5分で分かる マインドフルネスの歴史 順番に整理してみました

アメリカにどうして日本の「禅」が伝わったのだろうとすごく気になっていたので、

えいやとばかりに調べてみました。

僕にとって仏教は比叡山延暦寺の門前町に生まれ育ち、いわば物心つく前から触れていた空気のような自然なもの。

サーファーが波を自然に見るのと同じ感覚だと思います。

それが、スティーブ・ジョブズなどアメリカのすごーい会社でも仏教の考え方を取り入れているってすごく身近に感じられるのです。

早速ご紹介しましょう。

1800年代

まず最初は、1893年(明治26年)のシカゴで万国宗教大会。そこで、禅が鎌倉の臨済宗円覚寺の釈宗演(福井県出身)によってアメリカに伝わります。

1900年〜1950年

1927年釈の紹介で、鈴木大拙(金沢出身)が「Essays in Zen Buddism」を出版。スクリーンショット 2019-03-07 午後5.12.18.png

1936年 イギリス出身の学者アラン・ワッツが「The spirit of Zen」出版

スクリーンショット 2019-03-07 午後5.20.40.png

1950年代になるとゲイリー・スナイダー、アレン・ギンズバーグ、ジャック・ケルアックなどのちにピューリッツァー賞作家となる人々も禅を実践。

1951年〜2000年

1962年鈴木俊隆(神奈川県出身)がサンフランシスコ禅センター設立。 曹洞宗の研修施設。

1975年ベトナム出身の禅僧ティックナットハンが「The miracle of mindfulness an introduction to the practice of mediation」出版。彼はキング牧師にも影響を与え、「過去を後悔したり未来を気に病むのではなく今ここに集中するマインドフルネスを浸透させる。

2019-03-07 午後5.49.55

1979年 マサチューセッツ大学医学部教授ジョンカバットジンにより、西洋医療では解決できない問題に対しMBSRという瞑想中心のプログラムを開発。

スクリーンショット 2019-03-07 午後6.05.07.png

1980年代マインドフルネスが社会に広がる。

1986年スティーブ・ジョブズが当時の会社Nextに宗教顧問として曹洞宗の僧侶乙川弘文(新潟出身)を招く。ちなみにNextは10年でアップルに買収される会社だけれど、従業員は500人もいたとか。

スティーブ・ジョブズは鈴木俊隆の「Zen Mind ,Beginner’s Mind」をバイブルとし、乙川は鈴木の紹介であった。

スクリーンショット 2019-03-07 午後6.13.49.png

1998年カリフォルニア大学サンフランシスコ校が西洋医学と東洋医学を統合した研究機関Osher center for integrative medicineを設立。妊婦の不安軽減、子育てのストレス軽減、癌などの緩和ケアにマインドフルネスを活用。

2001年〜2005年

2001年カリフォルニア大学バークレー校でGreater good science center設立。心理学、社会学、神経科学の側面から人間がより幸せになり、慈悲の心があふれるようになるかを研究。

2003年 MBSRを作ったジョンカバットジンと神経科学の世界的権威ウィスコンシン大教授リチャードデヴィッドソンにより、筋トレのようにマインドフルネス瞑想で脳が鍛えられるという論文を発表。リチャードデヴィッドソンはダライ・ラマからのオーダーで瞑想を研究していた人でもあります。

スクリーンショット 2019-03-07 午後6.54.21.png

2004年 カリフォルニア大学ロサンゼルス校がMindful awareness Reserch Center設立

2006年〜

2007年

・200万人以上のアメリカ人がマインドフルネス関連の代替医療を利用とアメリカ国立衛生研究所発表。

・GoogleにSearch inside yourself 設立 心の知能指数とは自己や他者の感情を知覚し自分の感情を制御する能力のこと。2012年グーグルから独立。

スクリーンショット 2019-03-07 午後7.18.52.png

マインドフルスクール設立 全米及び世界100カ国以上の国に提供するプログラムを開発。

・2008年スタンフォード大学ジムドーティ博士とダライラマが共同出資し、The centar for compaassion and altruism research and education設立。慈悲の心と利他主義についての研究機関を設立。相手の苦しみを理解し軽減したいという気持ちを養うプログラムを開発。

スクリーンショット 2019-03-07 午後7.44.10.png

2009年 世界最大のマインドフルネス会議 Wisdom2.0開催。グーグルやフェイスブックなど時代を牽引している企業が出席。

2012年 マインドフルネスアプリ Head Spaceスタート

2013年 ティクナットハンが世界銀行に招かれて世界約148カ国が加盟する会議で参加者と共に瞑想を行う。

2014年 雑誌TIMEがマインドフルネス革命の記事

2016年 警察官を治験者としてマインドフルネスでストレスで怒りが軽減されたという論文発表される。

(参考マガジンハウス BRUTUS みんなのZEN)

silhouette of person near wall

僕のTOP5 適応性 自己確信 ポジティブ 戦略性 最上志向

マスコミにいたので、いろいろなことにアンテナ伸ばしています。

普段はどこにでもいそうなお米を作るとかストレングスファインダーコーチとか写真とか西国巡礼とか陽明学とか社労士とかぼちぼちやっている人。

マスコミで20年右脳を鍛え、社労士で10年左脳を鍛え、仏教儒学心理学で心を鍛え、ウォーキングと水泳で体を鍛えています。

ぜひぜひ気に入った記事がありましたら是非このサイト中の「いいね」お願いします。

よかったらまた遊びに来てくださいね。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!