映画「スノーデン」を観た。企業の不正、国の不正に気づいた時、あなたはどのように行動するだろうか。

 

アメリカに真っ向から向き合い、命がけの告発をした男の実話。

監督がプラトーンなどのオリバー・ストーン氏というのがまたいい。

 

日本でも今まで耐震偽装、東芝の不正会計、三菱自動車のリコール隠し、タカタのエアバック、旭化成のデータ改ざん、スズキの燃費不正、神戸製鋼データ改ざんなど、またかと思わせる報道が続いている。

組織にいれば、そのサイクルの中に組み込まれて、作業をしているといつの間にか自分が倫理的に正しいのかどうか分からなくなるということなのだろう。

 

そんな中、国を相手に告発したスノーデン氏ってすごいと素直に思いました。

 

映画の中で、スノーデン氏が自分の良心に従ったという言葉があったのですが、皆さん良心に普段従って行動していますかとお尋ねしたいところだ。

 

朝起きて、顔を洗って

着替えて、朝ごはんを食べて

通勤電車に乗って、スマホして

会社行って、コーヒー飲んで

昼ごはん食べて、一服したりデザート食べて

仕事して、おやつ食べたり

そしてまた通勤電車に乗って、スマホして

帰宅して、着替えて、風呂入って、夕食食べて

スマホしたり、ゲームしたり、本読んだり

 

毎日毎日おんなじことしていると、良心がどうのとか分からなくなりがちだと思うのです。

 

分からなくなったから、一流企業の頭のいい人達でも不正の片棒を担いでしまう。

そんなことになってしまうのだろう。

 

 

陽明学の中に「事上磨練(じじょうまれん)」というものがあります。

普段のあらゆる行動を見つめること。日常生活の中から自分自身を磨き上げること。

それが王陽明先生は修行であり、悟りへの道だと説きます。

 

まさにスノーデン氏が、行った行動は、この悟りからとった行動ではないかと感じました。

企業の不正、国の不正に気づいた時、あなたはどのように行動するだろうか。

一度考えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

着想✕自己確信✕最上志向✕戦略性✕学習欲がベースにあるコーチのブログ。

マスコミにいたので、いろいろなことに興味があっていろいろ書いているのがこのブログの特徴です。

いろいろなことを考察し事上磨練を意識して生きてます。

よかったらまた遊びに来てくださいね。

2018-08-29 午後4.11.43

https://strengthsfinder-coaching.com/運営者情報 私のプロフィールはこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/料金案内/  コーチング料金はこちら!

https://strengthsfinder-coaching.com/お問い合わせページ/ コーチングや社労士等のお問い合わせはこちら!