今年8ヶ月で引いたおみくじ多分40回の結果発表とおみくじ源流比叡山元三大師堂をご紹介

今年はこれまででおみくじを30回数えてみたら引いていた。

実は、僕の地元はおみくじの発祥地でもあるのです。

観光ガイドもやっていて、それに気づいて、それじゃとばかりに各地でも引いてみています。

今回はそもそもおみくじはどういうものか、ということや、8月までの引いたおみくじの種類などご紹介したいと思います。

“今年8ヶ月で引いたおみくじ多分40回の結果発表とおみくじ源流比叡山元三大師堂をご紹介” の続きを読む

信濃国一の宮 諏訪大社 太古から続く諏訪の誇り

呼ばれて来ました諏訪大社。

正確には、歴史を知り、各地が結びついていたことを知ると、この目で見たくなるのだと思います。

わたくしの誕生日3月31日の前後を取材で訪れました。

今回で2019年5月以来2回目。

武田信玄に愛されたが、織田信長に焼かれ全て失う。

それでも諏訪の人々を今なお御柱祭の熱狂に導く古社。

さっそくご紹介しよう。

“信濃国一の宮 諏訪大社 太古から続く諏訪の誇り” の続きを読む

平安京の貴公子 光源氏のモデル 源融がご祭神 融神社 滋賀県大津市

今回は通りかかってたまたま知った融神社をご紹介。

ここは紫式部が書いたとされる源氏物語の源融公がご祭神。

僕自身も源氏物語とは縁が深く、宇治の源氏物語ミュージアムの館内で放映されている「橋姫」の映画は撮影に加わっております。

ここは、大津市から京都に抜ける山の中を通る道があるので、よく利用するのですが、気になりつつも、源氏物語と縁があるとはつゆ知らず、今回ようやく呼ばれたような気がしました。

“平安京の貴公子 光源氏のモデル 源融がご祭神 融神社 滋賀県大津市” の続きを読む

尚徳諏訪神社 祭神は福の神大国主の息子たち ご利益は生産開発の神として開運招福

京都駅から10分程度の距離の神社。

長野県の諏訪大社の御祭神 建御名方神(たけみなかたのかみ)と八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)をお祀りされています。

京都で諏訪大社の御祭神を拝めるのですね。

“尚徳諏訪神社 祭神は福の神大国主の息子たち ご利益は生産開発の神として開運招福” の続きを読む