「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 100と101

2006年、僕は一冊の本に出会った。

「3週間続ければ一生が変わる」ロビン・シャーマさんの本だ。

元弁護士で現在はコーチ。

自己発見に関する世界最高の権威と言われている人なのです。

この人が勧める101もの習慣。

おそらく当時は全くできていなかったはずです。

少しは成長しているのだろうか?

久しぶりに読んだのでしっかり点検していきたい。

今回は最終回100と101をご紹介していきます。

“「3週間続ければ一生が変わる」今、点検したい101の習慣 100と101” の続きを読む

自分の感情の動きを知ることは劇的に自分を変えるきっかけになる

朝活か夕活で2時間ぐらい毎日ウォーキングしてるのですけど、去年は365日毎日やって、今年は毎日ではないけど続けています。

やっていると自分の心の動きが見えてきて、客観的に見られるようになったのです。

するとなんでなのだろうかという疑問が出てきて、調べまくってたどり着いたのがリチャードデビッドソンさんというマインドフルネスとも関わる脳科学者。

その本が超面白いのでご紹介。

テーマとしては、なぜかいつもニコニコしている人とか、なぜかいつもイライラしている人などいる。

どの人にとってもいいこともあれば悪いこともあるはずなのに、いつもニコニコイライラって不思議なことです。

この摩訶不思議な状況を作り上げているのは、「感情スタイル」というもので、人の日常はこれに左右されるのだそうです。

そして自分の感情の動きも知ることは、そんな無意識にやっていることをコントロールできることにもつながるのだ。

実に興味深い。

今回はこんなテーマで書いていこうと思います。

“自分の感情の動きを知ることは劇的に自分を変えるきっかけになる” の続きを読む

2019年の大晦日に内省祭り。虹も2回目出現したりと大変なことになりました。

2019年の大晦日。

365日内省を続けているが、今日もまた内省を続けながら1年を振り返り、未来にどう繋げるか考えていた。

多くの人が内省をしないために、自分を見失い他人の人生を生きているように僕は思う。

是非来年は、自分の思考パターンや行動パターンを完璧に把握していただきたい。

得意を伸ばし、徹底的に使い倒すというのがストレングスファインダーの真骨頂。

面倒かもしれないが、やり切って分かるようになると、人生の扉が開くと僕は考えている。

人生を面白くするのは誰でもない、あなた自身なのです。

“2019年の大晦日に内省祭り。虹も2回目出現したりと大変なことになりました。” の続きを読む

5分で分かる マインドフルネスの歴史 

最近マインドフルネスという言葉をよく聞きます。

仏教がアメリカの中に入り、マインドフルネスと呼ばれるようになったらしい。

そこで、アメリカにどうして仏教や日本の「禅」が伝わったのだろうとすごく気になってきた。

モヤモヤは募るばかりなので、徹底的に調べてみました。

なにせ僕は比叡山延暦寺の門前町で育ち、学校も延暦寺関係で高校まで過ごした。

仏教はいわば物心つく前から触れていた空気のような自然なもの。

その仏教から変化したマインドフルネスは、スティーブ・ジョブズのアップルやグーグルなど世界的な会社でも取り入れられている。

もはや他人事ではないという気持ちがあります。

それでは、早速見ていきましょう。

“5分で分かる マインドフルネスの歴史 ” の続きを読む

迷走中だと気づいたあなたも気づいていないあなたも すぐはじめるべきこと やめるべきこと

皆さんは、人に言われて行動したのだけれど、また別の人からは反対のこと言われたという経験はありませんか?

「もうどっちやねーん!」っていうあれです(笑)。

“迷走中だと気づいたあなたも気づいていないあなたも すぐはじめるべきこと やめるべきこと” の続きを読む

内省しよう。自分の内部からこみ上げてくる意向にしたがうとき、あなたはあなたの人生を歩みはじめる

あなたはストレングス・ファインダーを受験し、自分の資質が明らかになったあと、どのように活用しているだろうか?

“内省しよう。自分の内部からこみ上げてくる意向にしたがうとき、あなたはあなたの人生を歩みはじめる” の続きを読む

久々、御朱印いただいてきましたー

西国三十三箇所公認先達の納経軸

西国三十三箇所を一度満願すると、申請すれば公認先達になれて、上の納経軸がいただけて、これを5回さらに満願すると公認大先達となります。

和歌山が第1番那智の青岸渡寺で大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、岐阜の華厳寺と広範囲にわたりますが、やり出したらやめられない夏のラジオ体操のハンコ見たいなもんです。

諸説あると思いますが、僕は全然気楽に考えている感じです。

 

 


中山寺あと2回

 


総持寺はあと3回

 

御朱印は死んだ時のあの世の通行手形というのを聞いていて、巡礼のインセンティブにもなっています。

気付いた時には、年をとりすぎて回れないというのがほとんどかも。

実際、巡礼している人に聞いたらそんな回答が多かったです。

なんでも、早くやるのがいいのではないでしょうか?

僕もぼちぼちと修行を重ねたいと思います。

心の整え方

座禅止観で身体を整え、呼吸を整え、心を整えることを学び、整えることについて考えて見ました。

 

 

部屋の整理は片付ければ済む。

 

身体の整理は運動と食生活。

 

じゃー心はどうなのか?

いろんなものを溜めたまま、来る日も来る日も頑張ってしまう。

そんな時に、人は自然に帰ろう、また、心を整えようと庭を愛おしそうに見つめるのか?

 

 

 

 

日本の庭はあまりにも美しい

 

 

 

 

 

完全なる自然の中に、弱い自らを映し出して心を整えているのかもしれないね。