12カ国語使える人はどんな才能なのか、どんな資質なのか考えてみた

僕のSNSのタイムラインには、ネガティブなものが入らないように循環させている。

前は整理もせずにいたので、まさに混沌としているという状態であった。

鉄のような意志の人なら平気なんでしょうけど、僕は流されやすい傾向があるので意識してやらないとダメなんですね。

人は気持ちがあがるもの見れば、それに反応して自分まで上がってくるから不思議なものです。

気になって取り上げようと思ったのは12カ国語も話せる土産物売りの少年の話。

日本ではありえませんよね。

“12カ国語使える人はどんな才能なのか、どんな資質なのか考えてみた” の続きを読む

迷走中だと気づいたあなたも気づいていないあなたも すぐはじめるべきこと やめるべきこと

皆さんは、人に言われて行動したのだけれど、また別の人からは反対のこと言われたという経験はありませんか?

「もうどっちやねーん!」っていうあれです(笑)。

“迷走中だと気づいたあなたも気づいていないあなたも すぐはじめるべきこと やめるべきこと” の続きを読む

なんか知らんけど気持ちが上る会話ってあるんだねー

海外に出るといつも思うのは、社交能力さと気さくさだろうか?

相手がなんだろうがかんだろうが、とにかく喋る喋る喋る(笑)

こっちもさほど分かってないが、わからんとこは日本語で喋ればいいと行き着いたので、今回かなり面白かった。

正解なんて求められていないわけだから、感じたらいい。それだけかと思う。

どんな話かいくつか挙げると

オランダから来た40代の男性。自転車でアメリカ西海岸を周っているのだそうだ。

しかも三週間。

日本なら、「そんなことしたら。。。」と言われるパターン。

次に、日本に2回来たことがあるという男性。

この方、富士山登るし、ラフティングで四国に来たそうだ。

僕も山も川もやるので、話があったが、四国に川下りって、おおよその日本人は知らないはず。

そして、イギリスの元消防士。

サンフランシスコからニューヨークまで大陸横断を鉄道でし、消防士などグラウンドゼロの犠牲者の慰霊をしにいくらしい。

今回の旅費は息子と娘が出してくれたのだそうだ。

あと、アメリカ中部デンバーに住んでいて、超キャンプ好きの女性。

アウトドアが盛んなコロラド州で自分のカヤックを漕いだり、トレイルをハイキングしたりし、年間30日はキャンプなんだそうだ。

その他、ブラジルからホテルに働きに来ている女の子、三井物産とのビジネスで何度も来日した人、札幌でラーメン食べた人などいろいろ。

一つ共通して言えるのは、みんな人生をオンとオフと区別して楽しんでいること。

日本なら、相談を受ける時はもちろんだけれども、普段の会話からのため息。

あれだけはやめていただきたい。

同じところでぐるぐる回っているだけだと、本当に人生変わらないと思う。

必要なのは、航空券代と少しの勇気(笑)
もちろん航空券を自分の本当にやりたいことに置き換えてもいいだろう。

正解なんてない。

生きてる限り毎日がチャンス。

さあ、今度はあなたが楽しむ番だ!

最後に、別れ際にお互いが交わす言葉で、「よい旅を!」とか「よい日でありますように!」とかあるが、こういうよい言葉も運を引き寄せるようなアクセントになる気がしました。

気持ち悪がられないように気をつけて、やってみたいと思います!(笑)

和尚、花を贈って呼吸困難。


僕がこの人には必要だと思って、お勧めした講座を素直に受けてくれたパワーパートナーに修了おめでとうと言うことで、お花を届けに行った。

5000円、1万の安いやつではない桁が違う講座を素直に信じて受けてくれたことが非常に嬉しかったです。

しかし、社交性の資質がトップ5なので、100名弱の参加者ほぼ、名刺配ったというのはさすが。

社交性17番の僕にはできない芸当。

恐れ入りました。

あと、食欲が無かったのですけど、帰りに1人で京都駅前のたかばし第一旭に寄って、体調を良くしようと特製ラーメンを頼んだのだけれど、咳でまた呼吸困難になって、最後の晩餐になりかけてしまいました。

肺炎の咳と呼吸困難、なかなか厄介です。

社交性✖️コミュニケーション

 

社交性という資質があると、対人関係の壁が取り払われます。

いわゆる、人見知りの人から見たら驚きの立ち振る舞い。

自然な感じで相手の懐にいつの間にか入れる人です。

コミュニケーションの資質は、どのような会話でも平均点以上出せる人。上手に話を展開します。

この社交性とコミュニケーションがあれば、対人関係は鬼に金棒。

人前に立ってのスピーチなどお手のものな組み合わせとなるイメージです。

 

もし、この資質が上位になくても、自分の代わりの資質を使うことで、代用できることも多いので、考えてみるといいかもしれません。