ついに「自然を愛する者の楽園」Big Surへ

 

7月12日。

「自然を愛する者の楽園」

 

世界的ガイドブックであるロンリープラネットはBig Surのことをそのように評している。

 

サンフランシスコ国際空港から降りた僕がレンタカーで向かうのはここ。

 

なぜここなのか?

 

ここには日本人にはあまり知られていないけれど、パワースポット的にもすごいところなのです。

 

 

 

 

 

https://www.lonelyplanet.com/usa/california/big-sur

 

 

 

280キロというと大阪から尾道、大津から那智勝浦、東京だと豊橋までの距離。

 

前もって調べていきましたが渋滞もあり、もう、こんな時間じゃ全然いけないという感じでした(笑)。

 

僕がここを見つけたのは、アメリカの西海岸、シリコンバレーの人たちは心とどのように向き合っているのかを探している時でした。

 

西海岸は、アメリカの中でも新しいものを取り入れて革新的な場所と言われてますが、心は行動のエンジンなわけで、世界的な行動の裏にはなにか心を整える秘密があるのかなと考えました。

 

ちなみに、シリコンバレーの有名企業としてアドビシステムズ、AMD、アップル、ebay、グーグル、ヒューレット・パッカード、インテル、Facebook、オラクル、ヤフー、ペイパル、シスコシステムズ、エレクトロニック・アーツ、エヌビディア、ツイッターなどなど。

 

サン・フランシスコから南に、この企業群を車で流し見しながら南へ向かいます。

 

 

シリコンバレーの紹介ビデオ

 

 

ちなみに旅行会社のHISがこんなツアーを180ドルでやってるみたいです。きっとニーズがあるのでしょうね。

 

https://activities.his-j.com/TourLeaf/SFO0152.htm

 

 

そして、これらの企業がスタンフォード大を囲むようにあって優秀な人材を世界から集めてきている。

 

知と産業が一体となっているのです。

 

 

スタンフォードはしっかり見たいので、寄り道です。

 

 

世界最大級の大学スタンフォード。とても歩いてはまわれません。

 

 

中央芝生。僕の母校の関学と雰囲気似てるが、数倍広いデカイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由な雰囲気をすごく感じました。

 

 

大学を卒業した学生は、ステーブジョブズ、マーク・ザッカーバーグなどの先輩がそうしたように起業したり、勤めたりするわけだが、太陽が明るく降り注ぐ気候もあり、キャリアとか人生についてもポジティブなんだろうな。

 

 

日本のように人の目を見て生きてるのではないなと感じた(笑)

 

 

 

 

 

さらに南へ

 

 

渋滞やらで遠い遠い。天気も怪しくなって、以降霧もたちこめてきます。

 

 

 

結局午後8時に宿に到着。BigsurはWifi電波届かないので注意です。調べ物は宿のWifiが頼り。カーナビもWifiタイプは気をつけたほうがいいですね。

 

 

http://www.lucialodge.com

 

Bigsurはホテルがない。安くても1泊3万はするので、安くあげようとキャンピングカーで旅行するのが一般的な感じがしました。

 

 

 

外はスゴい霧。テレビもありません。ここは現実の世界とは隔絶された地。

自然と向き合い、自分を見つめる場なのですね。

 

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

ロスアンゼルスからサンフランシスコへ

7月12日。

 

ロスで乗り換え。

 

昔、撮影の先輩が「わし、ラス行ってきたんや!」と言っていたのを思い出す。

 

僕がアメリカに入国したのは、9.11の時以来。

 

前は、もっとのんびりしていた感じだった記憶だけど、めちゃめちゃ入国は並ばされて面倒。ロサンゼルスで乗り換え時間に暇するかと思ったけれど、乗り換えターミナルに移動したり、手荷物検査でまた並んだりで、さほど時間はあまりませんでした。

 

 

1860年勝海舟が咸臨丸でひと月かけて日本から航海したサンフランシスコに一日で日本から着き、南から北へ、西海岸に沿って北上します。

 

 

 

長時間乗ってきて、午後3時にサンフランシスコに着いて、そこから250キロ。距離で言うと大津とか京都から和歌山の最南端まで車を走らせることになっているので、多少やりすぎたかと後悔半分。

 

 

ようやくサンフランシスコに到着。

 

 

ちなみに幕末当時のサンフランシスコの地図らしいのですが、咸臨丸が到着したのは9番埠頭。地図で言うと右側の真ん中ぐらいのところに錨をおろしたのだそうです。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

 

都会に出て息が詰まったので,自分を確認した日

 

一昨日は大阪、昨日は東京。

 

大勢の人と話をしましたが、人というものは、すぐにレッテルを貼りたがるもので、決めつけようとするなと改めて感じました。

 

あなたはこうでしょ?ああでしょ?という具合。

 

たとえば僕がテレビの仕事をしていたというと、自分の勝手なイメージ

 

社会保険労務士の資格があるというと、自分の勝手なイメージ

 

ストレングスコーチだというと、自分の勝手なイメージ

 

登山をやっていたというと、自分の勝手なイメージ

 

バックパッカーだというと、自分の勝手なイメージ

 

 

まあ、面倒くさくて、いちいちその解説に付き合ってはいられません(笑)

 

これ、自分で自分のことを内省しきれていないと、他の人のイメージを自分の頭に刷り込んでしまい不自然な生き方になるので注意が必要かなと思います。

 

僕の場合は、20年もの間テレビの仕事で全国のさまざまな人との出会いから人に関心を抱き、社労士の資格を取得。

 

労働局の仕事を、社労士やテレビの仕事をしつつ8年もやり、延べ1万以上の人の働き方に関わってきましたが、中小企業というものは、バブル崩壊やリーマンショックで疲弊し、幸せな働き方を追求できていない様子を見てきた中で、コーチングと関わり自分の役割を見つけたわけです。

 

なので、メディア人、社労士や世界中を歩いてきたバックパッカー、死にそうになった登山など総じて自分なわけなのです。

 

 

なので正直、勝手に社労士さんですねと、持論を展開されると超気分が悪い(笑)。

 

まだ、プロコーチのほうがもやもやしないので、最近はこっちを使うようにしているのです。

 

要は、自分は何者かを過去の点と点を繋げると、今の自分が浮かび上がってくるので、自分自身を見つめ直すには今だけでなく、過去もヒントにするといいと考えています。

 

また、他者理解についても、勝手なレッテル貼りをせずに、傾聴によって相手の味や強みを引き出せればいいなぁとも併せて考えています。

 

 

そんなことを考えながら、いい空気を吸いに少し外へ。

 

 

 

 

僕のうちから30分も車を走らせれば、京都の大原。

 

自分の強みは、ロケでいいところをめちゃめちゃ知っているというところ。

 

 

 

 

 

 

 

紫蘇の畑があり、清流も流れ、緑豊かな場所です。

 

 

 

 

天台宗の名刹大原三千院もあり、このような場に立つと、偽りの自分の仮面も剥がれるのではないかと考えています。

 

 

 

 

単なる卵かけめしでも、ひと味違うなぁと感じました。

 

良い環境に身を置くとパワースポットなので、場の力を貰えますし、良い食事をすると食からも力を貰えます。

 

 

 

もちろん、このような場所でのコーチングも個別案件で対応させていただきますのでご相談ください。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

ポジテイブ心理学の父に会う

 

ポジティブ心理学の父マーティン・セリグマン氏が来日されるということを聞いて、お友達から有り難いお誘いを受けましたので東京渋谷へ。

 

Gallup社のストレングス・ファインダーを作ったドンクリフトンがポジテイブ心理学の祖父と言われていて、ドンクリフトン博士の膨大なデータを活用したのがペンシルバニア大学のセリグマン氏という関係性です。

 

 

 

参加者は、医者、臨床心理士、人事担当、経営者という感じでした。

 

数十人単位で同じ会社からの研修という位置づけできていたり、

普段からコーチングも会社が受けさせてくれるとか、

世の中そんな会社もあるんだなぁと少し感動。

労働局勤務時代に、事業所訪問で調査していましたが、まあ大抵が何も教育訓練できていません。

上の企業の例も、数万人いる規模の会社の話で、9割の日本の中小零細はほとんどが研修もOJTぐらいなものなので、企業間格差がものすごいのだなと改めて思いました。

 

これを言うと、大企業しか関わってきていない人は、信じられないと言われますが、大企業が信じれれないくらい恵まれていると考えています。

 

 

 

内容としては、医者や臨床心理士の学術的な話を聞きたいというニーズを満たした博士の講演が半分、あとは参加者のテーブルや全体でのワークが半分でした。

 

聞いている感じでは、ギャラップや書籍などでなんとなくでも知っているなと思うものでしたが、一度セリグマン博士にはお会いしたかったのですごくいいタイミングで受講できました。

 

日本人は世界でも所得が多いにもかかわらず、幸福だと感じる割合が世界の中で低いというデータがあるのですが、やはり自分とか他人の心について考えている割合が他国に比べて少ないかと思っていて、

 

「私はこのままでいいの」、「私は変わりたくない」などの声もよく聞きます。

 

他国がどんどんキャリアチェンジしていくのを是としているのに、日本では自分を押し殺してキャリアチェンジを非とする傾向がある。

 

その割に、自殺者が年間4万人もいるわけですから、予備軍の数も含めると変われない閉塞感の中にいることは、自然なことではないので、変わってはいけないという暗示を解くことの必要性も感じています。

 

 

今回ポジテイブ心理学について再確認し、改めて、自分がストレングス・ファインダーコーチとして、人の強みにフォーカスし、自己肯定感を高めるように注力し、はたらく人の幸せに関わりたいなぁと強く思いました。

 

今は東京でしか、このような情報にふれる機会は少ないわけですが、地方にいる者として、有益な情報の提供者でありたいと思います。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

世の中はいろんな人がいておもしろい

 

こないだ、ウォーレン・バフェットの会社に行った話を書きました。

 

松下幸之助は生涯で5兆円の財を築いたわけですが、

バフェットは8兆円なので、どれだけすごいかおわかりになるかと思います。

まあ、バフェット詣でなるものが、いろいろサイト見てたらありますので、探していただいたらいいかと思うのですが、まあ、ここまで本当に行くような人はまあ少ないかと思います。

大体、世の中の人は、何々したいとはいいますが、ほとんどが未完におわるものです。

僕の周辺でも行ったとは聞いたことがありませんでした。

しかし、僕は会社の正面に立っただけですけど、

今日聞いたのは、ザッカーバーグに実際に会った。アメリカで個別に会ったという人に会ってびっくりしました。

最近、関わる人の層を、意識的に変えることを試していますが、

僕としてもワクワクするようなことをしてる人に結構遭遇することが増えていて、おもしろくなってきた感じです。

要は、自分が変化を起こしたければ、待っているのではなくて自分からいろいろ行動してみる。

すると、化学変化も起こるのではないかと思うのですね。

さて、次はなにが起こるやら(笑)

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

新しい自分を見つけてみよう(伊丹・羽田・ロスアンゼルス編)

 

2018年7月12日。曇り空の伊丹空港。

 

この翌日からスーパー猛暑に入ったのですね。

 

さて

 

久々の海外。10年ぶりだ。

 

昔は永遠のバックパッカーと思っていたが、9.11の時にグラウンド・ゼロをこの目で見て双六で言う「あがり」だと自己確信したので、以来足は遠のいていた。

 

まさか、自分の行くときにそんなことがあるとは思わないので、何かの因縁を感じました。

 

今まで全部で30カ国ほど行っているけど、アメリカは今回が2回目。

 

「えっ!?」と少ないですねと言われるのですが、要は昔から他人と同じことはしたくない性分なのです。

 

 

しかし、海外久々すぎて、時代がすごく進化していて、飛行機のチェックインがアプリでできたり、浦島太郎の気分でした。

 

まず、当初の目的地サンフランシスコへは伊丹から羽田、ロサンゼルスと乗り継ぎをする。

 

昔から、いろんなとこに出かけているので、このくらいの乗り換えなどなんでもない。

 

なんでも見てやろうがベースにあるので、旅はスローな方がいいのです(笑)。

 

羽田でドルへの両替とアメリカで使うWifiのレンタル手続きしていてのんびりしていて

 

ANAからDeltaに乗り換えるのに、荷物を預けようとカウンターに行ったら、「最終のご案内は終わったのです」と言われ少しあせる。

 

まあ、それでも問題はなく搭乗口に行くと、他の乗客も並んでいる状態でした。

 

 

まず、座席について機内誌を見るとオアフの文字。

 

ハワイは、まだ、行ったことがない。

 

繰り返しますけど、みんなが行くところは後回しで生きてきたので、これから行くのですw

 

しかし、この「旅」に関するものは間違いなく僕のスイッチだと確信。

 

当たり前だと思うかもしれないけれど、人の感覚は3300万人に一人しか同じではないとGallupの調査でもあるし、何の興味も示さないという人もいる。

 

自分のスイッチが何なのかを是非、見つけて利用していただきたいと思います。

 

 

しかし、飛行機の外の景色は最高です。

 

スキューバダイビングをしている時に感じる無音状態と同じで

 

どこまでもどこまでも深く瞑想する。

 

自分の心はどうしたいのか?

 

自分の行動は正しいのか?

 

https://youtu.be/raRiNTVQI74

 

いつも思うのですけど、ストレングス・ファインダーはじめ世の中にはいろんな検査、調査、手法ありますけれど

 

何してるかと言えば、今の自分の状態を可視化してくれてたりするだけなので、要は、そこからどう行動するかが一番大事だと思うのです。

 

正解は常に自分の中にあるけれど、普段の生活のなかでさまざまなノイズにより心の声が聞こえなくなってしまっている。

 

それをきちんと聞けるようになれば、自分に向き合えるようになればあとは自走していけるのだと考えています。

 

https://youtu.be/JDcwU9RK_4A

 

自分に向き合わないからいつまでも暗闇にいるけれど、明けない夜はないように行動すれば、きっとうまくいきます。

 

 

 

ただ、多くの人が、ツールを使いました、「ふーんなるほどね」で終わり自分に向き合わないから、次々と占いを受けるように、ツールに手を出す。

 

そこを改めて、これだと思う自分の納得感にしたがうのがいいと思います。

 

どこのだれが言ってたとかは関係ない。

 

要は自分なのです。

 

僕は、ストレングスファインダーが自分にしっくりくるし、なによりも自分が見えたものなので、コーチにもなって多くの人にも、活用していただだきたく日々活動しています。

 

そして、さらに自分を高めてよりよく伝える為に、ストレングスファインダーの聖地、ネブラスカ州オマハで開催される、世界中のコーチやHR(人事について積極的な企業の担当者)関係者が集まるサミットに参加すべく向かっている訳です。

 

さて、ロスアンゼルスに到着。

 

続きはまた。

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

まず一歩を出す勇気

毎朝わんこの散歩に出かけます。

太陽の上がる前の時間は自分にとって「心を整理」する非常に大切な時間です。

今日ふと降りてきたのは、

「やらないと悔いが残り、やると犠牲が伴う」という言葉。

出てきたものの、これどういうことかと内省するのですが、

これは、いろいろな立場立場でものの見方があるかと思うので、絶対的な表現ではないと思います。

やらなければずっとあの時やればよかったと思い続けるだろうし

やったらやったで、いろんな問題をクリアしていかなければならないわけです。

自分を押し殺し、生きるのもあろうかと思いますが、僕の経験からこのような溜めている人ほど、反動のストレスが大きい。

その一方で、やり続けるチャレンジし続けるというのも並大抵ではないし、周囲の協力も不可欠なのですが、こちらはトライアンドエラーを続けて経験値をつけていくので、最終的にはうまくいくわけです。

要は、まず一歩踏み出すこと。

この一歩が難しい。

今まででも、でも、しかしを散々聞いたような気がします。

結局、ひとは皆幸せになりたいと思っている。

では、どうするかだと思うのです。

踏み出すことが大事で、一歩出たひとはそれだけで素晴らしいし、その分自分の思う幸せに近づいていくのでしょうね。

You only live once, so I want to live life to the fullest and have no regrets.

人生は、一度しかないので、充実した、後悔しない人生を送りたいとわたしは思います。

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログです。マスコミにいたので、いろいろなことに興味があっていろいろ書いているのがこのブログの特徴です。

気に入った記事がありましたら是非このサイト中の「いいね」お願いします。

よかったらまた遊びに来てください。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!

大富豪から学ぶ25:5の法則

 

世の中にはあれもしなきゃこれもしなきゃと忙しくしている人がいます。

 

しかし、やっている割には成果につながらない。

 

どうしてなんだろうと、僕も考えて悩んでいました。

 

そんな問いにたいする答えがありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

 

世界で最も成功した投資家、ウォーレン・バフェットはこういいます。

 

あなたが、やりたい、達成したいことを25個書き出します。

 

そのなかで、もっとも注目する5つに丸をつけます。

 

そして、残りの20個は、注目した5つが終わらなければ決して手をつけない。

 

このようにして、ウォーレン・バフェットはやるべきことに集中したのだそうです。

 

しかし、我々はどうでしょう。あれもこれもいいと聞けば西に東に出かけて、そのくせ最も取り組むべきことは中途半端。そんなことにはなっていないでしょうか?

 

有限である人生においては、即時性のないものは潔く手放し、本当に必要なことだけに集中できる環境を作ることが大事。

 

言われれば納得なのですが、見失いがちなところです。

 

みなさんも、今日からやってみてはいかがでしょうか?

 

アイキャッチ画像は、先日アメリカのオマハで撮影したバフェット氏の会社があるビルでした。

 

参考先

https://constantrenewal.com/buffett-5-25-rule/

 

 

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

 

 

I Left My Heart in San Francisco

 

サンフランシスコに行ってまいりました!!すごく素敵でした!

 

 

人というものは、通り過ぎた町や出会った人、触れた文化の匂いがするというのが持論ですが、

 

どうしても自分にサンフランシスコの香りをつけたくて仕方がありませんでしたので、たっぷり匂いをつけてきました(笑)

 

 

理由としては、学習欲で読みまくる書籍などで、我が祖国日本がサンフランシスコから2度生まれ変わったということを知ったから。

 

 

僕の場合は、知ったら見ないと気が済まないのです(笑)(収集で情報が取りたいのと戦略で全体像をつかみたい欲求)

 

 

 

・江戸時代末期に徳川幕府からアメリカに派遣された日本人が乗る船、ポーハッタン号と咸臨丸が最初に足を踏み入れた地であり、その後ロシアを日本海海戦で破る横須賀造成所の建造のきっかけとなっていたこと。

 

・先の大戦で負けサンフランシスコ講和条約の締結の際、講和会議首席全権顧問の白洲次郎が日本人としての誇りを貫きとおした地であるということ。

 

・余談としては、 単にI Left My Heart in San Franciscoの歌を昔から聞いていたこと。

https://youtu.be/SC73kdOL5hk

 

 

僕は、旅は自分の人生に彩りを与えてくれるアクセントだと思っていて、自分の身近では得られないことを、ジグソーパズルの断片を探すごとくに出かけるのだと考えています。

 

断片が不足してるからもやもやする。

 

自分の人生を完成させるのに必要なのだと思うのですね。

 

 

さて、みなさんはどうでしょう?

 

もやもやってありませんか?

 

もやもやは心が揺れてる証拠なので、しっかり向き合ってあげてくださいね。

 

ああ、わからない!という場合は、いつでもご相談下さい。

 

ご相談予約はこちら⇒https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/

料金はこちら(またパワーアップしたので、近日改定しますのでお早めに)⇒https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか知らんけど気持ちが上る会話ってあるんだねー

海外に出るといつも思うのは、社交能力さと気さくさだろうか?

相手がなんだろうがかんだろうが、とにかく喋る喋る喋る(笑)

こっちもさほど分かってないが、わからんとこは日本語で喋ればいいと行き着いたので、今回かなり面白かった。

正解なんて求められていないわけだから、感じたらいい。それだけかと思う。

どんな話かいくつか挙げると

オランダから来た40代の男性。自転車でアメリカ西海岸を周っているのだそうだ。

しかも三週間。

日本なら、「そんなことしたら。。。」と言われるパターン。

次に、日本に2回来たことがあるという男性。

この方、富士山登るし、ラフティングで四国に来たそうだ。

僕も山も川もやるので、話があったが、四国に川下りって、おおよその日本人は知らないはず。

そして、イギリスの元消防士。

サンフランシスコからニューヨークまで大陸横断を鉄道でし、消防士などグラウンドゼロの犠牲者の慰霊をしにいくらしい。

今回の旅費は息子と娘が出してくれたのだそうだ。

あと、アメリカ中部デンバーに住んでいて、超キャンプ好きの女性。

アウトドアが盛んなコロラド州で自分のカヤックを漕いだり、トレイルをハイキングしたりし、年間30日はキャンプなんだそうだ。

その他、ブラジルからホテルに働きに来ている女の子、三井物産とのビジネスで何度も来日した人、札幌でラーメン食べた人などいろいろ。

一つ共通して言えるのは、みんな人生をオンとオフと区別して楽しんでいること。

日本なら、相談を受ける時はもちろんだけれども、普段の会話からのため息。

あれだけはやめていただきたい。

同じところでぐるぐる回っているだけだと、本当に人生変わらないと思う。

必要なのは、航空券代と少しの勇気(笑)
もちろん航空券を自分の本当にやりたいことに置き換えてもいいだろう。

正解なんてない。

生きてる限り毎日がチャンス。

さあ、今度はあなたが楽しむ番だ!

最後に、別れ際にお互いが交わす言葉で、「よい旅を!」とか「よい日でありますように!」とかあるが、こういうよい言葉も運を引き寄せるようなアクセントになる気がしました。

気持ち悪がられないように気をつけて、やってみたいと思います!(笑)