自分を探すには、他人に何でも合わさない方がいいね。

11月11日の日記。

 

まあ、毎日ソーシャルメディア見ていたら、いろんなひとがいろんなことを書いている。

 

ほとんどちゃんと見ていないけれど、頑張っているねの思いからいいねは押すようにしている。

前は他人に認められたい欲求が強かったので、共感されやすいことばかりを書いていたが、他人に合わせすぎると、他人の思考上に生きてしまうから、自分が見えなくなってしまう。

ここら辺で悩んでいる人って多いのではないだろうか?

 

僕が思うのは、どんどん書いて載せて、自分と他の人の違いを見つけた方がいい。

どうせ他人は自分のいいねの数ぐらいしか見ていない。

なので、自分の記事なんて所詮見られていないと思って、どんどん書いた方が得。

 

自意識過剰なひとがたまにいて、みんなが注目している感じがするから、緊張すると言っていたが、

芸能人でもないのに、一般人に注目しないので、ガンガン書いたり、話す場があるなら話した方がいい。

所詮は、価値観の異なるもの同士が社会を構成しているのだから、感覚の違いが出て当たり前。

分かる分かるというほうが気持ちわるい。

結局は、満足感を得たいというのが人の常だと思うのだけれど、そもそもその満足感のポイントがみんな違うのだ。

東大に入りたい人もいれば、大学行きたくない人もいるように、ポイントは異なるのだ。

自分の立ち位置と他の人の立ち位置を確認する上でも、投稿、発言などした方がいい。

すると、自分の強みについても常に他と比べながらいるので、考えやすいのかなと思う。