当たると有名なおみくじ 京都 天津神社 気になる人は行ってみて

マスコミでも有名な京都の天津神社。

昔、探偵ナイトスクープやってた北野誠が熱心に言ってたりして火がついた。

僕もナイトスクープの撮影やってただけに、気になるものは気になる。

どんなものかをご紹介していこう。

天津神社 基本情報

  • 神社名 天津(あまつ)神社
  • ご祭神 天之御中主神 高御産巣日神 神産巣日神
  • 住所 京都市北区平野宮本町89
  • 電話 075-462-0344
  • 参拝時間 8時〜11時30分。13時〜16時30分。
  • ウエブサイト http://amatsu-jinja.jp/omikuji/

天津神社 地図とアクセス

 

京福電鉄 北野白梅町徒歩10分。

バス 衣笠小学校前停留所すぐ。

天津神社 参拝レポート

当日の様子

やってきました天津神社前。

一見普通の家です。

分かりにくいので気をつけてくださいね。

ざっくりとした位置で言えば京都の北野天満宮の辺りです。

入口です。

駐車場は関係者用なので、建物の反対側にコインパーキングがあるので利用しましょう。

1時間200円。

まあ、高くないでしょう。

天津神社のおみくじについて

ウエブサイトより引用。

天津神社のおみくじは、一般的なおみくじにあるような、大吉、吉、凶などは書かれてはおらず、竹の表裏に言葉が書かれているのみの古くから伝わる不思議なおみくじです。 くじは約100本、それぞれに違う内容が書かれています。

神様のお言葉を噛み締める古代不思議おみくじで心に響く的確な御答えが賜れます。人生と言う名の道に迷われた時は、天津神社へ

ご祭神について

こちらもウエブサイトより引用。

天津大神は造化の業即ち万物を作られすべてを生み成せる事「産霊に資りて成り出ずる」(古事記)とあり、人の生・老・病・死・吉区・吉縁・商才・学業・生産・芸術等々すべての事を人々に分けへだてなく御守護賜る大神様であります。

 

 

要するに、ここの神様は、あめのみなかぬし 、たかみむすひ、かみむすひという3人(神様世界では3柱という)。

天照大神は伊勢神宮の神様で、大国主は出雲大社。こういった神様が現れる前にいた神様ということで、あらゆるものの創造主らしいのですよ。

僕は今年は思い立って1月に来て、3月、そして今回5月と来ている。

入口にあるお稲荷さんは、道を開いてくれるという神さまなんだそう。

正面。

そんな大きくはないです。

入口。履物がいくつもあります。

コロナで最近増えてるんじゃないかな。

中の様子。

参拝だけでもよし。

おみくじ引いてもよし。

おみくじは一回千円から金額はお気持ち次第。

誰かがいたら、キョロキョロしないで心静かに後ろで目を閉じて座っていましょうね。

まとめ

今回引いたのは、「まだまだみがけ うちうちむつまじく」というもの。

こちらの神社の人の解説によると、もっと近しい人に優しく、自分を高めていきなさいというおみくじだとか。

大事なことですね。。

3回今まで引いて、不思議と繋がっているので驚いた。

ご興味のある方はどうぞ。僕は年間通してやってみたいと思います。

併せて読みたいその後の天津神社参拝