癒やし効果自然の中で使いたい コーヒーミル5選

なおとです。

4月も下旬、GWもまもなくですね。

しかし、今年はとてもGWなんて気分でもない

そんな人も少なくないのではないでしょうか?

病は気からと昔のひとはよく言いましたが

気持ちだけでもアゲていくことってとても大事だと

私は思います。

今回、私が買ってものすごくよかったので

みなさまにコーヒーミルのご紹介をさせていただきたいと思います。

コーヒーミルに辿り着くまで

今回みなさまにご紹介させていただきたいのはコーヒーミルです。

コーヒーをいつも好んで飲まれている方も少なくないことでしょう。

私も毎日に仕事に読書に車の運転に

コーヒーは欠かせないものです。

健康のことを考えてかなり飲む回数は減りましたが

それでも、出かけたり、コンビニを見つけると

ドリップコーヒーを買ってしまうのでした。

そんなコーヒー好きのワタシですが

ウォーキングが好きで

湖のほとりに住んでいるということもあり

よく自然の中を散策します。

いつも思っていたのが

こんな景色のいい場所で

コーヒー飲めたらなぁという気持ちです。

景色は最高、体調は良い

おやつもある

そんな中で熱々のコーヒーがあれば

最高だと妄想していたのです。

とはいえ、キャンプでバーナーを使うのにも関わらず

野外でコーヒーを淹れるということに

気がつかないでいたのです。

2021年4月27日現在、大都市圏ではコロナウイルスで

様々な活動が自粛ということもありますが

少しでも、散歩などで自然に近い活動ができ

そこでコーヒーでも淹れたなら

すばらしいものであり

緊張したこころにもつかの間の癒しになるものかと

わたしは確信しています。

是非皆様もご活用くださいませ。

コーヒーミルの選び方

みなさんそれぞれ好みがあるでしょうが

わたしが一番注目したのは

デザインです。

やはり、手にしてかっこいいものが

ポイントの一番の部分。

あとは値段とタフさ

野外でリュックに入れても壊れない

耐久性が気になるところです。

それでは順番に見ていきたいと思います。

日本製 ハンドミル CM-02S セラミック刃 コーヒーミル 手動 2-3人用 【コーヒー豆50g&おそうじブラシ付】

日本製 ハンドミル CM-02S セラミック刃 コーヒーミル 手動 2-3人用 【コーヒー豆50g&おそうじブラシ付】ギフト 贈り物 プレゼント 父の日 母の日

価格:9,900円
(2021/4/27 10:52時点)
感想(4件)

鉄の加工で有名な新潟燕三条の職人が丹精込めた手挽きミル 

かっこよすぎますね。

申し分のない逸品。

スノーピーク フィールドバリスタ ミル CS-116 

スノーピーク フィールドバリスタ ミル CS-116

価格:9,578円
(2021/4/27 11:13時点)
感想(0件)

アウトドアメーカーのスノーピークのコーヒミル

スノーピークファンなら外せないですよね。

タイムモア TIMEMORE 栗子C2 手挽きコーヒーミル フラット刃 coffee grinder グラインダー 豆挽き機 手作業 コーヒー 豆挽き 粗さ調整可能 コーヒー マシン 研削粉 家庭用 栗子C2 キャンプ アウトドア おうちカフェ 臼 [一年保証]

タイムモア TIMEMORE 栗子C2 手挽きコーヒーミル フラット刃 coffee grinder グラインダー 豆挽き機 手作業 コーヒー 豆挽き 粗さ調整可能 コーヒー マシン 研削粉 家庭用 栗子C2 キャンプ アウトドア おうちカフェ 臼 [一年保証]

価格:9,119円
(2021/4/27 11:22時点)
感想(9件)

デザイン的に惹かれる逸品。

ずっしりとした質感があり

高級感で所有欲が満たされますね。

kalitaコーヒーミルKH-10シリーズ

kalita手挽きコーヒーミルKH-10《送料無料》いまなら“選べる”ノベルティもプレゼント

価格:3,980円
(2021/4/27 11:28時点)
感想(412件)

つづいてはお値段をおさえたもの。

一回に挽ける量は一杯分程度ですが

コンパクトさは魅力ですね。

SULIVES 手挽き コーヒーミル コーヒー ステンレス製 珈琲 小型 アウトドア 20G 1~3人分

SULIVES 手挽き コーヒーミル コーヒー ステンレス製 珈琲 小型 アウトドア 20G 1~3人分 イエロー

価格:3,925円
(2021/4/27 11:37時点)
感想(0件)

私が購入したのはこのモデルです。

コンパクトで

デザインもよくて気に入っております。

まとめ

値段的には3000円から1万円ぐらいの間で決めると良さそうですね。

モノ的には3000円台でも全く問題はありません。

歩いて散策する人なら安めの設定のものでもいいですが

オートキャンプする人など数名で飲む場合は

デザインや大きさなんかも重要になってくるように思います。