あなたの臓器の耐用年数ってあと何年って知ってます?

令和元年も後半に突入ですね。

私が今、一番大事だなぁと考えているのは「食」。 そこでフライパン新調しました。

ちょうど前のフライパンが寿命というタイミングでもあったのですが、変えるなら今だとポチりました。

元々、腎臓で一回入院してるので、食には病院からいろいろビビらされてて気をつけているのです。

そして、ここ数年農業もやってて、そこからも気づきがあったので記事にしようと思いました。

実際のところ、今の農業は機械の助けがないと大変なのですが

機械も、メンテナンスきちんとやって、日頃からいいオイルをあげていれば調子がめちゃくちゃ上がるとやっていて気がついたのです。

ほんと全然違うんですね。

そこで機械を人に置き換えるとどうか。

そう考えると、自分の体にもかかわらず、随分適当にしてるなぁ。

もっと大事にすべきだなぁやりようがあるなぁと思えてきたんです。

今、私たちは、すでに調理されたものを口にすることが多い。

だからいいも悪いも分からずにいるけれど、フライパンふって、いちいち吟味していくのは大切なことだと思うのです。

美味しいと感じるものが体にいいというものでもありませんもんね。

これから夏は新鮮な野菜で溢れます。

そこで心と同じように体の中からもさらに整えていこうと思っています。

入院したときに、臓器も耐用年数があると教えられたのですが、乱暴に体を扱うと、処理能力をこえるらしいのです。

その辺り、皆さんもお気をつけいただければと思います。