人は自然と近くで向き合い、同時に自然を歩くことでこそ、本来のあり方がわかるのです。

風の時代の心の向き合い方について最近書いております。

今回は人は自然と近くで向き合い、同時に自然を歩くことでこそ、本来のあり方がわかるという話。

私は、今のストレスフルで機械的な生活ではなく、お金は少なくてもみんなが笑顔でご飯が食べられる社会をあるべき姿なのではないかとイメージしています。

人が人を優しくなれるのには、もっと自然に還るようなことが大事ではないかと、自然に関心を持つ人々を山に連れていくという活動をしています。

例えば、町の真ん中で焚き火をしても誰も手伝わないけれど、山の中で真っ暗の中でキャンプすれば、安全が脅かされているわけですから、みんな助け合おうとするわけです。

それでは、これまで私がやってきたことをつらつら書きつつ、語らせていただきます。

お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

これまでの半世紀に及ぶ人生を振り返れば、美しい風景の断片が映像となって次々と蘇ってくる。

新しい旅を重ねても重ねても、昔の旅の記憶が頭のハードディスクにはきちんと整理されていて、色あせることはない。

年齢を重ね、旅だけに生きていたのが、新しい知識や情報がどんどん入ってきて、溢れ出るような感じもする年齢に至り、ただ純粋に旅に憧れていた頃とは違った想いも抱き、そのことへの哀しさも多少は感じつつも、歩くことへの情熱は未だ薄れることはない。

昔は、勢いだけで歩いていたもので、空中で姿勢を変えることもできたのだが、今は知識を背景に、考えるような歩き方になり、その質が異なってきている。

私は、生涯というものを旅のようなものに捉えているところがあって、未熟から成熟に向けて生涯をかけたドラマを演じている気でいる。

これを言うと笑われるのだけれど、よくよく人類の創世から歴史をたどり、進化と移動の状況を見てくると、社会のシステムの枠組みに縛られている方が無知じゃないのかと思うこともある。

自然の中では誰もが自由である。

しかし、この社会の中で脱落したものはダメとかいう社会というのはそもそもどうなのかともしばしば思うのである。

人間というものは歩いてナンボであります。

歩くということが、本来人間が生きる上の最適なスピードであり、考え事をしたりするのには最適で、自動車や電車、飛行機なんかは速すぎる。

長年、バックパックを背負い、自らが野山で生活する最小限の荷物を背負い、応分の生活をするということをしてきて、なおさらそんなことを考えてしまう。

何日も何十日も学生時代から大自然の懐で生活を続けていれば、人は誰でも謙虚になれる。

水と調理するための小型ストーブ、食料、山での服装など快適に歩けて、しかも生活に足るミニマムな感覚で生きていれば、空も大地も自分も全てのものが愛おしいものとして、心に染み渡ってくる。

川のせせらぎから水を汲み、お湯を沸かし、コーヒーを淹れて大自然の中で飲む。

最高の贅沢に感じてしまう。

食べ物は残すことはないし、捨てることもない。

歯磨きでさえ、歯磨き粉も使わない。

それで幸せなんです。

可能な限り自然に負荷をかけないで生きていくテクニックを、このような歩くという生き方の中から学び、それを町の生活にも生かし、実践していく。

このような生き方が今は必要だと思うが、私はすでに30年以上そんなことをやってきている。

いくら環境に優しい生活をと言いつつ、人は欲望にすぐに負けてしまうもので、実践が難しい。

大事なのは、心の問題なのであります。

大事なのは、姿勢の問題なのであります。

自然とともに生活するからこそ、見えてくるものがあり、なぜアイドリングストップするかなんて、都会に暮らしていて理解できるだろうか?

以上、大事なことは都会にいては見えてはきません。

自然の中に家族で暮らせばみんな協力するんです。

自然の中に会社を放り込めば、みんな協力するんです。

人は自然と近くで向き合い、同時に自然を歩くことでこそ、本来のあり方がわかるのです。

(世界を変えるための自己紹介)

1万冊の読書家。

ココロを整えるお手伝いしてます。

Gallup認定ストレングスコーチ、社会保険労務士

30カ国47都道府県を25年TVロケ等でまわってきました。

労働局職員8年経て現職OFFICEAOYAMA社労士事務所

9.11のニューヨークを経験、冬山での遭難等7回死にかけた逸話あり



「人生は旅であり、一生をかけて行う壮大な実験」と考えています。



ストレングスファインダーとは米国のギャラップ社が開発した人の「強みの元=才能」を見つけ出すツールの1つ。Webサイト上で177個の質問に答えていくと、自分の34の才能の順番が発見できるというもの。

ストレングスファインダーコーチとはこちら

https://www.gallup.com/learning/certification/ja/5709125/profile.aspx



社会保険労務士とは国家資格。会社と顧問契約を結び、企業の労働環境についてのアドバイスやコンサル、労働基準監督署、ハローワーク、協会けんぽ、年金機構などへ届け出の代行などする仕事
https://www.shakaihokenroumushi.jp



料金表
https://strengthsfinder-coaching.com/%e9%9d%92%e5%b1%b1%e7%9b%b4%e4%ba%ba%e5%80%8b%e4%ba%ba%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0/