですけど、拝む先の仏様を知るのも面白いなと少し思いました。

ご興味持っていただけたならうれしいです。ありがとうございました。

西国三十三箇所巡礼、舞鶴市松尾寺3回目、宮津市成相寺4回目

巡礼シリーズ。

 

人のために何か役に立てないかと平成16年に四国のお遍路からスタートして14年。

巡礼しつつ、自分を顧みる修行のような位置づけできました。

 

四国八十八ヶ所をまわり、西国三十三箇所をまわって先達となり、先達となって3度まわれば中先達、先達となって5度まわれば大先達。あと1年以内では大先達になるところまできております。

 

 

そもそも1300年の歴史がある西国三十三箇所巡礼。

日本全国いろいろな巡礼がありますがその元となったものです。

四国八十八ヶ所などは知っておられる方も多いのではないでしょうか?

日本は今は無宗教という人も多いですが、最盛期の江戸時代などは全国を自由に旅行できない人々も、巡礼と言えば自分の地域を出ることができました。

武士や商人以外の人々でも仏教を信仰することで、自分の知らないところを見ることができる唯一のパスポートだったわけです。

もしも由来など詳しく知りたい方は下のリンクでご覧ください。

https://www.saikoku33.gr.jp/about/

 

 

今回の旅はこんな感じ。

松尾寺 翌日もお参りしたので計四回目。

 

 

 

成相寺 計五回目。あと一回で終わりです。

 

松尾寺も成相寺も地元大津からは遠く、アクセスも良くないのでなかなか足が向かない。

 

松尾寺だと、電車なら京都の舞鶴と福井の小浜を通るローカル線で最寄り駅に行く。

しかし、駅前は唯一あったローソンも潰れ、タクシーもいない、バスもないという条件の中、寺まで歩けば一時間。

往復二時間という大変なコース。

 

一方、成相寺は最寄り駅を降りると、不便なバスか、天の橋立を突っ切って、ケーブルやバスもしくは山道を徒歩というこれまた大変なコース。

 

どちらも考えるだけでぐったりします。

なのでなかなか行けず後回しになってました。

 

今回は、電車でなくクルマで往復500キロを選択。(これもしんどい)

 

徒歩・自転車・電車・クルマと手段は様々ありますけれど、昔は、徒歩しかないわけです。

それでも押すな押すなの大勢の巡礼があったというのですからすごい話ですよね。

 

さらに修行は続きます。。。

 

 

ご訪問くださってありがとうございます。

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログ。

マスコミにいたので、いろいろなことに興味があっていろいろ書いているのがこのブログの特徴です。着想の資質がくっきりと出ています(笑)。

よかったらまた遊びに来てくださいね。

 

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報 私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!