京都 鞍馬寺 2億年前の赤道直下からプレート移動でやってきた土地。悠久の時の流れを感じてみよう。

10月1日に京都の貴船神社と鞍馬寺に朔日参りに行ってきた。

そのうちの鞍馬寺について今回は書いていきたいと思います。

“京都 鞍馬寺 2億年前の赤道直下からプレート移動でやってきた土地。悠久の時の流れを感じてみよう。” の続きを読む

当たるおみくじで評判の京都天津神社で毎月引いたら言葉が繋がったのでびっくり

いつもありがとうございます。

ストレングスコーチ青山です。

なんども書いてますけど、僕は元々テレビの撮影の世界に長年いたので、いろんな取材を経験している。なので、神社もいっぱい知っていて、今回ご紹介する天津神社もそんな中の一つ。

ここは当たると遠方からも来る人が絶えない。

早速紹介していこう。

“当たるおみくじで評判の京都天津神社で毎月引いたら言葉が繋がったのでびっくり” の続きを読む

コーヒーなオトコが京都一保堂本店でお茶を買った話

今日は伸びに伸びた雑草をエンジン付きの草刈り機できれいにするという作業をしております。

そしていい天気なものですから、喉が渇く。

先日、京都の一保堂で買っておいたものがあったので、土手でお茶にしました。

“コーヒーなオトコが京都一保堂本店でお茶を買った話” の続きを読む

京都 龍安寺 AIの時代に室町時代を感じてみる。あなたの頭も時空を超えて創造性を発揮するかも

京都 龍安寺。

石庭で有名ですね。

龍安寺は、室町時代の有力者である細川勝元が1450年に創建した禅寺です。大徳寺家の山荘を譲り受け、妙心寺の義天和尚を開山としました。

応仁の乱など2度の火災で焼失しましたが、その後見事に再興。1975年にエリザベス2世が龍安寺を訪問した際に石庭を称賛したことから、世界的にも有名となったお寺です。

もしかすると一度は行かれたことがあるのではないでしょうか?

一度ぐらいじゃ、石庭ぐらいしか記憶になかったのではないかと思うのですが、実は境内は広い。

私は、テレビ撮影で度々訪れてますけど、仕事を離れて見てみて、こんなに美しかったのだと気づかされました。

ゆっくりご覧下さいませ。

他にも2019年、令和元年の紅葉は撮ってきていますので、よかったらどうぞ。

“京都 龍安寺 AIの時代に室町時代を感じてみる。あなたの頭も時空を超えて創造性を発揮するかも” の続きを読む

600年前、桜を全部切って春より秋を選んだ。そんな全力の秋は凄かった。京都 東福寺

秋と言えば東福寺は京都の代表選手のようなもの。

きっともの凄い人だろうと思って来たが、寺自体がバカでかいので、有料部分以外はさほどでもなかった。

それよりも、今まで秋に来ていなかった自分に少しがっかりした。

もっと早く見ておけばよかったな。

“600年前、桜を全部切って春より秋を選んだ。そんな全力の秋は凄かった。京都 東福寺” の続きを読む

金閣寺銀閣寺の方が有名だけどここが本山 京都 相国寺

相国寺は、京都五山第二位に列せられる名刹正式名称は萬年山相國承天禅寺。

金閣寺、銀閣寺の方が知っている人も多いかもしれないが、ここが金閣銀閣の大本山。

場所としては京都御所の北側になる。
 十四世紀末、室町幕府三代将軍の足利義満により創建。

幾度も焼失と復興の歴史を繰り返し、現存する法堂は日本最古の法堂建築として一六〇五年に再建された物を今に伝えているそうだ。

 夢窓疎石を開山とし、創建当時は室町一条あたりに総門があったといわれ、北は上御霊神社の森、東は寺町通、西は大宮通にわたり、約百四十四万坪の壮大な敷地に五十あまりの塔頭寺院があったと伝えられています。

幕末には寺領の一部を薩摩藩が借受け、明治になり薩摩藩と争った会津藩の山本覚馬、八重兄妹と八重の夫、新島襄が同志社大学を創立というのも因縁めいていて興味がそそられます。

“金閣寺銀閣寺の方が有名だけどここが本山 京都 相国寺” の続きを読む

日本最高位の龍神 京都 貴船神社 本宮

貴船神社本宮。

龍神さま、縁結び、丑の刻参りなど話題に事欠かない神社です。

電車にせよバスにせよ、乗用車なら尚更不便なところなのに人は来る。

日常を離れ、自分を見つめるには格好の場所には違いない。

なにせ遠いから考えるには余りある時間がある。

ここは鞍馬寺の境内からハイキングでも来れるし、まさに満喫できることだろう。

それでは行ってみよう。

“日本最高位の龍神 京都 貴船神社 本宮” の続きを読む