ワークライフバランスって言うけれどどうして大事なんだろうか?考えてみた

仕事は私たちの生活にとって不可欠なもの。

働かなければ何も買えやしない。

ましてや、この先行きわからない世の中で、仕事もプライベートもバランスをとるって簡単なことではありません。

技術の進化及びSNSによって、人と密接に結びついてしまっていて、休みの日でも休みでなくなっている。

電子メールはチェックしなくちゃいけないし

外せないような電話がいつ入ってくるかも分からない

週末でさえ電子機器の前から離れられないのだ。

これは正常でしょうか?

 

経営者は労働者に対して結果を出すようにとハッパをかけ

結果、社員は会社にずっといて長時間労働し、自分のうちには寝に帰っているようなもの。

世のリーダーは、ここをなんとか解消していくよう手助けする責任があるのだろうと思います。

 

ワークライフバランスって大事?

ワークライフバランスをうまく実施していくことは単に健康に重要なだけではありません。

close up photo of man wearing black suit jacket doing thumbs up gesture

職員のやる気、生産性も改善することでしょう。

ダラダラと雑務に追われないようにすれば、

職員は働くべきときに集中できますし、ミスも削減.

そして何よりも会社のブランドの宣伝につながるのです。

健康への不安

私たちは大きなストレスや、長時間の労働にさらされると

身も心も、ものすごい危険な状態で走ることになりかねません。

長時間労働で疲れ果て、精神的に消耗すると、我々の健康が害されていくのは間違いないのです。

効果のないワークライフバランスは、我々の幸福感に様々な悪影響を与えることでしょう。

エンゲージメント

職員の方の仕事と家庭の両立が成功すれば

職員の方の貢献度指数は上昇していくことでしょう。

貢献度が高い職員の方々は、あなたのために全力を尽くすだろうし

最終的には、あなたのブランドや商品の宣伝にもつながっていくでしょう。

燃え尽きささない

私たちが、その時々にストレスに苛まされるのは仕方がありません。

しかし、仕事での燃え尽きは回避させることができます。

燃え尽きは、徹底的にやられてしまったような時におこります。

うちから長時間離れた生活というのも人を劇的に燃え尽きさせてしまうことでしょう。

 

労働者の心に向き合おう

私の経験ではワークライフバランスをうまくやっていくと、集中力がましてきます。

揺れる波風が収まっていく感じ。

それをマインドフルネスと言ったりすることもあります。

マインドフルネスを通じて、あなたのチームは、仕事や家庭のことにいたずらに心配しなくなります。

それより、今に注意が向くようになるのです。

休みをとろう

休暇はハワイに行くとか贅沢でなくとも結構。

仕事から離れることは、仕事という電源をオフにできるチャンス。

休むことで自分をリフレッシュさせ充電させることにつながるのです。

是非とも導入してみてください

職員が仕事に復帰した時

生産性が劇的に改善されていることでしょう。

毎日どこかに小休止を入れよう

もしも休みがそれでも取れないという場合

一日のどこかに小休止を入れよう!

人の体というものは、PCの画面の前で長時間いるようにはできていない。

自然界には無いものを浴び続けることは我々の健康、幸福にとっては良くないものなのです。

まとめ

技術の進化及びSNSによって、人と密接に結びついてしまっていて、休みの日でも休みでなくなっている。

ワークライフバランスをうまく実施していくことは単に健康に重要なだけではなくて他にもメリット盛りだくさん。

注意!効果のないワークライフバランスは、我々の幸福感に様々な悪影響を与えることでしょう。

職員の仕事と家庭の両立が成功すれば貢献度指数は上昇。

燃え尽きは、徹底的にやられてしまったような時や自分のうちから長時間離れた生活の時起こります。

マインドフルネスをすこし理解していこう。

休むことで自分をリフレッシュさせよう。

せめて一日のどこかに自分を休ませてあげる時間見つけていこう。