トントンと石橋を叩いて渡るとみせかけてまだ渡らない資質  慎重さ

慎重さの基本的性格

選ぶこと、決めることに細心の注意を払います。

あらゆる道には危険や困難がつきものだと考えます。

close up photography of brown snail

詳しく言うと

この人は、決して油断しない人です。

全て問題ないように見えても、それでも危険性がはらんでいることを感じ取っています。

彼らは危険を回避しているのではなく、一つひとつをあぶり出しているのです。

そのようにして、危険性を減らしていくのです。

つまり、慎重さの資質が高い人は、細心の注意を払ってものごとを決定していくのです。

何か問題点を探し出し、それぞれの良し悪しを評価します。

彼らにとって重要なのは、手間をかけることでは問題ではなく、間違いない選択を行うということなのです。

人生は様々な罠の中を歩くようなものと考えているのです。

他の人はそんな罠をものともせずに走り抜ける人もいるでしょう。

彼らは、逆なのです。

一歩一歩進んでいくのです。それが一番うまくいく方法だと信じているのです。

慎重さの能力と優位性

慎重さの資質が高い人は、自分の行動について徹底的に注意深いアプローチを取ります。

予測能力と思慮深さからリスクを軽減して問題を回避する能力があります。そのために、優れた決断ができることが多いです。

慎重さを持つ人の行動

・決定や選択に細心の注意を払う

・あらゆる道のりには危険や困難があると考える

・話している暇があるなら耳を傾けて考えたい

・他の人の話に注意を向けて、正しい判断のために必要な情報を集める

・先に進む前になんども振り返る

慎重さと比べたい資質

慎重さ:「物事を決めるスピードを落とすブレーキを持っている」⇔活発姓:「物事を決めるスピードを上げるアクセルを持っている」

慎重さ:「社会的に慎重」⇔社交性:「社会的に大胆」

まとめ

選ぶこと、決めることに細心の注意を払う人

決して油断しない人

人生は様々な罠の中を歩くようなものと考えている

一歩一歩が遅くても最適だと信じています