嫌われることも悪くないと思え楽しくなるマインドセット

なおとです。

はや、今年も4月も終わり。

早すぎる。。

それでも、じたばたしたところで時は過ぎてゆきます。

気持ちをいれかえて、がんばってゆきましょう。

そんな今回はマインドセットの話です。

さっそくいってみましょう!

今年に入ってやたらとゾロ目見るのですが

ゾロ目エンジェルナンバーというらしく、自分の人生の流れが変わる時に見るものらしく、めっちゃ見たりします。

徐々に数年前から、そして、昨年から大胆に発信をつづけてきて

おかげさまというか、​ついに頭が狂ったか?と思っている人が最近増えている​感じがするん ですよ。SNSやらリアルやらww
で、​ぼくはこういうのが湧いてくると

コンテンツ

「あぁ、よかった」と安心する​んで す。


そう、安心

ホッとするんですね。


多分、みなさんは

「おかしい」

なんてコメント上でも言われると、心がバクバク揺れ動き、手にびっしょりと汗をかくと思います。

おまけに、夜も眠れなくなったり。これは笑い事ではなく、ぼく自身、この変なプレッシャーに慣れないうちはそうでした。
弱いもんです、人間って。人はマイナスのことばに敏感なんです。

太古の昔に生き残るためには、変であることは死につながったので、すぐに改めたくなるのが遺伝子レベルで考えているからなんです。

でも、こんなものは、「解釈」なんですよ。「変だ」というインプッ
トを、「安心」に変えることは、解釈を変えることでできるんです。


この思考法は、多くの人が学ぶべきだとも思っています。

そして今回は、この記事で「他人の批判を蹴散らす思考法」を伝授
いたします。


これを読んで鍛え、備えれば、誰かから

「お前は変だ」

と言われても、むしろそれを「安心」に変えることができるようになります。


まず、人間は誰もがイカれているという大前提。


あなたのことを

「変だ」

と言う人も、変なんです。だから、完全に開き直って、

人間はみんなバカです。おっしゃるとおりで、わたしはたしかに変です。だから、がんばって自分を高めようと努力しています。で、人間はみんな変なので、かくいうあなたも変ですね。だからあなたも、もっと善い人間になれるよう、がんばってください。


と、返してあげればいいんです。上の話、何一つ間違ったことを言ってま
せんから。

遺伝子的に700万年前に生まれた人類は、あらゆる現象に備えています。
変だと言ってくる人と、あなたの感覚が違って当然です。なんてったっていろんな状況に備えて、誰かが対応できるように神様か自然界が人間の基本設定に遊びをもたせたようなのです。


したがって誰かを変だと言うような人は、自分自身もまた変であることに気づいていません。ゆえに、

彼らの方が、より大変だともいえるでしょう。


他人のことを堂々と否定してはばからない姿勢が、そもそもKYです。何様なんでしょうね?


ここまでで優秀なみなさまもおわかりのことでしょうが

「誰もが変であること」、

そして「他人を堂々と罵る人は、より愚か」という方程式は

間違いのないということです。


この方程式をまずは、忘れないようにしましょう。
もちろん、すぐには、ピンとこないでしょう。頭でわかってい ても、実際に

「お前は変だ」

と言われると、やっぱり動揺してしまうも のです。​だから、訓練が必要なんですね。
もしも誰かから罵られたときは、このnoteを思い出してください。

そして、

「自分は変だからこそ、変なりに努力していること」

を思い出してください。そして

「待てよ、、、よく考えれば、あいつの方がもっと変だよな」と

気づいてください。


そして、それに気がつかないレベルの彼らの幸せを願ってあげてください。彼らは、むしろかわいそうな存在です。病気にかかった人たちです。

「わたしとは関わりのないところで、どうか人に迷惑をかけることなく生きて、死んでほしい」w

心からの慈悲をかけてあげましょう。


それでは、次のステップに進んでいきましょう。
あなたが何かを成し遂げたとき、「必ず」他人から一言くるでしょう。
そこでもう一歩、考え方を深めましょう。

これも「真実」であることを、よく理解しておいてください。
事実として、あなたが何か大きなことを成し遂げようとしたとき、「必 ず」、そう「100%」、他人から一言いわれるでしょう。
これが、ぼくが変な人から「変だ」と言われても「安心」する理由です。


つまり、​

「変だ」と言われるということは、自分が、この社会において 特別な存在になったのだ​、ということなんです。


実際、SNSでも何か言おうものならば、「必ず」何か言ってくる人がいます。

こんなことを書くなんてバカだ(著者への批判)

こんなことを読んで感動するなんてバカだ(読者への批判)

こんなことを読んで感動するやつを批判して喜んでいるやつはバカだ(読者を批判する人への批判)なんてところですかね。

記事が読まれれば読まれるほど、下の方の批判まで広がっていきます。

何か炎上が発生したら、あなたは最初の関門に到達したことになります。

加えて、あなたの読者が誰かに批判されているようなら、第二の
関門。さらに、その批判者が批判されているなら、かなりいい線いって
ます。


これは、自然の摂理のようなものです。


あなたが何かを成し遂げる。すると、バカだと言われる。



逆にいえば、


あなたが誰からも何も言われない。
ということは、あなたは何も成し遂げていない。


ということです。


ここ数年ぼくは実際に、このように考えて、活動を行っています。

イメージで言えば、​社会という大きな池に、石を投げ込む​ような感じです。
大きな石を投げれば、波紋は広がり、自分にも水しぶきがかかりますよ
ね。でも、石が小さければ、波紋も起きません。下手すると、風に飛ばされて水面まで届かないかもしれない。


このような思考法を習得すれば、「変だ」と言われても、動じることはありません。

最近のひどい炎上は目に余るものがありますが、これを応用していけば、汚いことばが集まってくると

「​おぉ、今回投げた石は大きかったんだな​」

 という自覚が得られ

「​自分はここまで大きい石を投げられるようになっ たのか、よしよし​」

と自分を許すことができるようなります。


この境地に達するには訓練が大切です。ぼくがここで書いたことは、「頭
ではわかっていても、その場に立てば頭に血がのぼってしまう」た
ぐいのものです。


みなさんが誰かから絡まれたとき

「​わたしは、意識されるほどの存在になることができたんだ​」

と、​むしろ意識してくださ い。実際、それは喜ぶべきことなんです。


おめでとうございます!誰かから罵倒されたということは、とても喜ばしいこと。赤飯炊いて喜ぶレベル。

あなたは、レベルアップされたのです。


残念ながら、誹謗中傷を受けることは、ある種の「通過儀礼」となってし
まっています。スーパーマリオで言えば、ボスキャラをクリアして次のステージに行くようなイメージです。

これを苦にしてやめる人は、そこでオシマイです。プレッシャーに煽りに心をおられてしまいます。
一流としてやっている人たちは、必ず、誹謗中傷をそれぞれのロジックで 乗り越えていますね​。

メジャーリーガーのイチローさんは

「誰かに嫌われたりするのは最高に興奮する」

と言っておられました。つらいのは、そこにいないように扱われるのが嫌だとか。

いかがでしょうか?少し楽になってきたのではないでしょうか?

嫌われるということは悪いことではありません

人間といえども動物には変わりなく、あなた以外の生き物も生きるのに必死なんですw

この思考法を活用し一緒にこの自然界で、ワクワクすることを仕掛けましょう。どうせ死ぬんだから、この舞台を存分に遊びましょう。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

このサイトについて

このサイトは、本が好きすぎて過去に図書館を1000回利用し、10000冊を読み漁ってきた私が、30年30カ国47都道府県をテレビ取材や旅でまわりつつ、社労士やストレングスコーチの資格を取得し、いかにすれば最幸の人生を歩むことができるかを、根拠に基づいて情報を提供している場です。


ツイッター https://twitter.com/biwakosr

インスタグラム https://www.instagram.com/biwakosr/

リンクトイン https://www.linkedin.com/in/strengthscoachnaoto/

スタンドエフエムhttps://stand.fm/channels/5f6a623bf04555115d93febc