思い込みを乗り越え世界を正しく見る習慣をつけるにはやはり読書か行動か

ファクトフルネスという本が売れているそうですが、要は自分の好きな情報にしか触れていないので、突然話を振られても一体何が正しいか分からなくなるそんな世の中。

この本はその反動のような気がしています。

やはり、読書や自分の目で確かめるということが大事になってくると再認識。

そこで人はどれだけ本を読んでいるのかを調べたデータがありました。文化庁が調査したものなのですけれど、実におもしろい。

一緒に見ていきましょう。

“思い込みを乗り越え世界を正しく見る習慣をつけるにはやはり読書か行動か” の続きを読む

60年代の若者をリードしたアラン・ワッツ ステイーブジョブズにつながる西海岸の自由な空気を作った人 あなたは知っているか?

あなたはアラン・ワッツという思想家、哲学者をご存知でしょうか?

60年代と言えばアメリカはベトナム戦争に関わっていた頃。

そんな空気の中で、当時の反戦的な世論を牽引していたのが彼だったのです。

“60年代の若者をリードしたアラン・ワッツ ステイーブジョブズにつながる西海岸の自由な空気を作った人 あなたは知っているか?” の続きを読む