そのやり方効果的か?自問自答してみよう。

以下は自己開示ネタです。

ある新人営業マンが、自社の英語教材を自由に売ってこいと上司から言われて、意気揚々と売り込みをかけたことがあった。

 

その、新人営業マンが狙いを定めた先は、なんと建設現場の作業員。

 

なんとか自分の話術でもいけるということでターゲットにしたわけだが、一向に売れない。

 

来る日も来る日も売り込むが全く売れない。

 

その新人営業マンは、自社のエースと言われる先輩に思い切って相談して見ました。

 

すると、先輩は出し惜しみしないで、売り方を教えてくれました。

 

「商品というものは、それを使いこなせる人にしか売れない」。

 

また、「商売というものは価値と価値の交換」。ということも教えてくれました。

 

そこで、新人営業マンは、その商品を使いこなせ、価値がわかる人ということにフォーカスして営業すると次第に業績が上がってきたのです。

 

以上の話なんですけれど、非常に深い話かと思うのです。

「今、自分は商品たる物や自分を、その商品を使いこなせ、価値がわかる人に対して売り込めているか?」ということです。

 

自分がまさに、新人営業マンのようなやり方をしていたなぁと思い、意外と気がつかないことかなと書いてみました。

 

まさに、そのやり方は効果的か?を自問自答する必要がありますね。