大阪のパワーフード 鶴橋焼き肉ホルモンえびす

今回は焼き肉屋さんのご紹介。

僕は普段お酒は飲みません。

暴飲暴食系はいろいろあって卒業したので、本当に行きたいところしか外食しません。

いつも薄味、塩分控えめで生きていると、たまにパンチが効いたやつを食べたくなるのですが、それで出かけたのが大阪鶴橋ホルモンえびすさんなのです。

昔からテレビの取材で、自分らで撮影で来てました鶴橋。

焼き肉の聖地。

コリアタウンもあり、このアジア的な雰囲気が大好物なのです。

僕はかつてアジア中東アフリカと旅してきた。町には大きな市場があってそこでみんな買い物する。ここは韓国のものが買える市場もあり、魅力的な場所なのだ。

鶴橋の駅から徒歩一分。

外観です。

一階はカウンターで、二階がテーブル席。

いつも思うのだけど、大勢で来るとせっかくの味が僕には楽しめない。

だから食べたいものを本気で味わいたいときは僕はひとりが好きだ。

目の前にはロースターがある。

昔、全国のシェア80%という会社の取材をしたことがある。

こういったものは、大阪の東大阪の企業は得意なのだ。

そして寿司のカウンターのようにここは食べさせてくれるところが僕は気に入っている。

カウンターの上に注文すると、あらよっとという具合で乗せてくれる。それをトングで焼くわけだ。牛さんの肉の一枚一枚に感謝しつつ焼く。

この焼くというのを、じゅわっと焼けていく感じをじっくりと見ながら味わいたいのだ。

調理中のこちらのお店の主の小川さん。

焼肉屋さんなのに洋食のシェフのようなスタイル。

ものすごい勉強家の方だ。

厚切りこころ。いただきました。

ワインいただきました。

マッコリいただきました。

このやかん最高。

そしてタマゴスープでシメました。

また行くと思いますので、出会ったときは皆さんよろしくお願いします。