ストレングスコーチで社労士でブロガーでユーチューバーの1日

私はストレングスコーチで社労士でブロガーでありユーチューバー。

ブロガーとかユーチューバーになるとは思っていなかったのだけれど

気がついたら書いていたり、撮っていたりしてブログも1000記事でユーチューブも500配信を越えている。

これだけやれば立派なユーチューバーでありブロガーであろう。

起床は早く3月からは4時台から起きている。

4:44 ごろ起床しあれこれチェック

エンジェルナンバー444を昔から頻繁にみる私。

どうせならと4:44に合わせて起きている。

そして起きたら最初にやることはこれ。

ツイッターインスタnote、メールをチェック。

https://stand.fm/episodes/6046e1572d51f4eeec2bf97f

そしてスタンドエフエムを寝起きに収録。

寝起きは、寝ている間に脳が思考の整理をしていてくれるとされる最高の時間。

人が一番フレッシュな状態なので、この時間を大切にしている。

最近はもっぱら音声メディアの収録に充てている。

7:30 ウォーキング

数年前に体調を悪くした私は医師の指導でウォーキングが日課でもあります。

ハードな運動は控え、ただ歩く。

これも大事な生きるための仕事でもある。

このウォーキング中に歩く瞑想も同時に行い

ココロとカラダの調和を保つようにしているのだ。

それまで週7日で働いていた私は、テレビの仕事、社会保険労務士、そして労働局の仕事とやっていた。

つらいというか楽しんでやっていたのだけれど、カラダの方は悲鳴をあげていたのだ。

そんな経験がある私は、毎日のウォーキングをするうちに、何かできないかと試行錯誤する中で人と自然のと調和した生活に目覚め、アメリカにも行って研究し

このストレスフルな世の中で生きる人や企業の相談にのる活動に繋がった。

まさに自分の体調不良から新しい道がひらけたのだ。

アメリカのグーグルがやっているマインドフルネスについて自分で実験しながら

毎日試しています。

そして、この時間に電話でのコーチングや相談を受けることもあります。

日本最強のパワースポットでもある比叡山に身を置き、そこから話をダイレクトに全国に届けるというのはとても良い「氣」をお届けすることになります。

10:00 午前の部

朝食は朝はメンタリストDaigoさんの影響で食べません。

中年は1日2食でいいというのが持論。

塩分が多くなるので、少ない方が内臓に優しいです。

午前中は、サロンのことやブログやSNSの発信をメインにやっています。

私は自己啓発で社労士とりましたが届け出業務は、わざわざテレビ業界出身の私がやることはないだろうと、役所勤務の時に決めてお仕事しています。

それよりも30カ国47都道府県を仕事などでまわってきたことや、役所勤務で労働相談1万件を行なってきたことからの相談の方が聞かれます。

13:00午後の部

昼食はしっかり食べて、アポがあれば対応し、ユーチューブやSNSの映像や写真の取材活動で出かけることもしばしば。

主に滋賀と京都でツアーや野外コーチングもしています。

天気が悪ければ本をひたすら読むこともある。

なにせ、この先不透明な世の中です。

なんとなく仕事するぐらいなら、歴史から学べることはいくらでもあります。

この場合の歴史はヒストリーではなく、各時代時代の時代のうねりです。

いつの時代も人がいたわけですから、どのように人が動いたかを研究しています。

18:00 夜の部

かつての私だったら朝5時に家を出て帰宅は深夜というのが毎日であったが、近年の電子機器の進化と新型ウイルスの蔓延によって働き方であるワークシフトは進んでいる。

もう移動による疲労から解放され、その分しっかりと勉強できるようになっている。

夜も、昼同様相談対応はやっている。

この時間に、SNSも発信し、交流しながら新規顧客につなげる。

空いた時間はひたすら読書や研究で23時ごろには就寝。

まあ、コロナが蔓延してからはこのような体制でやっていたが、地球も社会も自分も変化している中で、今後はきっとやり方も変わることであろうと確信している。

これからを予測すると、私の場合はワクワクする。

とっても楽しみです。