世代間のギャップは半端なく違うと感じてます

新しい時代の幕が上がりました。

我ら企業戦士と24時間働きづめの昭和が終わり

平成の間はバブル崩壊で新たな時代への移行期間だったような気がしています。

今は人生100歳時代。

そんな人々が生まれたのは1920年ごろ。

そして令和に生まれた赤ちゃん。

これはもう、ものすごい世代間の違いがこの100年の間にはあります。

ものを書くだけとっても、カーボン紙で手書きの時代から

ワープロが出たり

パソコンが出たり

スマホ、タブレットが出たり

そして言葉で話せば音声認識機能で文字が自動で書ける時代へ

どんどん進化しています。

かつて昭和のころは、ヒーローは月光仮面や長嶋茂雄と相場が決まってましたが

この100年でヒーローの概念も様変わり

今や時代に応じたヒーローがものすごくあることでしょう。

このようにヒーロー一つでもこんな具合です。

だから、あれやこれやとなるととてもまとまらない。

したがって、価値観を決めつけずに幅を持たせる必要が出てきます。

これはゴールデンウィークに50人ぐらいの70代80代と話していて

見えているものが全然違うと確信したことなのです。

大抵、同年代でいると気づかないものですけどね。

しかし、コーチングしてて思いますのは同世代でも考えていることはバラバラなのに

世代間をこえると、これは幅がものすごいことになる。

さてどんな世になるか、楽しみでもあります。

この日の丸の国旗のように、一つにまとまることができたら素晴らしいでしょうね。