ポールポジションもウイニングフラッグも俺のもの 競争性

競争性の基本的性格

自分と他人の進捗が比較すごく気になる人

何か競争しなければいけないシーンでは、勝つために相当な努力ができる

詳しく言うと

比較すること。それがこの競争性という資質の特徴です。

普通は比較すると疲れますが、彼らにとっては評価基準であり必要なものなのです。

世間を見回し、他の人がどのような成果をあげているかを見極め、自身が最高であることを望み、競い勝つために半端ない努力ができます。

あくまでも勝つことが目的なので、努力は当然と考えます。

時には、デットヒートを競争相手と繰り広げることもあるでしょうが、ブッチギリでないとしたら少し残念に思うかもしれません。

競争性の能力と優位性

競争性の資質が高い人は、成果基準をより高く設定するように自分だけでなく周りを奮い立たせることができます。

競争し、一番を目指すという考えを職場やグループ内に拡散させます。そのことで組織のレベルを上げることに貢献します。

競争性を持つ人の行動

・自分の位置と相手の位置を目で追う

・勝つためなら寝ないでもやる

・最低でも1位と当たり前のように考えます

競争性と比べたい資質

競争性:「他人の行動を見ると私もうまくできる」⇔自我:「他人に見られることで私はうまくできる」

競争性:「野球のスコアボードに興奮します」⇔分析思考:「相手のデータに基づくID野球に興奮します」

まとめ

自分と他人の進捗が比較すごく気になる人

普通は比較すると疲れますが、彼らにとっては評価基準であり必要なもの

一番を目指すという考えを職場やグループ内に拡散

最低でも1位