大津市が一望 信長の本気の合戦のための城も築かれた宇佐山城と 宇佐八幡宮

大津市に宇佐山という山があります。

そこに宇佐八幡宮があると知って参拝。

宇佐八幡と言えば九州の海の守護神なんです。

どうして海の神様を連れてきたのでしょうね。

また、時代は進み戦国時代。

宇佐山は、織田信長の近江攻略の前線基地のようなものであって、場所的には京都も、大津もにらみを効かせられるところ。

かつては天智天皇の大津京、今の近江神宮が麓にあり、昔から重要な場所であったのであろうことが伺い知ることができます。

そういう場所というイメージを持っていただいて、続きを御覧ください。

“大津市が一望 信長の本気の合戦のための城も築かれた宇佐山城と 宇佐八幡宮” の続きを読む

明智光秀も拝んだ!? 山王総本宮日吉大社 地元目線でご紹介

いよいよ大河ドラマの「麒麟がくる」始まります。

明智光秀の居城坂本城のあった地元としては、とても興奮しています。

私も二つもボランティアに入って微力ながらお手伝いさせていただいております。

そんな坂本ですけど、毎日ウォーキングで行っている日吉大社をご紹介。

他にもいろいろ紹介されていますので、私が、いつも気持ちいいなと思っている周り方をお伝えしたいと思います。

“明智光秀も拝んだ!? 山王総本宮日吉大社 地元目線でご紹介” の続きを読む

関ヶ原の前哨戦 大津城籠城 毛利立花約2万人対戦国最弱京極高次3000人

日本で一番大きな湖のある滋賀県。

歴史を見るといろいろなお城が思い浮かびます。

今あるのでは、ひこにゃんも有名な国宝彦根城は何と言っても外せませんよね。

でも、この彦根城は大津にあったお城の材料を用いて建てられたお城だと言われています。

見ていきましょう。

“関ヶ原の前哨戦 大津城籠城 毛利立花約2万人対戦国最弱京極高次3000人” の続きを読む