5分で分かる マインドフルネスの歴史 

最近マインドフルネスという言葉をよく聞きます。

仏教がアメリカの中に入り、マインドフルネスと呼ばれるようになったらしい。

そこで、アメリカにどうして仏教や日本の「禅」が伝わったのだろうとすごく気になってきた。

モヤモヤは募るばかりなので、徹底的に調べてみました。

なにせ僕は比叡山延暦寺の門前町で育ち、学校も延暦寺関係で高校まで過ごした。

仏教はいわば物心つく前から触れていた空気のような自然なもの。

その仏教から変化したマインドフルネスは、スティーブ・ジョブズのアップルやグーグルなど世界的な会社でも取り入れられている。

もはや他人事ではないという気持ちがあります。

それでは、早速見ていきましょう。

“5分で分かる マインドフルネスの歴史 ” の続きを読む

60年代の若者をリードしたアラン・ワッツ ステイーブジョブズにつながる西海岸の自由な空気を作った人 あなたは知っているか?

あなたはアラン・ワッツという思想家、哲学者をご存知でしょうか?

60年代と言えばアメリカはベトナム戦争に関わっていた頃。

そんな空気の中で、当時の反戦的な世論を牽引していたのが彼だったのです。

“60年代の若者をリードしたアラン・ワッツ ステイーブジョブズにつながる西海岸の自由な空気を作った人 あなたは知っているか?” の続きを読む