東京 小伝馬町 吉田松陰終焉の地を訪問 享年30歳

明治以降の日本は、もしかすると吉田松陰の筋書き通りにあるのかもしれません。

松下村塾の塾生は、明治維新のあと何人もが首相となり松陰が獄で書いた構想をそのまま実行していきます。

本を読み、松陰とその周りの人がどう考えたか、知れば知るほど興味深いものがあります。

萩の松下村塾や黒船密航の伊豆下田も行きましたが、本で読むだけでなく、現地で感じるというのはまた深いものがあります。

そして、松陰最後の場所、安政の大獄で刑死する場所も感じてみたいと、ちょうど用事で東京に行くことがあったので行ってきました。

“東京 小伝馬町 吉田松陰終焉の地を訪問 享年30歳” の続きを読む