世の中で一番大事な平等というのは公正であること 公平性

公平性の基本的性格

世の中の全ての人が等しく尊いものと確信しています

平等であるために、規則をつくりそれに従います

詳しく言うと

地位や名声と関係なく、人は平等であると考えます。

学校や会社などあらゆる場所で、誰かが特別扱いされることはおかしいと考えます。

そのようにいつも考えることから、自分のことを平等で公正な社会を築くための監視役と考えています。

特権や賄賂がまかり通る世の中を嫌い、明確な規則を定め、誰しも平等な環境にいてこそ、人は最高のパフォーマンスを発揮できると信じています。

公平性の能力と優位性

公平性の資質の高い人は、ある組織を眺めて、その組織が公平なものであるか簡単に見抜くことができます。

全員を公平に扱う彼らを、周囲の人々は信頼を寄せてくるでしょう。

会社なら就業規則など、ルールづくりをきちんとつくりあげ、多くの企業のようにどこかに眠ったものにはせず、組織が誠実に機能するために貢献してくれます。

公平性を持つ人の行動

・人類は皆平等だと信じている

・公平に扱うためのルールをつくる

・一個人であるより組織を重んじます

・無用な調整は不要と考えます

・袖の下など賄賂には徹底的に反発します

公平性と比べたい資質

公平性:「人々を同じように扱う」⇔個別化:「人々を異なるように扱う」

公平性:「観覧車やメリーゴーランドが好き」⇔適応性「ジェットコースターが好き」

super dog hot dog food stall in front of ferris wheel during nighttime

まとめ

世の中の全ての人が等しく尊いものと確信

自分は平等で公正な社会を築くための監視役

組織が公平なものであるか簡単に見抜くことができる

袖の下など賄賂には徹底的に反発