着想:資質証言

 

 

「あふれる水のごとく」

僕は、基本的に根っこの部分は着想なんだろうなと最近気づいた。

着想というものは、常に水が溢れる泉のごとく、アイデアが溢れてくる。

かと言って、興味がないことにはアイデアは出ないのだが、興味のあることに関しては、寝ても起きても歩いても、何しても出っぱなし。

これを書いている今も出てたり(笑)

また、興味がなくても、人に相談を持ちかけられたことなら、これたまアイデアが次々と出てくるのだ。

ある意味、僕にとってはマスコミ時代も社会保険労務士となってからも、今も、「なんとかできないだろうか?」という問いに解決作を出し続けるなと気づいた。

ちなみに、アイデアが出まくるかと言って、行動するかは別の問題になる。

例えると「コップに水が満杯にならないと動かない」の感じ。

おそらく、潜在的に行動のハードルを上げて、アイデアに対する行動を抑制しているのだ。