人は人に傷つく、しかし、結局、人は人に癒される

私のうちの周りは、いわゆる第一次ベビーブーム世代の人が多くて、その上の世代80~90歳台というかたも結構いる。

犬の散歩をしていると、いろんな人が話しかけてきてくれる。

一様にうちの犬が16歳だと言うと驚くのと同時に、自分の過去の犬との生活を語り出す。

ゆっくりと、時折空を見上げ目を細めて語り出すのだ。

どうだろう、イメージで言うと昔、映画監督の山田洋二さんの作品で「学校」というものがあったがそれが近い。

人はみんなそれぞれに人生の喜びや悲しみがあり、それにいつも寄り添ってくれていた犬。

ああ、あのときはこうだった、ああだったと溢れる思い出のスイッチが入るのだ。

みんな語り出し方が、同じだから面白い。

しかし、話の内容が全然違うから深い。

そんな人々の姿に、やっぱり人っていいなぁと思うのだ。

やれ、世間ではいろんな事件など、人が人を傷つける話を耳にする。

私も長くそんなことを取材していた。

だが、もう一方で人はそれでも懸命に生きていて、あったかい話をいっぱい作っているのだ。

人は人に傷つく、しかし、結局、人は人に癒される。

そんなことを、散歩帰りに近所で見かけた蛍を見つつ思うのでした。