「夢中にさせるもの」ー牧場経営者 エリザベス・ポエット

 

patagonia短編映画シリーズ

「夢中にさせるもの」ー牧場経営者 エリザベス・ポエット

 

 

この牧場を変えなければならないというプレッシャーはありません

私は頑固なのでむしろ少しも変えたいと思いません

自分の子供そして孫たちに、いまと同じ牧場の姿を見せたいんです。

でも同時に牧場はあちこちでなくなっています

 

ランチョ・サンブリアンはスペイン領の払い下げの土地を1837年に7代前の先祖が譲り受けたものです。

大学卒業後、一度全く違う生活がしたくて、牧場で育った私はニューヨークに行きました。

でも、いつもこころのどこかでここに戻ってきたいと思っていました。

頻繁に牧場に訪れるようになり、父や夫のオースティンを手伝ううちに

こんなすばらしい牛を育てているのだから、自分たちでビーフを売ったら

どうかと思いついたのです。

 

もともと食べ物に対してはこだわりがあります。

自分が食べるものについてはきちんと把握したいし、特に肉はその産地を知ることが重要だと思います。

ファーマーズマーケットならホルモンや抗生物質を投与されていない牛肉を買うことができます。

牧場で生まれ育ったものです。

お客さんに牧場の歴史や牧場主について知ってもらえるのはとてもうれしいことです。

 

牧場では牛と羊を飼っています。

これまでに干ばつや洪水侵食もあったし牧場ではいろいろなことが起こりますが、大切なのは牧場を守り、家族を守り、この土地のために最善を尽くすことです。

この辺りの牧場では牛を移動させるのに、四輪バギーではなくを使います。

よくカウボーイは絶滅しかけていると言われますが、ここの人たちはカウボーイ精神や牧場、そして環境を維持させようと強く思っています。

 

牛を使ったり動物を使ったりして働くことは、多くの人にとっては古い習わしで、「もう馬に乗る人なんていない投げ縄の仕方なんて知らない」というぐらい古い伝統ですが、ここではいまも健在です。

 

間違いなく家族経営の小さな牧場は、家族や隣人や隣接する牧場の協力がなければ存続できません。

みんなで助け合っているんです。

もちろんきれいな仕事ではありません。

農場や牧場で働く労働者なんです。

 

幼いうちから土地の大切さを教えれば教えるほど、子どもたちはそれを理解し、より頑固に私のように育つのだと思います。

 

 

あえてリスクを背負う。それが未来を楽しむ鍵。

 

成功者から学ぼう:フェイスブック創設者 マーク・ザッカーバーグ

 

今後20年の楽しみはなんですか?

 

フェイスブックだけではなく、世界中でどんな変化が待ち受けているでしょうか?

 

僕たちは今後10年の予想を元に、3つの期待に焦点を当てることにしました。

 

一つは世界中の人々をインターネットでつなげることです。

 

現在、大半はその環境が整っていません。

 

私たちが直面する問題を解決するには、世界中の人々が協力し合うこと

 

人種、国家を超えたつながりが絶対条件になります。

 

世界中の人々の為にもその環境づくりは大きなカギになります。

 

そして2つ目は、AIです。

 

なぜならAIは計り知れない可能性を持っているからです。

 

フェイスブックでも人々がより親交を深められるように

 

また、つながりを向上させるためにはAIは欠かせません。

 

僕が開発、発展させているAI技術というのは

 

病院患者の診断をするAIや、最良の治療法を探すAIとまったく同じなんです。

 

命を救うという意味では、自動走行車もその応用です。

 

そして最後にひとつ、大きな変化をもたらすものは。。

 

バーチャルリアリティー(仮想現実)とアーギュメントリアリティー(拡張現実)です。

 

それらは人々の想像力を刺激し、他人の体験に深く共感できるようになるはずです。

 

 

 

今を生きる若者へのメッセージ:

 

刻々と世界が変化する中、リスクをとらないこと

 

それが大きなリスクとなります。

 

現状維持に甘え、変化を恐れると間違いなく失敗します。

 

そのため、リスクをあえて背負うことそれは正しい判断だと思います。

 

私はそう信じています。

 

 

 

 

 

 

自分の直感を本気で信じる

 

成功者から学ぼう:アリババグループの創業者 ジャック・マー

 

裕福な家庭ではなかった。

大学に3回受験し失敗

ハーバードに10回申請したが全て落ちた。

最終的に、教師育成学校に行くことにした。

それも3流か4流のだ。

就職活動。

30回は断られた。

常にイライラしてた!

何故か。

月給が10ドルの大学講師の仕事しか決まらなかったからだ

他にましな仕事はなかった。

1994年、インターネットに出会った。

しかし周りの友人たちはこれに未来を感じていなかった。

その時はあきれたよ。

頭が良い方ではなく

誰も僕に期待していなかった。

ただ理想論を語るバカ野郎と思われていた。

3ヶ月かけて銀行から3000ドル借りようとしたが失敗

30人以上の投資家にも断られた。

アリババは醜いビジネスモデルだと言われたが僕が信じ続けた

ここまで大きくなるとは思わなかったけど

常に信じていた

実現させるために頑張った

結果、アリババは50000ドルの融資を受け起業した。

最初の3年の収益は1ドルにも満たなかった。

大変だった。

それでも前に進めたのは顧客たちからの感謝のメール

「これはすばらしい!」

「助かりました!」

「きっと成功します!」などがあったからです。

少しずつ会社を大きくし基盤を作り上げて16年の月日が経ち

アリババグループ

Tモールグループ

タオバオグループ

そしてアリペイができ

人々から「頭良いね」と言われるようになりました。

ビル・ゲイツ

ウォーレン・バフェット

ジャック・ウェルチ

ラリー・ペイジ

マーク・ザッカーバーグ

彼らと他の人々の違いは未来に対して肯定的であり

文句を垂らさずに周りの問題解決に励んでいます

肯定的でいるとチャンスが見えてくる

無いものに集中して文句を言う人がいるが

僕たちは歴史に残る瞬間にいるんだ

そして「若さ」は資産だ

文句は他人に言わせてればいい

他人の文句にチャンスが潜んでいたりするんだ

そこに目をつけ、考え行動に移す

素晴らしいアイデアを持つ若者にいつも出会うが皆行動に移さない

起業家は常に先に動く

皆よりに起き

勇敢に生きる

直感をたどって人々が求めているものを感じるんだ。

誰にでも等しく明日はやってくる

行動に移し

決めるんだ

友達、家族、周りがなんと言おうと

関係ない

自分を信じ、チームを信じ

全力を出し切ると何かが見えてくる

ミスもしていい

立ち上がればいいんだ

失敗から得るものは宝だ

お金を追うな、お金は人についていき

人はを追うべきなんだ

夢に向かって突き進むんだ

誰も世界を支配なんてできない

ただ、仕えることはできる

他人の夢のために働くのか

自分の夢のために働くのか

もし自分のために働くと決める時

社会のことも視野に入れるんだ

何故なら周りが喜び社会が繁栄している時

幸せを感じることができる

 

 

「今」がどれほど大事かみなさんにお伝えします。

 

 

私たちは誰もが0歳からスタートします。

 

生まれ、幼少期、そして青年期へと向かいます。

 

そして、人によりますが20歳前後で仕事を始めます。

 

以後働いて、働いて働いて働いて働いての人生が続きます。

 

およそ65歳前後まで続きます。

 

 

これ、図で見ると分かりますけど、仕事しているのは人生の大半なんですね。

 

 

つまり、ものすごく大切だっていうことです。

 

 

この大半の時間をあなたが好きだと思うことに使えたなら

 

人生を通してよかったなと思えるはずなのです。

 

 

この20歳前後から65歳前後の時間、あなたはどう考えていますか?

 

 

ため息を吐き続け、週末だけを見て過ごす時間にすべきじゃないんです。

 

 

そしてただ乗り切ったらいいやとか、リタイヤするまでの待てばいいやというものではないのです。

 

一度過ぎ去った時間は、戻ってはこないのです。

 

ここすごく大事なとこなのですけど、分かりますか?

 

 

給料に文句言いながらあなたが働いているのだとしたら

 

あなたの人生をあなた自身が変える必要があるのです。

 

 

なぜなら、私たちは今生きてますけど、死んだら何も言えやしないから。

 

きっと、これについてはいろんな意見があるでしょう。

 

しかし、僕が伝えたいのは、一度きりの人生。無駄にするな自分で作り上げろということ。

 

あなたは、あなたの人生が幸せか、自分自身に聞いてみてください。

 

私たちの命は永遠ではありません。

 

 

ちなみに、この話はみんなを怖がらせようというつもりは全くない。

 

ただ、みんなをやる気に、自分で人生を作り上げる気にさせたいんだ。

 

あなたがずっと幼い頃から何をしたかったのかを思い出してほしい。

 

今こそ、その時だよ。

 

追い求めよう! あなたには失うものなんてないんだ。

 

生まれてから死ぬまでの全ての時間やりつづけよう。

 

それが、人生を意味付け、特別なものにし、生きがいにつながるのです。

 

 

変化を求めないことそれが何よりも危険だ

 

成功者から学ぼう・アマゾン創設者:ジェフ・ベゾス

 

 

私たち、人間の素晴らしいところは、常に問題を解決し続ける点です。

 

起業家や発明家などは、好奇心と情熱でもって現状に満足することなく常に問題解決に取り組みます。

 

アマゾンで常に伝えている批判に対する心得があります。

 

批判をされた時まず鏡を見つめ。その批判は正しいか判断すること。

 

それが正しいなら解決するんです。

 

「批判されることはない」そう思うことは繊細すぎるんです。

 

挑戦と批判は、表裏一体です。

 

画期的なことに取り組む時、批判や誤解を受け入れる覚悟がないならそもそも始めないほうがいい。

 

人生の終わりに人がよく後悔するのは、失敗したこと自体ではなく、挑戦しなかったことに後悔するんです。

 

人生の意義を満たせないことが後悔に繋がるのです。

 

それは仕事だけではありません。

 

例えば、好きな人に想いを伝えられなかったこと。

勇気を出せなかったこと。

行動に移せなかったこと。

 

そういったものが人生を振り返った時に深くに刺さります。

しかし、運のいいことに、

私の周りには愛を持って背中を押してくれる人たちがいました。

 

「ワークライフバランス」についてよく語ります。

 

幸せな私生活を送っていたら幸福感を持って仕事に励めます。

そして仕事が最高になれば、家に帰ってもまた最高なんです。

 

バランスを取るものではなく循環するものなんです。

 

それは誰でも、助け合えばできるはずです。

 

あなたの会社にもみんなのテンションを下げるやついませんか?

雰囲気悪くしちゃう人

 

そんな人にはなりたくないでしょ!?

 

皆さんは元気を与える人になってください。

 

https://youtu.be/-1zdLorHy-Y

 

 

 

 

 

 

永遠のベータ版(未完成品)という生き方

 

 

徳川家康が祀られている日光東照宮には陽明門という国宝の建物があります。

その建物はわざと未完成にしてあると言うのです。

http://www.toshogu.jp  日光東照宮

 

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」を体現するような人生を歩んだ徳川家康。

人はできた!と思った瞬間から学ぶことを忘れ、駄目になっていくという姿を数多く見てきたからでしょうか、わざと工夫を凝らして後世に伝えているのですね。

 

また、作家の宮沢賢治も「永遠の未完成これ完成なり」との言葉を残しています。

https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/63_miyazawa/motto.html

NHKの100分で名著のサイト

 

さらに今に目を移しても、SNS「LinkedIn」の創業者で会長のリード・ホフマン氏は、ITの世界だけでなく、自分のキャリアについても、いつまでも変化しつづける「永遠のベータ版(未完成品)」ととらえることが大切だそうです。以下は同士の言葉。

 

「様々な人と交流することで、自分の強みを再確認すると同時に、自分に足りない要素や成長の余地も見えてきて、自分がまだまだ未完成であることに気づくはず。なぜなら私たち起業家には『完成』は禁句なのですから。むしろ私たちは永遠に未完成のβ版でなくてはなりません。自分自身を『永遠のβ版』と位置づけ、常に動き、学び、成長し続けるべきなのです」

 

「学び続けろ。終わりだと思うな」

 

徳川家康も言う、宮沢賢治も言う、リード・ホフマンも言う。

 

全然古くない永遠のテーマなのでしょうね。

 

人でも企業でも国でも、人として生きる上では、大事な心構えと言えるかもしれません。

 

 

 

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

何か感じて貰えれば嬉しいですし、共感していただければSNSなどで拡散お願いします。

重要なのは思うだけではなく行動すること。その行動が未来に続くのだと確信しています。

ワークライフバランス

 

 

僕はびわこのほとりで農業を少しやっている。

 

地球規模から考えると農業をさせてもらっているのが正しい言い方かもしれません。

 

日々草を刈る場所は草を刈り、除草する場所は除草剤も使う。水を管理し、土や泥とまみれることもままある。

 

いつも感じるのは、しんどいというより幸福感が大きい。

 

以前は、面倒だと思っていたことが、やってみると違ったのだ。

 

川からのきれいな水を満たした田んぼに素足を入れているとなんとも心地いいし

 

 

野菜が植えてある畑で、草をとる作業も土をさわる行為がなんとも心地いい。

 

頭では気づいていなかったが、体感したことにより気づいたわけだ。

 

気づいたというよりも、思い出したというほうが正しいかもしれません。

 

幼い頃に公園や野山で土に触れた感覚だ。

 

土というよりも、地球に触れているということなのだろう。

 ​​母なる地球に生まれたぼくは、そこに心地よさを感じるわけだ。

​​ 

このような幸福感を生活で感じることが大事なことのような気が最近しています。

 

以前の始発終電。時には泊まり込みのテレビ番組の仕事。

 

そして、社労士、テレビ制作、労働基準監督署の3つの仕事の掛け持ち。

 

こなしていただけで、幸せでなかったのだと思います。

 

盲目的にいるときは、それら全てが気づかないのです。

 

でも、人はいつからでもどこからでも変われます。

 

僕のように頭では気づいていなかったが、体感したことにより気づくこともあるのです。

 

要はあなたが変わると決めること。

 

決めていないから、変わらないのです。

 

これから気候もいいので、是非外に出ましょう。

 

出て体感しましょう。

 

 

 

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

何か感じて貰えれば嬉しいですし、共感していただければSNSなどで拡散お願いします。

重要なのは思うだけではなく行動すること。その行動が未来に続くのだと確信しています。

 

 

 

 

 

 

北朝鮮とアメリカの会談のかけ引きを見ていると

 

どうも我が国の幕末が頭によぎります。

 

アメリカが開国を迫る図に見えるのです(笑)

こないだ下田に行って、資料館などで知識を仕入れてきたので余計そうなのかもしれませんね。

 

政治的な話はしませんが、歴史の話をすると

 

今の歴史は、徳川幕府は敗者扱いにしているので、ペリーなど諸外国におどされて開国したとなっていますが、真実は全く違ったのです。

 

おどろきでした。

 

 

このアメリカに対する日本の交渉役は、昌平坂学問所の長である林大学頭が当たりました。

 

この林大学頭が実は凄い人なのです。

 

昌平坂学問所の塾頭というと、徳川幕府の最高頭脳にあたる役職で、日本一のキレ者が就くものでした。

 

したがって、ペリーが恫喝しようが、どうあがいても所詮アメリカの将校に過ぎない人物、キレキレの林大学頭がペリーをガンガン論破していくわけです。

 

 

これは記録にも残っているので、間違いないものなのですが、日本は開国はしたが、多くの条件というのをものすごく細かに逆にアメリカに突きつけたところまでもっていったということでした。

 

徳川は弱腰ではなかったのですねぇ。

 

もし詳しく知りたいという方は、下田市の黒船ミュージアムはじめ、市内にはさまざまな資料が残されていますので、是非自分の目で確かめに行かれることをオススメいたします!

 

黒船ミュージアム http://www.mobskurofune.com

伊豆下田観光協会公式サイト http://shimoda-city.info/tourism/

NHKBS歴史館 https://youtu.be/U8t6goXeetA

 

そんなの常識

労働基準監督署にいた時から割と頻出ワードが「そんなの常識」だ。

労働者使用者互いの思いを込めて主張されているのを記憶している。

また、日常でもまま聞こえてくるフレーズでもあります。

そこで、今更ながら思いついたのが、世界地図の上に、行ったところを示してもらい、線で繋ぐ。

あなたの常識とはどこからどこまで。

まさにその人の常識の範囲が浮かび上がるわけだ

 

参考として、これは私の常識の範囲。

 

対して広くもないなと再確認できましたね。

日常の工夫ってされてますか?

 

先週末に姫路えびす大学に参加させていただいた。

(えびす大学は中国思想の集大成陽明学をみんなで学ぼうという会で、いかに人生を過ごすかという点においてはポジティブ心理学にもあたると僕は考えています。)

https://www.yomeigaku.net/講座-セミナー/えびす大学/#kitijouji (←全国で開催中)

僕も近江えびす大学を世話人として滋賀で場を設けさせていただいているのものを、姫路で受講者として参加させていただく形だ。

なぜ、わざわざ姫路に行くかというと、場所も人も変わればまた違う気づきがあるからであります。

これは、陽明学に限らず、昔からどこにでも学びに行こうとする習性があるので、今に始まったことではありません。

ブレインストーミングというアイデア出しの手法でも、大胆にアイデアを出したほうがいいものが出やすいといいますが、行動もしかりで、成功は移動距離に比例しているような気がしていて、僕も真似をし続けている感じです。

これは僕なりの日常の工夫と言えるものかもしれませんね。

みなさんは、日々生きる上で何か工夫とかされてますでしょうか?
 

私達って、自由に使えるものといったら、時間なんですよね。

これをどう使うかで、徐々に目に見える違いとなって人生に現れてくるのではないでしょうか?

僕も痛感してますけど、人は気を抜くとボーッと過ごしてしまうものです。

なので、長いようで短い人生のポイントは、いかに工夫して時を過ごすかかも知れないなぁ。最近はそんなこと考えています。